人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フィールドレポート 銀泉台~層雲峡


8月14~15日の2日間で、大雪山の銀泉台登山口から層雲峡を縦走してきました。
d0198793_15565574.png
1日目:銀泉台→赤岳→小泉岳→緑岳→白雲避難小屋そばでテント泊
2日目:白雲避難小屋→白雲分岐→北海平→北海岳→黒岳石室→黒岳→層雲峡

という2日間の行程です。

まず車を黒岳ロープウェイの駐車場に停め、朝6時発銀泉台行きの
路線バスで登山口へ向かいます。一時間弱程揺られながら到着した頃には
既に多くの登山者が準備をしているところでした。

d0198793_16142315.jpg
お盆ということもあり、道外からの方も多くいらっしゃいました。
d0198793_16154316.jpg
駐車場からしばらくはまだ林道が続きます。
朝早い時間なので陽もまだ低く、木漏れ日の中を歩くのがとても気持ち良かったです。

d0198793_16192558.jpg
登山道に入ると高山植物も沢山見られるようになってきます。
ただ、日差しの強まりと共に気温が上がってきました。暑い、、、


d0198793_16255894.jpg
駒草平手前には若干雪渓の上を歩くポイントがあります。
早い時間帯は締まるので要注意。
このあたりからしばらくガスに巻かれては晴れ、の繰り返しでしたが
クールダウンが出来るのでこんな暑い日にはちょうどいいかもしれません。

d0198793_16282781.jpg
少し晴れたタイミングで北大雪の山々を望む事が出来ました。

d0198793_16375208.jpg

しばらくは白い景色が続いていましたが頂上直下の登りが
終わりかけたところで太陽も顔を出し始めます。

d0198793_16411043.jpg
タイミングはバッチリです!!!

程なくして赤岳に到着。
d0198793_16475258.jpg
山頂からの景色です。右奥は北海道2番目の高峰、北鎮岳です。
赤岳は山頂が広いのでゆっくり昼食をとりました。



休憩後は小泉岳方面へ向かいます。赤岳~小泉岳や白雲分岐付近は
このように平たい地形になっており、ガスが濃い日などは道迷いに注意が必要です。
d0198793_16513087.jpg
d0198793_16561349.jpg
小泉岳の分岐です。奥に白雲岳が見えています。

d0198793_17010825.jpg
本日の宿となる白雲岳避難小屋が写真左下に見えてきました。
しかしここから緑岳を目指すため、眼下にとらえつつ通りすぎます。

d0198793_17063679.jpg
小泉岳分岐からはアップダウンもそれ程なく、
1時間もあれば緑岳に着きます。
忠別岳までは見えましたがその先は雲の中。


小休止してすぐに避難小屋へ向かいます。
d0198793_17103240.jpg
テントを張って先ずすることと言えば、担いできたビールを冷やす。
写真は開けちゃってますが。
避難小屋のそばに雪解け水でできる沢が流れており、
ビールも少し待てばキンキン。

年によりますが8月で枯れることもあるようなので最新の情報を
得てからの準備を心がけましょう。

d0198793_17204654.jpg
夜7時頃になると、気温の低下とともに雲も下がり
とても幻想的な景色が広がっていました。トムラウシ、十勝連峰、遠くは日高の山々?
あちらこちらからカメラのシャッター音が聞こえてきます。

空と西日を浴びた雲のグラデーションが言葉では
尽くせない綺麗さでした。
そしてビールを片手に、という贅沢っぷり。


夜中に運転し、結局一睡もしないままテント場までたどり着いたので
いつの間にか(多分9時頃に)寝てしまい、朝5時まで爆睡でした。


d0198793_18140505.jpg
翌日も快晴で朝からジリジリと太陽が照っています。

朝食を済ませ8時ごろに出発。ゆったり目です。
d0198793_18271737.jpg
d0198793_18200580.jpg
避難小屋から白雲岳分岐に向かう道。水場周辺の湿地がとてもきれいでした。

稜線まで上がると前日と違い風があります。
とはいえ気温が高いのでそのままTシャツで。
d0198793_18285628.jpg
白雲岳分岐から少し下り北海平を目指します。
d0198793_18391186.jpg
起伏が小さいので気持ちよく歩けるポイントです。
d0198793_18390761.jpg
北側には雲海も広がっています。右から烏帽子岳、黒岳、桂月岳。

d0198793_18420873.jpg
北海岳から写真中央奥の黒岳方面を目指します。
難所は特にないですが、北海岳からの下りは砂礫の道なので
若干滑りやすいです。少しゆっくり歩けば問題ありません。


石室の手前に赤石川の渡渉があります。
d0198793_18481338.jpg
晴れた日は本当に綺麗で少し水色がかったように見えます。
御鉢から噴出している硫黄の影響でしょうか。


石室に着くと休憩をしている大勢の方でにぎわっていました。
自分は荷物をおろしてすぐに石室の売店に直行。
クーラーボックスにビールやスポーツドリンクなど各種飲料が
近くで取れる雪と一緒に入っているのでとても冷えています。

そしてコーラを一気飲み。
層雲峡までは待てませんでした。

20分ほどの休憩を取り最後のピーク、黒岳です。
d0198793_18481714.jpg
ここもたくさんの人で賑わっており、落ち着く場所はありませんでした。
ともあれ、あとは7合目まで下るのみです。

と思いきや、ガスに巻かれ始め、風はぱったりと止んで
ミストサウナ状態でした。最後が一番つらかったです、、、

下山後は朝陽亭でゆっくりとお湯につかってリラックス。
良い景色と好天に恵まれ、楽しい2日間でした。




さて、今回着用のウエアですが、
d0198793_18482094.jpg
先日まで白石店企画で photo award を開催していた
ウール製品のブランド icebreaker の kinetica ss crew !

肩と背面がメッシュになっているので速乾性の高い
ウールTシャツです。
1日目の行動を終えてすぐに天日に干して
次の日に着た時には臭いも全くなく、ウールの
機能性を実感してきました。
夏場の縦走にピッタリな一着です。


以上、長くなりましたがフィールドレポートでした。



白石店 ウエアコーナー 広瀬


by shugakuso4 | 2019-08-18 19:23 | 白石店 ウェア