キャンドル風ガスランタン

暖かい夏のキャプシーズンに向けて...

大人気のキャンドル風ガスランタン、
ColemanのルミエールとSnow Peakのノクターン。

通常タイプも、ILタイプも、ノクターンも!
全て在庫が揃っておりますので、
今回ご紹介いたします179.png

d0198793_13555777.jpg


左から
Snow Peak ノクターン     ¥3,780(税込)
Coleman ILシリーズよりルミエール ¥6,407(税込)、
通常のルミエール          ¥4,780(税込)。
(サイズ比較にタバコの箱を置いてます)

こうして並べてみるとサイズの違いが結構ありますね。
ノクターンは無色のグローブ(ガラス部分)で円すいですが
ルミエールはわかりづらいですが薄い飴色のグローブで、独特な形をしています112.png
d0198793_13563654.jpg
実際に点火してみました。
まずはルミエールランタン。

不動の人気通常ルミエール(上)は従来のシンプルかつ独特なグローブでレトロ感あふれるオシャレな雰囲気が抜群ですね112.png
ILシリーズ(下)はグローブにポップな模様が入っています。
通常タイプとの違いはグローブと、ルミエール本体(ガス缶差込口)にある
ColemanとMonrõの藍色のプリント。こちらは付属ケースにもプリントされています。
ガス缶もILシリーズの白い物にそろえると、オシャレ感が増しますね110.png
      ILシリーズのガス缶はレギュラーのみ、230サイズ¥640(税込)となります

ILのグローブのみの販売は、コールマンオフィシャルサイトのみの販売となります。

d0198793_13565883.jpg



ノクターンとルミエール。
並べて点火してみました。


気になるルミエールとノクターンの違いですが、
今回点けてみて個人的に感じたところは
ノクターンの方が安定した炎で
ルミエールの方が炎がちらつく(雰囲気はその分増しますが、気になる人は気になるかもしれません)
室内での点火なので、実際外で使っているとどちらもチラついてしまうのかもしれませんが...


ルミエールはノクターンに比べガス缶も大きく、グローブも大きいですね。
その分、灯芯の長さがあるので照らす範囲と光量がノクターンに比べ大きいです。
ファミリーキャンプ等では気にならないサイズの大きさだと思いますが、
ソロキャンプ・ツーリングキャンプで最小限、かつコンパクトに荷物をまとめたい方には
ノクターンをオススメします109.png


どちらも大きな光量を持つものでは無いので、
光量の差も微々たる違いではあります。
お値段も大きな違いは無いので、
お客様のキャンプスタイルに合った
お好きなデザインの方をお選びください102.png


店頭で実際の点火もスタッフにお申し付け頂ければ
その場でお点けいたします。
プレゼントにも最適なキャンドル風ガスランタン、
実物を是非3階でご覧ください177.png



白石店3階
馬場

by shugakuso4 | 2017-05-08 18:36 | 白石店 コールマン