冒険、あるいは旅の相棒に。

d0198793_17043314.jpg
北大店ウェアコーナーの橋本です!

「ビックマウンテンスキーヤー・佐々木大輔さん」による
アラスカ・デナリ南西壁のスキー滑降。
日本各地で報告会が行われていましたが、
ようやく明日、札幌にて開催です!

札幌会場
 11月3日(金)
会場:コンカリーニョ琴似
13:30 open 14:00 start 〜16:00
先着250名 入場料500円 ドリンク販売あり


冒険の記録、待ちに待っていた方も多いのではないでしょうか。

d0198793_17052438.jpg
こちらは先日、雑誌「Coyote」62号の「デナリ特集」に掲載された
デナリ遠征での佐々木大輔さんの装備一覧。
選び抜かれた道具の一つ一つ。
それぞれが体の一部であり、相棒のような存在ですね。


冒険、あるいは旅の相棒として「ウェア」は
体に一番近い分、道具として重要な位置付けです。

これからの時期、活躍してくるのが「ダウンジャケット」。
身近なところでは「バックカントリースキー」などで
バックアップとして持って行くのに何が良いか悩むところ。
d0198793_23193704.jpg
そこで、おススメはこちら!
「NORRONA」
フォルケティンダウンフードジャケット
定価¥36,000(税抜)
750フィルパワーのダウンを使用。重量はわずが440グラム!

さきほどの佐々木大輔さんの装備一覧写真にも
ベストタイプがありました!
アタックで使ったかは未確認ですが、
極北の風にあたっていることは確実ですね。
d0198793_23144140.jpg
ダウンだと湿った雪などが気になるところですが、
こちらの「フォルケティンダウン」はその弱点を補うため
「首」、「肘下」、「脇」、「頭頂部」など濡れそうな部分は
化繊綿を使用しています。
「肩部分」は体側がダウン外側は化繊綿と
手の込んだ仕様です。
d0198793_17085808.jpg
左ポケットにコンパクトに収納が出来ます。
よくある「丸く」ではなく、
「四角」になるのがパッキングで効いてきます。
それは後ほど…。
d0198793_23151356.jpg
☆収納サイズ比較☆
左:化繊綿 右:ダウン

他社製品の「同等の保温性のもの」とコンパクト性を比べてみましたが、
化繊綿よりは小さく、ダウンと同等ぐらいのサイズ。

d0198793_23153613.jpg
そして!「四角く」なるのでザック片隅に、収まりも良いです!
グレゴリー「ターギー」なら雨蓋にも入ってしまうサイズです。
d0198793_23425740.jpg
改めて、全体像。
立体裁断の効いた特徴的な
ノローナらしいデザインですが、
d0198793_23442407.jpg
こちらは、ノローナの専属デザイナーである
「フレデリック」氏による作品です。
数々のヒット作を生み出している北欧の鬼才です。
洗練していて、なおかつ実用的、美しいデザイン。

現在、北大店にはこちらの「フォルケティンダウン」シリーズは
フードモデルのみですが…
11月10日(金)〜26日(日)まで期間限定
「ノローナ・フォルケティンダウンコレクション」
を行います!!
(※北大店のみの開催です)
d0198793_00030704.jpg
「フード」「ジャケット」「ベスト」全て揃いますので、
ラインナップを見てから検討されたい方は、
11月10日までもうしばらくお待ちください!


保温性の高い(分厚い)ダウンはまだ数多くありますが、
この「フォルケティン」ぐらいが何かと使える現実的な厚みかと思います。
普段着ているダウンジャケットで、非日常の旅へ
そして冒険へ。

今期イチオシのダウンです。
ご確認のほど。
北大店ウェアコーナー
橋本





by shugakuso4 | 2017-11-02 14:02 | 北大店 ウェア