人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

”知床岬トレッキング”へいってきました♪

知床といえば、日本百名山の羅臼岳や知床五湖が有名ですが、その奥に簡単に踏み入ることができない場所があります。それは知床の先端です。”知床半島先端部地区”といいます。知床半島まで動力船を使っての上陸は禁止されています。原生的な自然に自らの力だけで立ち向かい辿りつけた者しか見れない景色と達成感を味わってきました。

※このブログは緊急事態宣言前の山行です。
新型コロナウィルス感染予防対策を行いいってきました。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17530245.jpg
知床岬までの道のりは、岩礁帯の海岸を歩くため、道のないところは高巻き、また満潮時水没する箇所の渡渉、熊などの動物との遭遇に対応できる総合力が試されます。天気はもちろんのこと、潮位をみながら綿密な計画をたて、アクシデントにより停滞すことも考えられるので「予備日」を設けることで時間のゆとりがもてます。
私は二泊三日と予備日1日で挑みました。出発前に熊などの最新の情報を得るのに「羅臼ビジターセンター」「ルサフィールドハウス」に立ち寄りください。
詳しい内容は「知床半島先端部地区利用の心得」「シレココ」のサイトをご覧ください。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17561128.jpg
熊スプレーやフードコンテナの有料レンタルがありました♪

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17532164.jpg
相泊港からスタートして、最終番屋から岩ゴロの海岸トレッキングの始まりです。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17535245.jpg
難所の観音岩です。ここでは高巻をします。

出発前日にルサフィールドハウスに着くとすぐスタッフさんから『残念なお知らせがあります・・・観音岩の高巻ポイント付近に鹿の死体に餌付いている熊の情報が入りましたと・・・』200キロを超える大きなオス熊がいるとのことす。
この一言で、計画を中止にしようと考えました。しかし、ここ以外にも熊に遭遇することはあるので危険を感じたら即敗退を肝に銘じて出発することにしました。
実際に行ってみると熊の姿は見えずで、ホッとして休憩していると海から熊が出没しました。熊は私達がアクションを起こす前に、私達の存在に気づいて山に帰っていきました。
行けないかもしれないと思っていた観音岩をラッキーなことにクリアすることが出来ました。これでトレッキングのスタート台にのりました🎵
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17545659.jpg
干渉時に通過しないといけないポイントです。満潮時は岩が埋まってしまい、
波に打ち付けられり、波にさらわれたりと危険です。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17553904.jpg
ペキンノ鼻の高巻です。漁師さんのロープが設置されていてとても助かりました。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17543782.jpg
せっかくなので、ペキンノ鼻の高台にある鳥居に寄りました。
無事に岬まで行けるようにお願いをしました。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17561703.jpg
初日の難所をすべて終えるとすぐに親子熊が昆布をほじくり返して食べていました。
熊の親子を近距離で見れるのは『ザ・知床』ですね。
ずっと眺めていたかったのですが、また熊がすぐに私たちの存在に気づいて
山に帰っていきました。
ここから少し歩き二本滝を初日のキャンプ地としました。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17551180.jpg
キャンプ地から歩いてすぐにある難所。念仏岩の高巻です。
赤色の矢印が歩くところです。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17552469.jpg
二か所目の難所のカブト岩の下りです。
岩がもろく滑りやすいので注意です。上部は支点が無くロープがありません。
下部は写真のように漁師さんのロープがありました。
私は30mの補助ロープを持参しましたがあと20mくらい足りませんでした。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17562511.jpg
難所を終えると知床岬の先端が姿を現しました。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17562949.jpg
海岸から高台に登ると知床岬の白と黒のシマシマの灯台が見えました♥感動

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17560623.jpg
これは国境標です。ここから左が斜里の天気、右が羅臼の天気になります。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17530245.jpg
一緒に行ったメンバーがドローンで知床岬を撮影してくれました。
知床岬灯台に寄って大休止を取りました。復路は同じ道を歩いて帰ります。

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17563489.jpg
テント場に戻ってきら、まずテントがいたずらされていないかチェックです。
食糧やにおいの付くものをおいていなかったので無傷でした。
キツネなどの動物にテントを荒らさる事例が出ていますのでご注意下さい!!

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17555326.jpg
テント場に戻るとほっこりとしたいところですが、
帰りを考えると少しでも早く渡渉ポイントを通過したいので、
テントを二本滝からペキンノ鼻に近い浜に移動しました。
三日目はここからスタートしました。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17554995.jpg
近藤ヶ淵です。
次に歩いた身長165cmの私で太ももギリギリ濡れました。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17554569.jpg
へつりもクリア。
”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17562034.jpg
熊は賢くて、鹿を崖に追い込み滑落させて猟をします。
海岸沿いには沢山の骨が落ちていました。
鹿の頭蓋骨と一緒に記念撮影

”知床岬トレッキング”へいってきました♪_d0198793_17552941.jpg
トッカリ瀬も時間内にクリア
これで勝利を確信しました‼

しかし、車に戻るまでどこでアクシデントが起きてももおかしくないので
ハラハラドキドキの連続で気の抜けないトレッキングでした。
なんとか無事に二泊三日の大冒険は幕を閉じました。
やっぱり冒険の核心は家までの運転でした。

知床岬で使用した装備など、何かございましたらお気軽にご相談ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

旭川店 宮地





by shugakuso4 | 2021-09-05 23:06 | 旭川店