人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

キロロから余市岳バックカントリー

「自分の脚で登るから意味があるんだ」と思う自分もいれば
「リフトで登るの楽でたのしーい」とお金で楽さを買ってしまう自分もいます。
今回は後者。

キロロのゴンドラを使って標高を稼ぎ、ちょっと歩いて余市岳を滑ってきました。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_21260398.jpg
さて、まずは余市岳の話でも。
札幌市と余市郡赤井川村の間にまたがる標高1488mの余市岳(よいちだけ)。
"余市"の名前に騙されますが、意外にも札幌市の最高峰だったりします!

夏はキロロリゾート横の林道から登っていく赤井川コース。
冬はゴンドラ山頂駅から山頂を目指せる山です。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22384837.jpg
北海道には珍しいお金で標高を稼げる山です。
ただし、1回しか乗らないゴンドラでも1日券が必要です。
通常7400円ですが、2024年は道民割で5000円に。
さらにWEB購入なら4700円、6と9の付く日に買えば4100円と出せなくもない金額です。道民サイコーだZE!!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22322070.jpg
ゴンドラ終着点でシールを張って準備をしたらビーコンチェック。
キロロのビーコンチェッカーはボタンを押しても反応が無かったので、グループで✅しました。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22322429.jpg
先行パーティは1組+ソロが2人。
平坦なコースにトレースも付いて歩きやすいです。
後続も2パーティほどで人の少ない、とても静かな日でした。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22323035.jpg
遠くには積丹の山々。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22323470.jpg
今日のメンバーは6人(写真を撮る自分と、もう一人は枠外;x;)
スキーヤー4人に、ボード2人。
平均年齢は52歳くらい。
遊び続けられる大人って素敵ですね!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22323662.jpg
視野が無ければ遭難必死な「飛行場」と呼ばれる開けた大地、の奥には余市岳。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22323843.jpg
余市岳ドーン!
今日は写真左の斜面(南東面)を2回滑って、北側(写真右側)を縫ってゲレンデ復帰するプランです。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22324070.jpg
急登を前に青空が広がってみんなルンルン♬

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22324252.jpg
急登を前にスキーヤーはジグを切って登り、
ボーダーはスノーシューでほぼ直登。
センター107mmの板に、94mm板用にカットしたシールを付けてる自分は登っては滑り落ちるの繰り返しでした。(登り返した2回目はシートラで直登しました)

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22324352.jpg
BCボーダーには必須なスノーシュー。
グリップ力、軽量性、収納性、固定力で抜群の人気を誇るのがMSR ライトニングアッセント
金額はさておきBCボーダーなら真っ先に検討すべきモデルです。
注意点は、バンドの固定に力が要ること。
握力の強くない女性ではカカトのバンドを締めきれずズレることがあります。
特に経年で硬くなったバンドは男性でも大変。
スノーシューのズレは転倒、滑落にも繋がるため自分に合ったモデルの選択が重要です。
と思うとボーダーでも締め切りやすいBOAモデルを選ぶのもいいのかも。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_23345066.jpg
良い感じの場所から入って滑走準備。
「今からここ滑るの!?自分、滑れるんか??」と委縮してしまうような急斜面のオープンバーン。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22373484.jpg
そんな気持ちも滑れば吹っ飛びます!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_23475072.jpg
サイコー天気とサイコーの斜面にみんな楽しそう!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22373077.jpg
転んでも楽しそう!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_23540095.jpg
めっちゃたのしい!!きもちーい!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_23502813.jpg
ノーゴーグルで巻き上げた雪が顔についても楽しそう!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22373789.jpg
少し風に叩かれた表面に数センチ新しい雪が乗った感じ。
パウダー層は深くないけど、滑りやすい雪。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22373964.jpg
200メートル以上を一気に落とせる大斜面。
1日の中で、自分達が滑ったこのタイミングだけ青空でした。
確実に晴れ男か、晴れ女が潜んでますね。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22374100.jpg
楽しすぎたので登り返してもうひと滑り。
ポモカのシールは冷えると粘着力が落ちやすい気がするので、登り返すときはシェルの中で温めておくのが良い気がしてます。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_00072579.jpg
2回目も元気な滑走!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22374457.jpg
ただただ景色が良い。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_00104306.jpg
絶景に飛び降りるような、そんな滑り。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_00130691.jpg
吹っ飛んでコケたり。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_00151508.jpg
いっぱい滑れてみんな大満足!

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22374958.jpg
だんだんと天気が悪くなってきたのでふわっふわの雪が積もった北斜面もサッといただき。

キロロから余市岳バックカントリー_d0198793_22375132.jpg
登って滑って登ってゲレンデへ戻りました。

ゴンドラで1000m越えまで楽に移動できますが、標高が上がれば気候条件や環境はハードになります。
余市岳からゲレンデへ戻る道も沢があり、コースを間違えば落水する可能性もあります。
バックカントリーに一人で行くのは避け、経験者と安全に楽しみましょう。

こんな楽しい山に何回も行きたいものですね。
BCスキーを初めて3シーズン目、白石店スキー売場の加藤でした。

by shugakuso4 | 2024-02-09 13:00 | 白石店 スキー売場