人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

羊蹄山BCスキー!

****************
1月23日、3月5日に羊蹄山で発生した雪崩事故にて
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
リスクをなるべく減らす登山・アウトドア活動について、
考え続ける私たちでありたいと思います。
****************

20代の時に、山スキーやってみたいぞ!
道具が技術を補完してくれるらしいぞ!と、
秀岳荘北大店で、スキー、ストック、靴を購入。
購入したまま、大した経験を積む機会もないまま、
アラフィフになっちゃった、工場星野です。

ブランクをさらに長いブランクにすることも選択の一つだけれど、
「一緒に行こう!」と言ってくれる人がいるなら、
やってみたい!と、
2023年3月1日、羊蹄山 神社の沢へ、
BCスキーに出かけてきました。
羊蹄山BCスキー!_d0198793_07035642.jpg
9:20 登山開始!羊蹄山、遥か・・・
 スタート時、一人が雪崩トランシーバーを受信モードにし、
他の全員は送信モードにします。受信モードのトランシーバーに近づくと、
ピー音が出るか、チェックします。
・・・あら、電源の入れ方を間違えている人がいる・・・
うっかりをチェックして、山に入ります。
受信モードのトランシーバーも、送信に切り替えて、チェックして。
下山して、車に乗り込むその時まで、
雪崩トランシーバーは、送信オン!のままです。

 最初はほとんど平坦地を、そして徐々に傾斜がきつくなっていきます。
スキーの人はシールをはいて、スノーボードの人はスノーシューをはいて。
列になったときに、後ろの人に頭の上の枝のことなど、伝えてあげるのが
マナーだとは思いますが、圧倒的な高さのスノーボード・・・
スキーの人には推し量れない高さです。

羊蹄山BCスキー!_d0198793_07305765.jpg
なぜ、ギアを買ったのにブランクになってしまったのか。
それは、最初の壁を越えられなかったから。
一人ではできない活動だから。
一緒にやれそうだった仲間にも、他の人生があったから。
仲間を作るには、本気でやらないといけないような気がしたから。
人生を振り返りつつ、歩を進めます。
「予想していたより、うまい!」と褒められ、
おだてられて1000m地点まで。

途中から、「この雪質で、この傾斜で、私は滑り降りられるのか?」
ということを
息をきらした思考力の低下した頭でぼんやりと考えます。
・・・考えてはいたんです。
まぁ、管理されたスキー場ならば、格好よくは滑れなくても
転ばずに行けるでしょうね。でも、どうなんでしょうね・・・と。


羊蹄山BCスキー!_d0198793_07403431.jpg
あれ?これは斜度30度くらいですかね?
スキー場でいう、上級者コースですかね。
雪崩の起こりやすいとされる35度から40度よりは、
なだらかな気もします。

羊蹄山BCスキー!_d0198793_10354263.jpg

登った疲労感と降りる緊張感で、私はドキドキが止まりませんが、
みんな、滑り降りる準備を整え、順番に滑っていきます。

・・・これは、大変なことになっている気がする!

いよいよ、私も滑らないといけない順番に!
行くか!

・・・まっすぐ斜めに降りるのも、おかしいぞ?
どうやって曲がるんだっけ?
と、思う間もなく転倒!

転倒により方向を変え、再び滑り出すも転倒!

先輩方に、荷物も持ってもらい、
「転んで自分で立ち上がったら脚をひねるから、
そのまま待っていなさい。」と、
完全にフォローしてもらい、

斜滑降→キックターン→斜滑降

で、
14:00 無事、どこも痛くなく下山。
 下山予定時刻に下山。
皆様、ありがとうございました。

「人数がいるから、何とでもなるよ!」
「これに懲りずにまた行こうね!」
先輩たちの言葉が身に沁みます。

「連れて行ってもらう」から
「一緒に楽しむ」までは、
まだまだずいぶんかかりそうだけれど
羊蹄山から見えた景色はとてもきれいでした。

外に出なければリスクはないが、
経験も積めないから、
練習して、教えてもらって、勉強して、
一緒に楽しめる私になりたいです。

          工場 星野



by shugakuso4 | 2023-03-21 11:34