秀岳荘みんなのブログ!!

shugakuso4.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 20日 ( 4 )

~~尾瀬3日目・8月23日~~

4時起床

夕食があれほど豪華だったので

本当は朝ご飯も小屋で食べてみたかったのですが、

早目に出発する為に“朝弁当”を作ってもらい、

昨日の夕食後に受け取りました。

d0198793_17553889.jpg

この日の予定は

『山乃鼻小屋』

→至仏山山頂

→小至仏山山頂

→鳩待峠

→山ノ鼻

→竜宮十字路にある『龍宮小屋』宿泊

5時07分 『山乃鼻小屋』出発

また山ノ鼻へ戻ってくるので

使わない荷物を小屋に置かせてもらいました。

早く出発した甲斐があって、

湿原特有の朝霧の中を通って登山開始

d0198793_18152095.jpg
d0198793_18151512.jpg
d0198793_18152425.jpg
d0198793_18152894.jpg

↓振り返ると尾瀬ヶ原の向こうに燧ヶ岳

d0198793_18174070.jpg

陽が上ってくるにつれて

自分の高度があがるにつれて

刻々と景色と色合いが変わるので、

何度も振り返り立ち止まってしまいます。

足元は蛇紋岩が多く、

少しでも靴底が濡れていると滑ります。

雨の日には登らない方が良いです。

登山道はきつい斜面が続くのですが、

足元の岩はしっかりしているし、

木道や階段も敷かれているので、

あまり辛くはありませんでした。

d0198793_18154555.jpg
d0198793_18185975.jpg

ひどく傾いている階段もあります。

d0198793_18195529.jpg

あえてそこを歩くと、ちょっとしたスリルを味わえます。

クサリ場も何カ所かありますが

足元が乾いているお陰もあって、

クサリを摑まなくても歩けるような足場でした。

d0198793_18202790.jpg
d0198793_18203259.jpg
d0198793_18203865.jpg

歩いてきた道を振り返ると、

燧ヶ岳と尾瀬ヶ原、

中央少し右側には横田代が見えます↓

d0198793_18213589.jpg
登っている途中で見つけた花々

d0198793_18221766.jpg
d0198793_18222270.jpg
d0198793_18222678.jpg
d0198793_18223135.jpg
d0198793_18223591.jpg
d0198793_18224024.jpg

8時10分 至仏山の頂上到着

天気が良く360度周辺の山を見渡せます

d0198793_18233740.jpg

至仏山→小至仏山までの道
d0198793_18240440.jpg
d0198793_18250387.jpg

11時15分 鳩待峠到着

d0198793_18251642.jpg

鳩待峠→山ノ鼻までは緩い下りで木道が敷いてあるので

小さな子供さんも歩いていました。

お昼ご飯は『山乃鼻小屋』でカツカレー111.png

メニューも沢山あります

d0198793_18255972.jpg
d0198793_18254767.jpg
d0198793_18255177.jpg

ボッカさんの荷物を見つけました。

すごい荷物です。

このようにボッカさんが運んできてくれるので、

小屋では新鮮な野菜を食べれるのですね。

d0198793_18263596.jpg

14時40分 この日の宿『龍宮小屋』に到着

d0198793_18265761.jpg

16時にお風呂

17時30分 夕ご飯

d0198793_18271584.jpg

20時から尾瀬の植物についての映像を見せてくれました。

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-20 18:35 | 北大店 グッズ


~~尾瀬2日目・8月22日~~

6時 朝食

朝の味噌汁は身体に沁みます

d0198793_17503933.jpg

この日の予定は

『長蔵小屋』出発

→地図でいうと尾瀬沼の下半分の岸を歩いて

→沼尻平

→見晴(ミハラシ)という小屋が六軒建っている場所を通過し

→そこから尾瀬ヶ原縦断

→至仏山の登山口にあたる山ノ鼻にある『山乃鼻小屋』に宿泊

アップダウンが少なめのコースです。

d0198793_17513312.jpg

6時45分 小屋出発

とっても天気が良く、

尾瀬沼越しに見える燧ヶ岳が美しい

d0198793_17512345.jpg

8時20分頃

沼尻休憩所到着

d0198793_17513656.jpg

売店の方に

「冷たいクレープもあるよ~!」と声を掛けられ購入

d0198793_17514079.jpg

クレープと沼尻からみた燧ヶ岳

d0198793_17514327.jpg

沼尻から見晴までは沼尻川沿いに森林の中を歩きます。

木道が敷いてあったり無かったりの道。

道幅が狭い箇所もあります。

d0198793_17514769.jpg

10時20分頃

見晴到着

d0198793_17542019.jpg

六軒の小屋が立ち並んでいて小さな街のようになっています。

d0198793_17542641.jpg

友人は生ビールと玉こんにゃくで休憩

d0198793_17543379.jpg
d0198793_17543772.jpg

ここから山ノ鼻までは

“これぞ尾瀬!!”な風景の中を進みます。
進む方向の先には至仏山、

d0198793_17544126.jpg
振り返ると燧ヶ岳

 

d0198793_17544542.jpg

色々な花々・泳ぐ魚・鳥

d0198793_17544930.jpg
d0198793_17545330.jpg
d0198793_17545659.jpg
d0198793_17550023.jpg
d0198793_17550425.jpg
d0198793_17550852.jpg
ミズバショウやニッコウキスゲのシーズンは
どれほど綺麗なのだろうと思います。

お花が好きな人は花が沢山咲くシーズンに訪れるのがやっぱり良いと思います。

観光客が少なく、宿も木道も空いている時期も良いですよ。

きっと今頃は草紅葉が一番きれいな時期だと思います。

13時30分頃 山ノ鼻到着

お昼ご飯は『至仏山荘』でスタミナ丼を食べました。

にんにく醤油で焼いた豚肉がご飯の上に乗っています。

d0198793_17552276.jpg
d0198793_17551480.jpg
d0198793_17551725.jpg
d0198793_17551135.jpg

15時 今夜の宿『山乃鼻山荘』

d0198793_17552791.jpg

16時50分 夕ご飯 

d0198793_17553593.jpg

てんぷらを食べることができるなんて驚きでした!

すごいごちそう!

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-20 18:10 | 北大店 グッズ

北大店1階グッツ売り場の宮崎です。

一か月ほど前になりますが、

8月21日~24日の三泊四日で尾瀬ヶ原を歩いてきました。

『尾瀬』と聞くと、

木道とミズバショウという一般的なイメージが浮かんできます。

しかしそれ以上の事はほとんど知らず、

日本のどの辺りなのかすら分かりませんでした。

調べてみると

お花はミズバショウの他にニッコウキスゲも有名。

福島県・新潟県・群馬県にまたがる大湿原。

湿原の両端には百名山の燧ヶ岳と至仏山がそびえる。

とても魅力的な場所です。

お花が咲く時期はもう終わってしまっていましたが、

今回は二つの百名山に登り、

出来るだけ同じ木道を通らず

尾瀬のできるだけ広い範囲を歩きつくすような行程を立てました。

8月19日の夜~20日 苫小牧→宮城県・仙台へフェリーで移動

8月20日 岩手県在住の友人と仙台で落ち合い、福島県へ移動

福島県側の尾瀬への入り口に当たる桧枝岐村(ヒノエマタムラ)御池(ミイケ)の『御池ロッジ』に宿泊

8月21日(尾瀬1日目)

御池→燧ヶ岳(ヒウチガダケ)頂上→尾瀬沼東岸の『長蔵小屋』宿泊

8月22日(尾瀬2日目)

『長蔵小屋』→沼尻→見晴(ミハラシ)→竜宮十字路→『山の鼻小屋』宿泊

8月23日(尾瀬3日目)

『山の鼻小屋』→至仏山(シブツサン)山頂→鳩待峠→山ノ鼻→『龍宮小屋』宿泊

8月24日(尾瀬4日目)

『龍宮小屋』→ヨッピ吊橋→平滑ノ滝(ヒラナメノタキ)→三条ノ滝→御池



~~尾瀬1日目の前日・8月20日~~

午前10時に仙台フェリーターミナルで友人と合流し、

福島県の観光名所;飯盛山、鶴ヶ城、塔のへつり、大内宿を観光しながら南下。

夕ご飯は大内宿のネギそば。

橋を使わずにネギで食します。時々ネギも齧ります。

d0198793_16545888.jpg

夜19時30分頃に『御池ロッジ』到着。

素泊まりで予約をしていましたが、

翌日の朝食とお昼のお弁当を作ってもらうことにしました。

部屋の中は新築かと思うほど、とてもきれいでした。



~~尾瀬1日目・8月21日~~

6時頃 朝食

d0198793_17110860.jpg

6時48分 『御池ロッジ』からすぐの所にある登山口から出発

d0198793_17084230.jpg

この日の目標の燧ヶ岳は二つの峰を持っています。

御池から登っていくと最初に到着するのが俎嵓(マナイタグラ)(2346m)

そこから30分ほどで二つ目の峰の柴安嵓(シバヤスグラ)(2356m)頂上に着きます。

標高差850mほど。東北以北で最高峰の山。



御池から俎嵓までは、

坂道→湿原(広沢田代)→坂道→湿原(熊沢田代)→坂道を登り切って頂上!という

途中途中で天然の美しい休憩場所が設けられているコースです。

 

3時間43分で俎嵓頂上到着。

d0198793_17175971.jpg

↓『御池ロッジ』で作ってもらったお弁当

d0198793_17200707.jpg

俎嵓頂上からは尾瀬沼を全体をきれいに見下ろすことができますが、
尾瀬ヶ原は一部欠けてしまい、

全体を捉えることはできません。

↓俎嵓頂上から見た尾瀬沼

d0198793_17210626.jpg

俎嵓頂上までで疲れてしまった相棒にザックを預け、

一人で柴安嵓へ!


↓俎嵓から見た柴安嵓の頂上

d0198793_17254460.jpg

雲間から尾瀬ヶ原全体が見えたときは感動しました!

d0198793_17255473.jpg
d0198793_17255059.jpg

広いですね~

残念ながら湿原の向こう側が曇っており、

尾瀬ヶ原の向こう端にあるはずの至仏山は眺めることはできませんでした。

柴安嵓から俎嵓頂上へ一旦戻り、

ミノブチ岳を通過し長英新道を通って

今日の宿の『長蔵小屋』へ。



下り始めはしっかりとした坂道。

登山道が掘れていたりして歩き難いところがあります。

オニアザミが登山道の両側で咲き乱れている場所があり、

長袖の上から棘が刺さってきたりしました。

d0198793_17275695.jpg

それが終わるとだらだらの下り道。

今日の目標である燧ヶ岳登頂を果たし後は宿でくつろぐだけなのに、

だらだらと続く下り道はなかなか着かず

歩くのがいやになってきます。

↓ニッコウキスゲが咲き乱れることで有名な大江湿原

d0198793_17275993.jpg
15時21分 長蔵小屋到着

d0198793_17280910.jpg
d0198793_17280304.jpg

部屋の中↓

窓際に靴置き、物干しスペースがあります。

d0198793_17290719.jpg
洗面所・お風呂 、団らん室、売店
d0198793_17291208.jpg

d0198793_17292491.jpg
d0198793_17292815.jpg

トイレが水洗になっているのに驚きました。

d0198793_17292091.jpg
d0198793_17293245.jpg
d0198793_17293550.jpg
d0198793_17293924.jpg
d0198793_17372522.jpg


受付の小さな売店で秀岳荘のスパッツを販売してくれています

d0198793_17294249.jpg

売店では飲み物やお菓子が充実しています

d0198793_17295450.jpg

d0198793_17295135.jpg

小屋屋の目の前から湧水が出ています

d0198793_17295928.jpg

16時お風呂

17時30分~夕食

夕食はハンバーグ チョコレートムースケーキ付

d0198793_17301136.jpg
d0198793_17301684.jpg


夜の20時に小屋のスタッフの方が

手作りのプラネタリウムで星座の説明をしてくれました。

説明が終わったあと実際に夜空の★を見ながら

プラネタリウムで教えてもらったことを確かめることができました。


by shugakuso4 | 2018-09-20 17:46 | 北大店 グッズ

d0198793_12253449.jpg
北大店ウェアコーナーです。
山の話が連投の「みんなのブログ」ですが、大雪山旭岳では初雪が降った模様ですね!
写真は先週の旭岳です、少しづつ紅葉が色づいてきています。
d0198793_12272180.jpg
チングルマの紅葉。
紅葉シーズンの見頃は短いので、お早めに。

秋山登山で活躍しそうな化繊中綿ジャケットの新作が入荷しています。
化繊中綿は濡れに強いので、
天候の変化、気温の上下動が激しい秋山に安心です。

入荷した新商品3モデルをご紹介!
携帯しやすくコンパクトになるものをピックアップしました。
d0198793_14293790.jpg
●ノースフェイス「ベントリックスフーディー」
カラー:パナディスグレー
販売価格¥26,244税込

ノースの新商品。天候の変化、運動量の変化などでも
可能な限り着続けることが出来る事を追求した中綿インサレーション。
d0198793_15421969.jpg
中綿にスリットが入っていて、動きが多いアクティビティーでは
孔が開いて汗抜けが良く、静止時には孔が閉じて保温性を高めるシステム。
d0198793_14311854.jpg
6角形のもようが分かりますか?
摩耗する部分にはハードフェイス加工して強度を高めています。
d0198793_14313290.jpg
裏地は生地にレーザーカットのドット穴が開いています。
実際に冬山で使用してみましたが、ハイクアップ時も汗のこもり感もなく快適でした。

d0198793_14301498.jpg
●マウンテンハードウェア
「コアストラータアルパインフーディー」
カラー:ブラック
販売価格¥32,076税込
高い伸縮性を持つ「プリマロフトゴールドアクティブ」を採用しています。

d0198793_14320798.jpg
上部は摩耗性に優れた15Dリップストップナイロンを使用。
フィット感の良いシルエットです。
d0198793_14304679.jpg
●パタゴニア
「マイクロパフフーディー」
カラー:バルカンブルー
販売価格¥39,960税込

d0198793_14322600.jpg
パタゴニア独自の中綿「プリマフィル」を使用。
ダウンの様な柔らかさ、温かさ、軽さ、コンパクト性を再現しています。
d0198793_14324302.jpg
内側の両サイドに大きめの内ポケット付き。
この辺がパタゴニアらしく気が利いています。
濡れたグローブなんかが乾かせます。
d0198793_14361546.jpg
そして、この3モデルはどれもパッカブル!
山に持っていくなら、このくらいの収納サイズが現実的ですね。

左:ノースフェイス「ベントリックスフーディー」実測309グラム
中央:パタゴニア「マイクロパフフーディー」実測298グラム
右:マウンテンハードウェア「コアストラータアルパインフーディー」実測457グラム

d0198793_14291304.jpg
暖かさ、コンパクト性だとパタゴニア「マイクロパフ」
行動着も兼用で使うならノース「ベントリックス」とマウンテンハードウェア「コアストラータ」。
それぞれ特徴のある3モデルでした。
d0198793_14331014.jpg
まだ紹介しきれていないモデルも多数あります。
また、おりをみてご紹介したいとおもいます!

紅葉登山をお楽しみ下さい!

北大店ウェアコーナー


by shugakuso4 | 2018-09-20 16:58 | 北大店 ウェア

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4