人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

利尻バックカントリーツアー4Days   Day4


利尻滞在も3/12のこの日が最後。
まだ日も昇る前の早朝、宿を出ると予報通り風がほとんどありません。
4日日間の中ではやはり1番コンディションがよく、
期待値も高まります!


実は今回一緒に利尻に行ったメンバーの1人が、
利尻在住の方と繋がっており、3/12にピーク狙いで
利尻に入山するとの情報を 前日3/11にキャッチ、、、!
「明日はチャンスだよ」と。
そこで、厚かましくも同行しても良いかお願いしてみたところ、
そのお願いを快諾してくださりました103.png

ということでこの日は5人のメンバーで、
夏の登山道もある、長官山ルートで利尻山頂を目指します!



1日目のモービルスタート地点に5時集合で
ヘッドライトをつけて準備開始。
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13114590.jpg
1日目に引っ張ってもらったルートとほとんど同じですが
その時より雪が締まっており、辺りも暗いせいか、
なんだか妙に緊張します。
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_15503879.jpeg
樹林帯を歩いているうちに東の空が明るくなってきました。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_15541834.jpeg
そして一気にこんな景色に。
左奥が長官山へと続く尾根ですが、今回は沢を詰めて
別の尾根に上がるルートへ。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_15574876.jpeg
振り返っても最高の景色。礼文島もくっきりです。
日の出からしばらく時間が経ちますが、東側に大きな尾根があるため
この先もまだ日陰。体温が上がり過ぎることなく、本格的な登り出しの前に
体力のロスは少なかったように思います。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_16085407.jpg
沢を詰め切ったあたりの標高750m付近。
別の惑星にきてしまったのだろうかと錯覚するほどに
白と青だけの世界が広がっています。
早朝だからこそ見ることのできる空のグラデーションも
見事。しばし時間を忘れて見入ってしまいました。

ここからスプリットボードにクランポンを装着。
時間帯もあるでしょうが、かなり雪は硬くなっています。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13094006.jpeg


ひたすらジグを切って登る。雪が硬く、
エッジに体重を乗せなければすぐズルズル滑ってしまいます。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13242913.jpeg
尾根に乗ってからは雪が風の影響を大きく受けているため
板をつけた状態ではかなり歩きづらいところも。


夏道に合流する直前でシール登行がかなり厳しくなり、
ここからブーツアイゼンとピッケルにチェンジ。
この辺りが標高およそ1200m
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13094783.jpeg
次第に背後から雲が。
予報とは違い、北寄りの風になりました。
後ろからの風なのでそこまで辛くはありません。
視界は無くなってしまいましたがこのまま
避難小屋を目指します。


小屋で休憩をとる間に、天気をチェック。
この状況は長くは続かないとのことで
そのまままだ上を目指します。

標高を上げていくと、
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13292736.jpeg
時折雲が抜ける瞬間も。
メンバーもだいぶ疲れていたと思いますが、
この景色に助けられ歩を進めていきます。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13482099.jpeg

9合目まできました。
「ここからが正念場」
というのもここからピークまでは標高差300m程。
斜度もきつくなります。

ですが、晴れ間にピーク付近が見え隠れし
メンバーのテンションも急上昇。

雪付きがあまり良くなく、滑走は9合目から
という判断で、ここに板を置きザックだけ背負って
登っていきます。
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_13095335.jpeg
爪しか刺さらないようなところが続きます。

9合目を過ぎると風もかなり強まってきました。
晴れては曇りの繰り返し。

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_14205237.jpeg
ピークは目前。
爆風に晒されています(笑)

利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_14210977.jpeg
そしてついに、、、!
少し待つと、ローソク岩や海も見え
最高のローケーションに。
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_16292564.jpeg




スタートから実に約7時間。
ちょっと時間がかかってしまいましたが
なんとかここまで来れました。
普段は滑るのが目的なのでアグレッシブに
ピークを目指すことはないのですが、
この日ばかりはやる気満々。

次はいつかわからないとなると、意外といつも
やらないことをやってしまうものなのでしょうか。
新たな自分の側面も垣間見た気がします。


強風と寒さで10分も経たないうちに下りへ。
9合目から滑走し3時ごろに下山しました。
(滑走動画は後日)

帰りのフェリーの時間が迫り、急いで温泉で汗を流し
フェリーターミナルへ。
利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_16380533.jpeg
最後の最後まで素晴らしい景色を見せてくれました。

今回は本当に人やタイミングに恵まれた旅となり、
また、島民の方々の暖かさも含め利尻島の懐の深さが
感じられた4日間でした。
車で1時間もあれば一周できる島ですが、
遊び尽くすには4日間では短か過ぎますね。


利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_16284134.jpeg
そして最後にこの日アテンドしていただいたトオルさん。
本当にありがとうございました。
(写真何枚かお借りしました)
また必ず遊びにきます!
ちなみに普段は地元のホームセンターを営まれています。
釣具などの遊び道具もたくさん売っていますよ。



それでは3部作の長編となりましたが、
利尻バックカントリーツアー4Days のレポートは
この辺りで結びにしたいと思います。
ありがとうございました。


利尻バックカントリーツアー4Days    Day4_d0198793_16500923.jpeg


後日、この日の装備の紹介もさせていただきたいと思います。








by shugakuso4 | 2021-03-19 16:58 | 白石店 ウェア