トレッキングポール(ストック)について。

d0198793_18332307.jpg
なんとなく、秋を感じる頃合いになりました。北大店1Fディスプレースペースも錦秋の雰囲気へ衣替え。カリマーのバックパックが目印です^-^。カリマーといえば!9月9日(土)・10日(日)の2日間、白石店1Fにて「バックパックフィッティングデイズ」と題して、重要なフィッティングにフォーカスしたイベントを開催予定。いきなりの番宣になりますが(*^。^*)是非脚を運んでみて下さいね。
さて、今回はすっかり登山の基本装備とし定着したストックについてアレコレ・・。


d0198793_18482401.jpg
ストック先端にはまっているゴムキャップ。山で落としたりでパーツ類の中でも断トツにお求めの方が多いものです。コレ、各メーカー・ブランドによって色々と種類があります。共通のものはないのでゴムキャップをお探しの方はストック本体をお持ちいただけるとほぼ確実に合うものをご案内できます。また本体がなくてもメーカー名やモデル名等、何か手がかりをお伝え頂ければお探しします。価格はおおむね¥400くらい。

d0198793_18572405.jpg
転倒などでストックのシャフトが曲がってしまうケース。修理のご相談は少なくありません。これらは曲がってしまったシャフト部分をパーツ交換することで元どうり使える場合が多いです(曲がりを修正する手もありますが微妙な加減なのでシャフト交換がおススメ)。
古いモデルだとメーカーのパーツが無いこともありますが、価格も含めお気軽にご相談下さい。

d0198793_19045402.jpg
保管について。ストックはアルミやカーボン等の金属製。錆や腐食を起こすとシャフトが固着して長さ調整も困難になってしまいます。
これらを防ぐには下山して帰宅後にでも各段のシャフトを完全に引き抜いて、汚れや湿気をしっかり除去することが重要。乾いた布などでふき取ってやって下さい。 特段むずかしい作業ではありません、ストックを永く使って頂くためにも是非。^-^

d0198793_11100121.jpg
これはまだ良い方ですが、オフシーズンに湿気が入ったままずっと短く収納状態にあるともっとひどくなる可能性があります
(白っぽい粉状のものが吹いてきます)。このような感じのそとっくをお持ちの方はこれもシャフト交換等で対応できることもありますのでお気軽にご相談下さい。 ・・どうしようもない場合もあるので、その時はゴメンナサイ(-_-;)。

皆様にとって素敵な秋の山が待っていますように・・^-^。 
北大店1F ITO^-^




by shugakuso4 | 2017-08-24 11:27 | 北大店 グッズ