人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:白石店 ウェア( 268 )



楽しい登山やトレッキングに付きまとう怪しい影、、、痛み
膝が、、、腰が、、、


そんなあなたに朗報です。
「体のお悩み相談会in秀岳荘白石店」
d0198793_16433712.jpg
開始決定!
オリンピックの公式サプライヤーにも選ばれているサポーターブランド
「バウアーファインド」からアドバイザーを招いての開催!

↑チェック

独自のサポーターで多くのトップアスリートたちを支えてきたトップブランド
公式サプライヤーには11社との競合の末に選ばれたとか、、、
膝痛が悩みの当店スタッフも絶賛中!

膝、腰、足首、手首、
様々な痛みに合わせて、あなたにピッタリのサポーターを選びませんか?

8月11日(日) 参加自由講座形式
8月12日(月) 事前予約型個人面談形式

個人面談型は1回40分の予定です

11:00~11:40
11:50~12:30
13:30~14:10
14:20~15:00
15:30~16:10
16:20~17:00

ご予約・お問い合わせは
秀岳荘白石店 ウエアコーナー  011-860-111

※痛みの症状を診断するものではありません、
診断をご希望の方ははお近くの病院へお願い致します。



by shugakuso4 | 2019-07-12 17:40 | 白石店 ウェア
こんにちは!白石店ウエアコーナーです。

今日はARC’TERYXの高性能ベースレイヤー、PHASEシリーズのご紹介です。
肌に直接触れるものだからこそ、できるだけいいものを選びたい下着。
楽しい外遊びがどれだけ快適になるかは、下着がカギを握っていると
言っても過言ではありません。

今回ご紹介するのは
d0198793_14254227.jpg

PHASE SL シリーズ。
夏用の薄手モデルで、生地はポリエステル100%です。
素材だけで考えると、よくある化繊ベースレイヤーですが少し生地を寄りで見てみると
d0198793_14514667.jpg
このようにボーダーになっています。
実はここにPHASEシリーズの肝となるテクノロジーが詰まっているんです。

d0198793_14351352.jpg
上の画像の左側が超耐久撥水加工を施したポリエステルで、
右側は他製品や他社でもよくつかわれる吸水性を持ったポリエステル。
d0198793_14351735.jpg
そしてこの2種類のポリエステル(吸水:速乾=2:1)を編み上げてPHASICという生地を開発しました。
d0198793_14351591.jpg
横方向に編み上げられたPHASICは肌面から吸った水分を真横に拡散していき、
速乾を促すという仕組みです。

さらにアークテリクスといえば完成度の高い立体裁断が特徴ですが、
もちろん下着も例外ではありません。
抜群のフィット感が快適な着心地と効率的な汗処理を実現しています。

体験談にはなりますが、他社の夏用化繊ベースレイヤーと比べると
やはりべちゃっとしているのを感じる時間が短いです。

また、「化繊下着は肌がかゆくなる」と敬遠してきた方にも
このPHASEシリーズは肌面の肌触りが非常に滑らかなので、
是非お試しいただきたいと思います。

真夏の外遊びにはARC'TERYXのPHASEを!!!



白石店 ウエアコーナー 広瀬


by shugakuso4 | 2019-07-12 16:19 | 白石店 ウェア
みなさんこんにちは!白石店ウエアコーナーです!

現在白石店企画で開催中の icebreaker photo award ですが、
当初、7/16までとしていた期間を山の日、8/11日まで延長させていただきます!!


d0198793_16133916.jpg
みなさんのicebreakerの夏がまだまだたくさん見られるのをたのしみにしています102.png102.png

続いて現在インスタグラムのアカウントを非公開設定にしている
お客様へ重要なお知らせです。

現在日公開設定のまま投稿された状態ですと、秀岳荘オフィシャルアカウントから
確認が出来ず、審査や受賞者様へのダイレクトメールをお送りすることができません。
大変恐縮ではありますが差し支えないようでしたらicebreaker photo award の
期間中と締め切り後10日間程度はアカウントを公開設定へ変更をお願い致します。


白石店ウエアコーナー

by shugakuso4 | 2019-07-11 13:26 | 白石店 ウェア


7/3~7/4で旭岳姿見から黒岳石室を3名で縦走してきました。
ルートは
1日目 姿見駅→旭岳→間宮分岐→中岳→北鎮分岐→黒岳石室(テント泊)
2日目 黒岳石室→北海岳→中岳分岐→中岳温泉→裾合平→姿見駅
d0198793_18481522.png
ログを見てみるとこのように8の字になり、2日で歩いた水平距離は20キロ以上。
ただ、2日間で歩ききると考えるとそれほど長い距離ではありません。

スタートの姿見駅からはこのように真っ白105.png
ただ、気温は低いものの風は弱く、黙々と歩を進めます。

d0198793_18570133.jpg
しかし、9合目を過ぎると
d0198793_19004080.jpg
雲海が広がっていました。思わず足が止まり、しばらく景色を楽しみます。
d0198793_19005314.jpg
この天気に足取りも軽くなりサクサク進む。

みんな空腹なので旭岳のピークではそれほど休むことなく
昼食をとる予定の裏旭野営場へ急ぎます。

昼食はフリーズドライやアルファ米で済ませ早めに出発。
d0198793_12291868.jpg
間宮分岐へ。

分岐からは御鉢の外輪の稜線歩き。
d0198793_19124109.jpg
d0198793_19131453.jpg
荒涼としていますが壮大な景色が広がっています。
こんな景色が見られるところは日本でも数少ないのではないでしょうか。
石室までの間は人とすれ違う事もなく我々3人でこの景色を独占。

d0198793_12523915.jpg
ガスに巻かれては晴れ、を繰り返して中岳・北鎮分岐を過ぎると
d0198793_12524732.jpg
急斜面の雪渓を下ります。
早い時間帯などは固く締まるので要注意ポイント。

17時前頃に石室に到着。
d0198793_12580141.jpg
テン場は貸し切りで、今回小屋番だった清水さん(Guide Office U5 主宰 清水祐吾さん)
から一輪車を貸して頂きザックの中を圧迫していたビールたちを雪で冷やします。
今すぐにでも飲みたい、、、116.png116.png116.png

さて今回のディナーはキムチ鍋とホルモン味噌ラーメン
陽がほとんど沈みかけ気温がどんどん下がる中、温かい食事で体を温めます。
d0198793_13021764.jpg
d0198793_13022179.jpg
至福の時間です。


その後はバーになった石室に集いお酒を飲みながら談笑。
夜は雲一つない快晴で天の川も肉眼できれいに見えました。
d0198793_13090800.jpg
さらにもう一人の小屋番さんである菅原さんがレーザーポインター
を使い聞いたこともない星座をたくさん教えてもらいました。
本物の星を使ったここでしか体験できない贅沢なプラネタリウム。
ナレーターのような素敵な声の持ち主の菅原さん。
更に雰囲気を引き立ててくれます。

この日は11時過ぎ頃に就寝。風もあまりなく熟睡できました。

ただ、朝日を見るため、3時過ぎには起床。桂月岳に登ります。
d0198793_13293325.jpg
冷たい風に叩かれながら日の出を待ちます。
低い雲と高い雲。中間の雲は無いので日の出前の景色もこんなに綺麗。

d0198793_13300152.jpg
早起きした甲斐があった、、、
太陽は早々に雲の中に入ってしまいましたが日の出の瞬間は
きちんと見る事が出来ました。

d0198793_13372605.jpg
d0198793_13373396.jpg
御鉢外輪の山々も朝陽を浴びて赤く染まります。
d0198793_13422219.jpg
桂月岳から愛別岳方面。
d0198793_13421841.jpg
すっかり日も昇った7時半過ぎ。朝食を済ませ石室を後にします。


北海岳方面へ歩くとすぐに渡渉が待っています。
d0198793_13454965.jpg
d0198793_13454694.jpg
慎重に進むも、一名床上浸水。
ゴールの姿見駅は遥か彼方です。

稜線に上がると前日よりも冷たい風が吹き付けてきたので
極力止まらずに中岳分岐を目指します。

d0198793_14011303.jpg
d0198793_14015585.jpg
随所で高山植物が群生して咲き乱れています。
チングルマ・キバナシャクナゲ・エゾノツガザクラなど

中岳分岐までもう少し。
d0198793_14011000.jpg
d0198793_14064937.jpg
分岐から数十分で中岳温泉です。硫黄の匂いがしてきます。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが携帯トイレブースが
7/5~7/15の期間限定で中岳温泉に設置されています。
ありがたいですね。

裾合平に入ってからしばらくは雪渓と木道が続きます。
d0198793_14090352.jpg
雪解けでかなり緩んでいる箇所もあります。
靴によっては浸水不可避の所もありますのでご注意を。

その後は小さい沢をいくつも超えていき、ひだのような地形を
ひたすらすすみます。
「まだか、、、」と思ったところで見えてきました。
d0198793_14085834.jpg
本日のゴール、姿見駅です。
スタートとゴールは同じですが、違う景色を楽しめる表大雪8の字縦走。
雨も降らずトータルでコンディションに恵まれた良い山行でした。

夏の大雪山、沢山の花が見られるこの時期に是非いかがでしょうか。
また、小屋番さんが常駐するこの時期に黒岳石室にも機会があれば行ってみてくださいね。
小屋泊なら一泊での登山にも挑戦しやすくなります。寝具の各種レンタルも行っているので
ハードルはそれほど高くありません。
楽しい出会いと素敵な時間が待っているかもしれませんよ165.png


白石店 ウエアコーナー 広瀬


by shugakuso4 | 2019-07-07 15:27 | 白石店 ウェア

秀岳荘では本日よりキッズの2019SSウエアのクリアランスがスタート!

対象ブランドは
d0198793_16485935.jpg
d0198793_16553192.jpg
d0198793_16544750.jpg
d0198793_16544353.jpg
こちらの4ブランド!!!

白石店の商品を一部ご紹介いたします
d0198793_16565112.jpg


モンベル×手塚治虫 のプリントT


d0198793_16570014.jpg
パタゴニアからはバギーズジャケット

d0198793_16564572.jpg
カリマーからは夏らしさあふれるイラストのTシャツ

d0198793_16570442.jpg
コロンビアからは機能的な防虫ウエアです



これからの時期にも実用的な商品ばかりですので
この機会お見逃しなく!!
ほとんどの商品が現品限りとなりますのでお早めに!

(各店ラインナップは異なります)

白石店 ウエアコーナー



by shugakuso4 | 2019-07-06 17:05 | 白石店 ウェア

皆さんこんにちは、白石店ウエアコーナーです。


早速ですがこのブランド、ご存知の方いらっしゃるでしょうか。
d0198793_11072114.png


 歴史は長く、1929年創業でドイツ発祥の医療機器メーカー
バウアーファインド です。
d0198793_17090469.jpg
今回白石店では本日より8月いっぱいまでこのバウアーファインド社の
サポーターの POP UP を開催致します!!

d0198793_11152380.jpg
スタッフも一度試着してみましたが、フラットニットと呼ばれる
構造で編まれた生地のおかげで地肌につけても非常に快適な装着感でした!
しわにもなりにくい!

また、お皿周辺のパッドはシリコン製なので優しく包まれるような感覚です。



d0198793_11211939.jpg
d0198793_11211773.jpg
また、足首のサポーターに加え、腰用サポーター・コンプレッションソックスも
今後展開予定ですので随時お知らせしたいと思います。


うんちくっぽくはなりますが、バウアーファインドは
拠点のドイツ国内でサッカーのブンデスリーガを制したこともある
伝統のクラブ、シャルケをはじめとし、その他サッカー以外のスポーツチームでも
オフィシャルパートナーを務めています。
d0198793_11153079.jpg
さらに2010年よりオリンピック・パラリンピックの公式サプライヤー
としても活躍し、アスリートたちを支えている
まさに名実ともに世界をリードするサポーターブランド!!

来年の東京でも目にする機会があるかもしれません104.png


病みつきになる付け心地なので、関節周りに不安を
お持ちのあなた!是非店頭でお確かめください!


併せて、本日よりdポイントの運用も開始されましたので
ご利用くださいませ165.png


白石店 ウエアコーナー 広瀬



by shugakuso4 | 2019-07-01 17:10 | 白石店 ウェア
7日1日から
秀岳荘×ナチュラルバイシクルコラボTシャツ発売!!!!
d0198793_19124871.jpg
北海道マークの中に秀岳荘各店舗の名前が入ってます


d0198793_19153056.jpg
背中にも秀岳荘ロゴ入り

d0198793_12331556.jpg
裾には秀岳荘とナチュラルバイシクルの折りタグが付いています






キャンプやフェスに如何でしょうか?
d0198793_19180532.jpg
シティグリーン、ベビーピンクの2色展開となっております


d0198793_19145962.jpg



ご来店お待ちしております✨







※白石店のみのお取り扱いとなります。



白石店 本堂

by shugakuso4 | 2019-07-01 12:20 | 白石店 ウェア

ウインドシェルのススメ

こんにちは、白石店ウエアコーナーです!

今日はウインドシェルをいくつかご紹介いたします。
ウインドシェルはよく聞く名前ではウインドブレーカーとも呼ばれています。

wind=風、shell=身を守るもの(直訳は殻・甲羅など)
併せて wind shell=防風ジャケットとなります。

ただ、防風と言ってもレインウエアのようにフィルムは使われていないので
100%風を防げるわけではありません。
ですが、ある程度通気するので蒸れにくく、生地が極めて薄いため汗で濡れても
あっという間に乾くので行動着として非常に使いやすいモノなんです!


では商品を紹介していきたいと思います。
d0198793_14565835.jpg

防風性と耐久性重視ならコレ!! MONTANEの LITE‐SPEED JACKET です。
白石店のウインドシェルのラインナップ中では生地はかなりしっかり目で、
肩や腕には耐摩耗性向上のための加工で耐久性を高めたヘビーデューティーなモデル。

d0198793_14570148.jpg
ヘルメット対応のフードのツバには調節可能なワイヤーが入っているので、
強風時にも視界をできるだけ遮らないデザインになっています。
クライミングや過酷な環境での使用が想定される場合はオススメな1着です。


お次は Teton Bros. から Wind River Hoody です!
d0198793_14555905.jpg
d0198793_14560335.jpg
生地はPERTEXの QUANTUMAIR
ベースになったQUANTUMよりも通気性能に優れたランナー向けモデル。
サムホールも備えているので指の近くまでカバーしてくれます。

少し汗をかきやすいかな?という方には通気性重視のWind Riverシリーズがオススメ。
この通気性がオーバーヒートを防いでくれます。

個人的にも着用していますが(ランはしません)、
春のバックカントリーから夏山登山でも持って行かない日はありません。



4月下旬、気温20度越えのニセコでのワンシーン
d0198793_16135531.jpg
d0198793_16140094.jpg
ハイクから滑走までこのWind River Hoodyと中に着た
アンダーウエアだけでこなしました。



最後はこちら
d0198793_14570712.jpg
HOUDINIの Weather Tee です!
オシャレなアイテムばかりのHOUDINIからTシャツ型のウインドシェルが
この2019SSから新登場!!

「袖がないじゃん!」
というツッコミが聞こえますが実は体幹を風から守るだけでも
かなり変わってきます。ベストの中にカテゴライズするのが適切かもしれませんね。

これからの暑い時期にはぴったりの1着です。

Weather Tee + 長袖シャツの組み合わせはもちろん
Weather Tee + 半袖シャツ + アームカバー等を組み合わせれば、
不安定な天気の日や吹きさらしの稜線歩きなどのシチュエーションでも
細かい体温調節が可能になります。

また、コンパクトさにも注目で
d0198793_14571132.jpg
白いのがWeather Tee、左下がWind River Hoody
右下がLITE‐SPEED JACKETです。

ウインドシェルは薄手なのでかさばらないものが多いですが、
その中でもよりコンパクト。

ですが、コンパクトさは耐久性とトレードオフの関係にあるので、
「とにかく軽いのを!」という選び方には注意が必要です。


悩んでしまった時はもちろんスタッフにご相談ください!!

以上、ウインドシェルのススメでした104.png


白石店 ウエアコーナー







by shugakuso4 | 2019-06-29 16:53 | 白石店 ウェア

6/23
に、OSJ山中温泉トレイルレースに参加してきました!

石川県加賀市、山中温泉が舞台。
開湯1300年、豊かな自然と伝統文化の残る温泉地です。

今回私は80kmにエントリー。
OSJ屈指の難関コースとして有名なこの大会、何としてでもゴールしたい…!

ゼッケンNo.は【333】
ゾロ目でなんだかラッキーな感じ♪


80kmの部は、距離:78km/累積標高:5,000m程/制限時間:17時間
関門はCP①~CP④の4か所。
コースマップはこちら↓
d0198793_16583613.jpg
高低図のギザギザ具合が素晴らしいですね。(笑)
このアップダウンの激しさ、伝わるでしょうか…?
177.png
スタートは朝の5時。
天候くもりで時々晴れ、気温は高くありませんでしたが湿度は高め。
梅雨時期のわりには爽やかで走りやすい気候でした。


スタート直後、温泉街を抜ける階段で少し混雑。
道のりは長い、焦らず進みます。
d0198793_16590068.jpg
すぐに山岳エリアに入ります。
ここは最初の水無山のあたり。道幅は狭めですが足元はふかふかで朝の空気が気持ちいい。
d0198793_17001700.jpg
このコース、基本的に登り・下りの斜度きつめ。
比較的得意な登りは省エネでガシガシ登り、苦手な下りは脚の負担を少なく安全第一で。
平地はできるだけ元気に走る。

気温は高くないと言えども、北海道と比べるとやっぱり暑い。
水分とミネラルの補給をこまめに、エネルギー補給(ジェルなど)もこまめに。
口に入れてからエネルギーに変わるまでに時間がかかります。動けなくなる前にこまめに補給が大切です。


富士写ヶ丘を降り、このダムの先がAS(エイド)②。
d0198793_17001027.jpg
ダムの上を走ります。
d0198793_17000559.jpg
山岳エリアだけでなく、つなぎのロード・林道区間も景色がよくて楽しい。
綺麗な渓流の横を走ったり。
奥に見える赤い橋をこの後渡ります。
d0198793_16590424.jpg
橋の幅が狭いのが怖くてビビりながら前へ進みます。
怖かった…(笑)
d0198793_16590999.jpg
AS②を出てからAS③までは主にロードと林道。
登り基調で、28km地点到着。


AS③からCP(関門)②までは17km。この間で今大会最高峰の大日山(1,368m)を超えます。
この間に補給できるポイントがないのでストレッチをしっかりめにして、いざアタック!
ここからポール使用OKになります。

急登&急登。エンドレス登りで、山頂に到着。
山頂はガスってなにも見えずでしたが寒くはありませんでした。
補給していたのにも関わらず空腹感…ハンガーノックは避けたい…!
ジェルを2本食いして収まりました。(笑)
d0198793_16591561.jpg
山頂からCP②まで10kmくらい下ります。
下りながらも登り返す場所もあり、脚がどんどん削られていきます。
嘘…ここ下るの!?な下りが山盛り。苦手な下りで時間をロス、膝に痛みが出始めました。


半泣きになりながらCP②に到着。
この関門にはそうめんやおにぎりなど比較的食べ物が多め。しっかり食べてチャージします。
この地点で45km/制限時間16:00のところ、このポイントを15時少し前に出発。
予定していたペースからかなり遅れが出ていました。
遅れ気味ながらもゴールはまだまだ目指せる時間。気持ちを強く持って次の関門を目指します。


CP③までは6km。
この区間は走れる林道・ロードで下り基調の途中で杉水峠を越えます。
この区間、魔法がかかっていたのか膝の痛みがなくなり体もよく動きました。人間ってすごい。


熱をもった関節と筋肉を冷やすために全身に水を浴び、この後の難所に向けて食べ物しっかり。
この関門を制限時間の1時間前に出発。このペースなら間に合う!


CP③からAS④までは9kmで、三童子山(歯ブラシみたいな形の山)を越えます。
…ここがかなりのきつさ。疲れた体に容赦なくアップダウンが待ち受けます。
ここで終わりか!?と思ってから偽ピークが何度も…。
低山ですが、偽ピーク×10はあったと思います。(笑)


ゴールを目指すも膝がいうことを聞かなくなり、ポールをついてなんとか歩いて下山。
AS④(60km地点)でタイムオーバー。
CP④の制限時間(19:00/64km)に間に合わず、ここでレース終了。

悔しくも、私の山中温泉トレイルは60km、14時間程で終わってしまいました。


ゴールゲートはこちら。
d0198793_17000194.jpg
多くの選手は日が落ちてからのゴール。
地元の方も完走する選手を温かく迎えていて、地元密着でいい大会だと思いました。

ゴールしてすぐの場所には「菊の湯」(公衆浴場)があり、疲れた身体を癒せます。

177.png

◎今回の装備◎

暗くなるのでライトは必携品。ヘッドライトと腰のライト2つ持って走りましたが結局使わず…。

ドライレイヤーは【finetrack パワーメッシュ】を使用。
長旅なので少しでも体力を温存するためにも、汗冷え対策は大切です。
汗冷えでお腹が冷えることもなく、大量に汗をかいた割には快適でした。

バックパックは【NATHAN VaporHowe 2.0 12L】
フロントポケットの容量が大きくアクセスしやすいです。ジェルも携帯もすっぽり納まります。
ウェアのような生地感で背負い心地もよく軽くてストレスがありません。
水分の補給はハイドレーション(1.8L)1.8Lを使用。

大会の時は特にですが、お気に入りのウェアを身につけます◎
テンション上がりますしね!
d0198793_16592538.jpg
◎今回の補給食◎

長旅で胃腸がやられると予想し、固形物よりジェル多め。
飽きてしまわないように色んなフレーバー・種類を持つようにしています。
【Mag-on】はさらっとしていて甘すぎず飲みやすいのでお気に入り。
ひょっとこ堂の【宮崎エナジージェル】はまるでジャムのようなおいしさ!
成分もシンプルで普段から食べたくなっちゃうお味♡

甘いものばかりだと飽きてしまうのでTRAIL HATのコーヒーゼリー。
コーヒーの香りでほっとします。

固形物はお気に入りの羊羹。
あとはエイドのオレンジやドライフルーツなどを頂きました。

あとは熱中症対策に【塩熱サプリ】レモン味と梅味の2種類を持っていきました。
この大会、エイドステーションで補給できるのは水のみでスポーツドリンクはありません!
溶かすタイプのスポーツドリンクの粉末を持っていくといいかと。

意外と内臓がやられなかったのでもう少し多めに固形物を持ってもよかったかな◎
d0198793_17002247.jpg
177.png

今回の80kmの部 完走率は57%
完走できなかったのは悔しいですが、いい経験をさせて頂きました。
課題は克服して、来年またリベンジしたい!完走したい!!

遠く北海道から石川県までひとりで来て知らない人ばかりだったのに、
レース終了後にはたくさん知り合いが出来ました◎
いいですよね、こういうの。


辛くも楽しい、60kmの旅となりました。

(長文読んでいただきありがとうございました!)

177.png

白石店 ウェア たきざわ






by shugakuso4 | 2019-06-29 13:22 | 白石店 ウェア

d0198793_11022154.png
こちらのブランドご存知ですか?

「アクシーズクイン」と読みます

日本生まれのアウトドアブランド
アイテムには常に「日本」を感じさせてくれる要素が組み込まれており
多くのファンを持つ1988年設立のブランドです

そんな彼らの信念がこちら
d0198793_11193623.jpg
「凌」~SHINOGI~

森林限界以下の低山において、雨や風を無きものの様に遮断するのではなく
雨風を感じる、凌ぐ、快適に分け入る、
独自の目線で日本の四季を感じられるウエアを作り続けています

そんな彼らが提唱するハイキング+凌ぎ=シノギング

綺麗に整備された一般的な登山道を使わず
地形図とコンパスを使いながら
ピークハントやコースタイムに縛られない自由な山遊びです

私自身、高尾山周辺で毎月行われているシノギングイベントに参加し
その面白さに感銘を受けました、、、

というわけで今回
「遠軽町白滝村」
の大自然をシノぐ

d0198793_11555538.jpg
勿論、全身アクシーズクインを纏います
シノギングファン通称シノラー達御用達のアイテム「ハカマスカート」
その他にもどこか日本を感じさせてくれるカラーリングやネーミングのアイテム達

詳しくはメーカーホームページへ

d0198793_12014092.jpg
天晴れなシノギング日和

d0198793_12210472.jpg
地形図とにらめっこ
尾根や沢など目標物をしっかり認識していれば
難しい事はそう多くありません

d0198793_12253022.jpg
沢筋に出てみたり

d0198793_12255439.jpg
ここは大自然北海道
熊笹凌ぎも楽しさの一部です

d0198793_12284480.jpg
少し開けたポイントを発見

d0198793_12293353.jpg
この時間が格別
シノギングの醍醐味です

d0198793_12292993.jpg
ハンモックにられるも良し

d0198793_12312956.jpg
食事の準備をするも良し

d0198793_12430978.jpg
d0198793_12454153.jpg
いつもの登山なら気になる
工程、標高、タイム

色々なこだわりから少し離れて
ただ純粋に目の前の自然を楽しむ

d0198793_12470696.jpg
登頂・新記録などなど
達成した目標はありませんが

濃密な時間を過ごしてきました

この満足げな表情
(シノギングの写真は真顔がお決まり、不満がある顔ではありません)



しかし


今回のシノギングには
1つだけ目的がありました

「出張シノギングin北海道」

ホーム「高尾」を離れてのシノギングを
ココ北海道で開催したい

そんな思いから現在画策中

詳しくは企画決定次第の告知となります

お楽しみに!!!







by shugakuso4 | 2019-06-25 13:42 | 白石店 ウェア