人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

沢から登る『目国内岳』

北大店 あさきです!
8月15日 「目国内岳(メクンナイダケ)沢登りに行ってきました。
ニセコに位置するこの山は、夏道もあり頂上には、ゴツゴツした大きい岩があるのが特徴です。
沢から登る『目国内岳』_d0198793_14421747.jpeg
メンバーは、いつもお馴染み北大店スタッフ双樹さん、白石店スタッフ泉さんの3人



実は、この3人、今年の春にも雪のあるこの山に来ていました。
沢から登る『目国内岳』_d0198793_14411275.jpeg


あの時は、あんなにも雪のあった山ですが、あれから4か月で夏の姿にすっかり変わりました。

この日の天気予報は、あいにく下り坂

雨は増水の危険性があるので
出来るだけ早めの行動をしていきたい、、、

車1台で行きます
今回は、入渓ポイント(入渓=沢に入るところ)と
下山のポイントが違うので自転車を下山ポイントにデポ!(デポ=荷物等を置いていく手段)
沢から登る『目国内岳』_d0198793_14430644.jpeg
車で入渓ポイントまで向かいます。

こうすることで、帰りは、坂道をサイクリングしながら
車を回収できます

早速、行動開始
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15242250.jpeg
完全にホラー

駐車スペースには、アブや蚊がたくさんいるため
着替え・ギアのセレクトは、あらかじめしておくことがポイントです。


林道を少しばかり歩きます。
道が途切れたところで
砂防ダムから入渓
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15250204.jpeg

沢から登る『目国内岳』_d0198793_15282081.jpeg
ロープの残地もあってありがたい

沢の色は綺麗です

沢から登る『目国内岳』_d0198793_15290556.jpeg
苔と沢のコントラストが美しい

沢から登る『目国内岳』_d0198793_15293003.jpeg
適当な小滝があったりしながら、しばらく歩きます
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15301442.jpeg






突如現れる怒涛の7連続砂防ダム(昔、災害復旧のために作られたもの)
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15311706.jpeg


どうやって超えようか悩みながら
近づくと越えられそうな場所が見つかります
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15320166.jpeg
今何個目の砂防ダムだっけ??
3??いや5じゃない??なんて会話を繰り返す






標高550m 二股の分岐を右に曲がるとすぐに見える
核心の三段の滝


下から見ると迫力がありましたが、
近づくとこんな感じ
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15334181.jpeg

休憩しながら、登れそうなところを探します

1段目は、左岸からトライ
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15342523.jpeg
(左岸右岸=沢や川では、左岸右岸という言葉が使われる。
川の流れている方向が基準となり右左が決まる。
そのため上流に向かう我々にとっては、左岸が右手側となる。)


落ちると滝つぼに巻き込まれそうですが、
難しくはないです。

前情報によると
2段目と3段目が難しいとの事

2段目まで上がると
滝が起こす風圧を感じるため黙っていると
とにかく寒い

右岸からリード
(リード=2人以上のクライミングにおいて1番手に行く人。
自分で支点を作りながら、ロープで確保していくため、かなりの緊張感と技術力が求められる。)
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15350838.jpeg
ヌメヌメしている所もあるが
思ったよりも難しくはない
水量が多いと怖いが、途中支点もあったおかげで恐怖心が和らいだ

僕が昇っている間、
待っていた2人はとても寒かったことでしょう
登ってきた2人の体の震えが物語る

核心は3段目だった。
左岸からのトライするがなかなか正解を見つけ出せない
滝から離れるとヌメヌメ感が増してホールド(ホールド=登るときにつかむところ)も脆い

滝に近づくと足場が少ない
しかし、クラック(クラック=岩の割れ目のこと)を発見!
ここにカム(カム=クラックに挟んで支点にするクライミング道具)を決めて手掛かりにするが、足元はヌルヌルだ
腕力とバランス力を使い、体を持ち上げる
このカムに一瞬、全荷重をかけるので外れたらどうしよう…など考える。
精神状態を切らさずに何とか登る

沢から登る『目国内岳』_d0198793_15360275.jpeg
2人以降も3人目が足がかりとなったり、
上からスリング(スリング=リング状の耐久性の高い紐のようなもの)を出したりなど
試行錯誤して突破
1人の力で登れないところは、
チーム力が試されます。
これも沢登りの面白さの一つ


沢から登る『目国内岳』_d0198793_15373050.jpeg
核心を超えるのにかなりの時間を費やした
雨も降りそうなので
歩きの速度を上げる
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15382458.jpeg

何か所か滝をこえて
最後の滝にたどり着く
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15364545.jpeg
かなりの高さからしぶきを上げている
ここは、高巻く

高巻きルートを見つける
(高巻き=滝の直登が不可と判断した場合に、泥壁を越えたり藪漕ぎをしながら迂回する事)
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15390673.jpeg
高度感のある高巻き
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15402142.jpeg
支点もホールドもあるが、
落ちたらひとたまりもない

僕は、三番手を登ります
待っていると
滝からかなりの風圧を受けて
雨具を着ていても身体が震えだす

登り終えると次は、藪漕ぎ
高巻きをするとルートが外れる事がある。
場合によっては、復帰するためにかなりの藪漕ぎが必要とされる。

さすが双樹先生
完璧な藪漕ぎのルートどりで
無駄のない復帰

固く尖った根曲がりだけ(笹)が
身体に絡まりつく
ここでイラついてしまうと笹薮の思うつぼだ。
心を広く冷静に藪の流れに身を任せる
これがポイント

復帰後は、雨が降り出してきた。
湿原まで急ぐ
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15421865.jpeg

ザリガニちゃん
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15410169.jpeg



沢から登る『目国内岳』_d0198793_15414660.jpeg
だんだんと雰囲気が変わってゆく
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15425472.jpeg
パンケメクンナイ湿原に出る
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15434042.jpeg
なんとも幻想的だ


ここからは、夏道を使ってピーク(ピーク=他より高いところ。ここでは頂上を指す)を目指す
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15443374.jpeg
急に足場が変わると
身体が重たい



沢から登る『目国内岳』_d0198793_12323909.jpeg
目国内岳ピーク

止まるとすぐに体が冷えるので
少しばかりの休息をして下山開始

沢靴がラバーソールなので
夏道も快適です
沢から登る『目国内岳』_d0198793_16522348.jpeg
この日は、
クライミング要素の多い沢のため、全員ラバーソール

あさき:mont-bell『サワークライマー』
泉さん:キャラバン『渓流KR_3XR』
双樹さん:LA SPORTIVA『TX CANYON』

どろどろの下りをフェルトソールで歩くと
とんでもなく滑ります
(沢靴にはラバーソールとフェルトソールがあります。
それぞれメリットデメリットがあるため、行く沢などに応じてセレクト)
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15454724.jpeg


沢から登る『目国内岳』_d0198793_15462597.jpeg
やっと帰還

ここからは、サイクリングです。
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15472394.jpeg
ひたすら新見峠を降ります

雨も降っていてなかなかの体感温度
着れるものを着こみます
沢から登る『目国内岳』_d0198793_15481175.jpeg

途中で絶好のサイクリングスポットもあり
悪天候ながらも楽しみを見つけました。

何とか日が落ちる前に
下山完了

3人とも疲労困憊でした~~

今回の沢登りは、僕たちの実力から比べると
レベル的にも高い方だったために
色々なことを考えさせられました。
ルートファインディング、高巻き、地図読み、体力、ロープワーク…
沢は「登山の総合格闘技」とはよく言ったものです

まだまだ経験不足ですが
これから、たくさんの経験を通して
沢ヤになれるように精進します。


北大店 あさき














by shugakuso4 | 2022-08-21 14:08 | 自然遊びレポ