人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

みちのく潮風トレイル1

秀岳荘白石店小林です。


10月初旬に信越トレイルを歩き終え、

ロングトレイルロスに耐えきれず11月初旬に

みちのく潮風トレイルを歩いてきました。


「みちのく潮風トレイル」とは、

青森県八戸から福島県相馬市までを繋ぎ、

東日本大震災の復興プロジェクトの1つとして作られた、

全長1000kmのロングトレイルです。


全長を通しで歩くと(スルーハイク)、約2ヶ月ほどかかる為、

今回は歩く距離を小分けにして歩くセクションハイクで歩きます。



まずは仕事終わりに車で苫小牧港のフェリー乗り場へ。

車はフェリー乗り場の駐車場に停め、八戸行きのフェリーに乗船。

フェリーで展望風呂に入り(最高!)、寝て起きての約7時間で到着。

なんとなく東北に行くのは遠くて大変なイメージでしたが、

札幌から道央道東へ、登山やトレイルに行くのに比べて全然楽です。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14443021.jpeg

八戸港到着。

みちのく潮風トレイルのスタート地点の最寄駅「鮫駅」までは、

バスと電車で向かうのですが、乗り継ぎの関係で歩いた方が早いと判断。

今から始まるトレイルに期待を膨らませて歩きます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14450348.jpeg

鮫駅到着。

シャークです。

ソロでは気の利いた写真を撮れそうにないのでスルー。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14454647.jpeg

みちのく潮風トレイルのスタート、蕪島に到着。

ここから南へ歩きます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14460907.jpeg

スタート前に蕪嶋神社で旅の無事を祈願。

ここ以外にも海沿いを歩くと、漁の安全を祈願する神社が多数あります。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14463643.jpeg

至る所に震災の記録があります。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14471247.jpeg

基本はこのような海沿いを歩きます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14475340.jpeg

みちのくにもカウントあります。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14481517.jpeg

とても綺麗に整備されていて歩きやすい。

信越トレイルとは違い、とても開放感のあるトレイルです。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14484638.jpeg

大須賀海岸。

砂浜のトレイルもあります。

鳴き砂とのことですが今回は鳴りませんでした。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14510106.jpeg

種差天然芝生地のキャンプ場。

近隣にインフォメーションセンター、食堂などがあります。

お昼時でしたがもう少し先の道の駅まで昼食は我慢。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14524196.jpeg

道の駅到着。

平日アウトドアのあるある。

行こうと思ってるとこ、だいたい定休日。


結局、食べれるようなところがなく

15 時ぐらいにコンビニのイートインでお弁当。


その後、階上岳登山口まで約40kmを歩き1日目終了。




2日目

みちのく潮風トレイル1_d0198793_14533127.jpeg

昨晩から雨風が強かったのですが、

予報では明け方に回復に向かうとのことで、

しばらくバス停で雨宿り。


何故かバス停に冷蔵庫。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14542546.jpeg

バス停で新聞配達の方からトレイルマジックのコーヒーをいただく。


階上町は「はしかみおもてなしエンジェル」として、

ハイカーをサポートするトレイルエンジェルを町ぐるみで行う活動されています。

新聞配達の方からもトレイルの情報を提供していただいたり

とても親切にしていただきました。

本当に助かります。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14545555.jpeg

雨止みました。

みちのく潮風トレイルは基本、海岸沿いのトレイルですが、

唯一ある登山がこの階上岳です。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14554192.jpeg

登山道はとても綺麗に整備されていて気持ちよく歩けます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14561150.jpeg

階上岳山頂手前の大開平に到着。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14573042.jpeg

立派な休憩所があります。

休憩所というよりは避難小屋ですね。

めちゃくちゃ綺麗で広いです。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14583738.jpeg

しばらく登って山頂に到着。

今まで歩いてきたところ全てが見渡せます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14590941.jpeg

山頂付近にある牧場を眺めながら下山。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_14593181.jpeg

下山し集落を歩くと、立派な銀杏の木に遭遇。

青森県指定天然記念物とのこと。

紅葉には少し早かったようです。残念。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15001302.jpeg

岩手県に入りました。

途中で「南部もぐり」の種市高校を通過。

「あまちゃん」のロケ地、種市先輩の母校ですね。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15003342.jpeg

種市海浜公園到着。

しばらく海岸沿いを歩きます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15005166.jpeg

日が暮れてきました。

時刻によって様々な表情の海が見れる、

これがみちのく潮風トレイルの魅力です。


2日目はキャンプ場が無いため民宿で就寝。



3日目

みちのく潮風トレイル1_d0198793_15013016.jpeg

朝焼けの海を眺めながら歩きます。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15014772.jpeg

日本で最も海に近い踏切「大浜通踏切」を通過。

渡ったらすぐに砂浜という不思議なロケーション。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15022334.jpeg

引潮時にしか歩けないトレイル。

ここが一番気持ち良かった!

足跡が一つ無い整地された砂浜がどこまでも続き、

海面と砂浜が朝日に照らされて光り輝く素晴らしい景色。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_15030344.jpeg

海岸を離れ山間を歩きます。


渡渉。

飛び石も無く、膝下ぐらいの水量があるので、

濡れは避けられません。

迂回路もありますが1時間ぐらい戻ることになるので、

サンダルを履いて渡ります。


当たり前ですが、11月の東北の水は冷たい。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_17532213.jpeg

しばらく歩くと野営場に到着。

とても綺麗に整備されています。


ここにも「あまちゃん」のロケ地。

岩で作られた海水プールがあります。

夏はキャンプとプールが楽しめて楽しそうです。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_17554839.jpeg

岩手県の厳島神社の入り口。

行ってみたかったのですが、

海岸沿いの立派な崖を登るので、

今回は時間がないのでパス。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_17565707.jpeg

ゴールの久慈駅到着。

ゴールのご褒美に駅構内にある「あまちゃん」にも登場した

うに丼を食べに中へ。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_17580592.jpeg

本日休業・・・だ・・・・と?

事前に定休日を調べていたのに。

またしても。


みちのく潮風トレイル1_d0198793_17582752.jpeg

気を取り直して、郷土料理の「まめぶ汁」を食す。

お出汁の効いた醤油系の優しい味の汁に、

くるみと黒砂糖の団子(スイーツ)が入った、

とても不思議なお味でした。


久慈駅から電車に乗り、スタートの八戸へ戻ります。

3日間かけて歩いた100kmがたったの1時間半。

そこからフェリーに乗り、翌朝北海道の自宅へ。


みちのく潮風トレイル、とても楽しいです!

完全にハマってしまいました。

今後もセクションハイクを繰り返し、

全線踏破を目指したいと思います。



by shugakuso4 | 2023-12-25 18:22 | 白石店 グッズ