人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ:北大店 グッズ( 184 )

今季から特徴的な型の”パラゴン”バインディングに変わり注目されていた、MSRのライトニングアッセントで、雪原を求めてスノーハイクしてきました。

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_16571759.jpg

今回の山は、北竜町と増毛町の境にある「信砂岳(のぶしゃだけ)」
信砂岳は、登山道はないため雪が積もった冬にしか行けない山とのこと。
標高927mの山頂は、ひろ~~~~~い平らな台地になっていて(YAMAP情報では札幌ドーム35個分の広さだとか)
そんな雪原のド真ん中で歩いてみたくなったのでした。

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17384017.jpg
前日教えてもらった2ルートのうち、右側のルートで行くことに。
麓からは急斜面と緩斜面を3度ほど繰り返し、2時間くらいで到着予定。
ピーク手前の「がけ」のところが今回の鬼門。右と左に崖のマークがあり、その間を登る。そこもなかなかの密度(^^;)



さて、パラゴンビンディングの気になる点、言うまでもなく「着脱のしやすさはいかがなものか」ということ。

3ストラップはフィット感が抜群に良くて、1本のストラップが切れても残り2本のストラップで固定できるという点がメリットですが、唯一の難点がブーツの固定。
とにかくベルトの締め上げに手こずって、現地でモタモタ。。なかなかスタートを切れず、すでに手がかじかむという状況になったのを思い出してしまいます。。

新バインディングのにはRとLが表記され、左右分かりやすくなりました。


新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_16575244.jpg


メッシュに靴を差し込むと、ピタッとポジションが定まりました。
ヒールストラップを固定して、甲の2本のベルトを引っ張り締め上げて。
30秒もかからず片足完成です。
手袋をはいたままでもイケました(^^)

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17031820.jpg
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17025745.jpg


さて、スタートしたのは12時(^^;;)
ちょっと焦りながら、山頂までの目標時間2時間弱と設定し歩き出す。
すぐ左側には恵岱岳(えたいだけ)がくっきり。
今度は山スキーであっちにも行きたいな~

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_16573127.jpg
取り付く場所を吟味しながら、林間を気持ちよく10分ほど歩く。気温は低いものの天気が良く、陽射しが体を温めてくれたので、急登に取り付く前にハードシェルを脱ぎ、ピークまでベースレイヤーのみで。

↓取り付きはこのくらいの斜度。右側に登って行きます。
ここはまだ緩いほうですが、この後、ピークまで3回ほど急登と緩斜面を繰り返します。
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_11272878.jpg



尾根に出ると831峰(おそらく)が見え、眺めながらゆっくりハイク。膝下で少なめですがノートラックのふかふかの雪の上を歩く。気持ち良い!!
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17003561.jpg

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17014606.jpg


この後が今回最大の急登。両脇がガケのエリア。傾斜20%くらいの感覚でした。

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17004510.jpg



ゆっくりジグザグにトラバースしながら標高を上げていきました。
滑らないようにつま先を雪に差し込み、ガシッと前刃を噛ませながら、太ももを持ち上げ急傾斜に食らいつく!
雪は湿っていて重くてなかなか足が上がらなくて。。
ここにきて、ライトニングアッセントでよかった~~(* *;;)と実感。
ほかのシューならもっとしんどかったと思います。

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_12055901.jpg


斜めトラバース時も、フレームの鋸刃ががっちりホールドしてくれて、横滑りすることもほぼなく、安心でした。
急斜面で横滑りしてしまうととたんに動けなくなり恐怖感がでてしまいますからね(T T)

↓急斜面をやっとこ登りきったところ。
下見えてません。ライトニングさまさまです。
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17005984.jpg



パラゴンのメッシュストラップは、急斜面でもズレることなくフィット。

もうこれ以外のスノーシューは使えないと思ってしまうほどにストレスなく登り切りました。


↓難所を超えると一気になだらかに。ここまで、1時間40分ほど。
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_16590764.jpg
右手には増毛の山々。
新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_17023348.jpg

スタートから2時間を経過し、もうすぐ山頂かと思いきや、地図を見ると山頂はまだもう少し先。。
下山の時間を見ると余裕がなかったので、
今回は見晴らしの良いピークでジンギスカンを食べ、戻りました。

新ライトニングアッセントで信砂岳スノーハイク_d0198793_16571759.jpg
休憩ポイントでスノーシューを脱ぐときはヒールストラップを外して、後ろに引っ張ると簡単に脱げるのが特徴ですが、
ブーツの形状、パラゴンストラップの締め具合によってはフィットしすぎてすぐに脱げないことがあるので、甲の部分も緩めてから脱ぐ必要があります。

しかしながら、新バインディングの「パラゴン」は3ストラップのフィット感そのまま、さらに着脱しやすく使いやすくなっています。
この最新モデル、白石店でレンタル始めましたので!
気になっている方、ぜひぜひお試しください♪♪


次回こそはスタート時間を早めて、雪原のど真ん中行きたい!(反省)


北大店 ほり


by shugakuso4 | 2020-01-18 12:36 | 北大店 グッズ
添加物も白砂糖も使用せず、自然な素材だけで作るエナジーバー「Uru Bar」が、
今年から「POW BAR(パウバー)」としてさらに美味しく食べやすくなりました。

100%ナチュラルエナジーバー「POW BAR」新入荷!_d0198793_16161310.jpg
ビーガン仕様で砂糖を使っていないので、血糖値が上がりにくく長い山行でも疲れにくい効果も期待。
1個40gでコンパクトなパッケージ。

『Made in NISEKO』
と記載されたパッケージを見て若干テンション上がるのは私だけではないはず??
羊蹄山のイラストがプリントされているのもおしゃれ。



気になる中身はこんな感じ↓
★FRUIT & NUTCRUNCH★ 40g 168Kcal
フルーツ&ナッツクランチ
→全体的にしっとりとした歯触りの4種の中で、唯一噛みごたえを感じる香ばしさ。でも硬くなく。
ドライフルーツの甘さと、ナッツを感じます。
オーツ麦・ドライデーツ・ドライプルーン・ドライレーズン・ドライクランベリー・大豆粉・ココナッツファイン・アーモンド・パンプキンシード・アーモンドパウダー・豆乳・ゲランドの塩(※)

100%ナチュラルエナジーバー「POW BAR」新入荷!_d0198793_15270518.jpg

(※)ゲランドの塩・・・フランス西海岸、ブルターニュ地方に「ゲランド塩田」があり、太陽と風の力、粘土の地層を活かし、機械をほとんど使わない伝統的手法で作られた塩です。


★TAHINI & DATE★ 40g 168Kcal
ゴマ&デーツ(ナツメヤシの実)
→しっとりとした食感で、ゴマの風味が広がります。
まぶしたケシの実がポロポロ落ちるので要注意。。
オーツ麦・ドライデーツ・ドライプルーン・ドライレーズン・ゴマ・アーモンド・大豆粉・ポピーシード・ゲランドの塩
100%ナチュラルエナジーバー「POW BAR」新入荷!_d0198793_15251883.jpg



★CACAO & COCONUT★ 40g 164Kcal
カカオ&ココナッツ
→安心の組み合わせ!?ココナッツがまぶしてあって某ドーナツショップのドーナツを連想するものの、
自然な控えめの甘みで後味も良し○
オーツ麦・ドライデーツ・ドライプルーン・ドライレーズン・ドライクランベリー・ココナッツファイン・アーモンド・カシューナッツ・カカオパウダー・ゲランドの塩
100%ナチュラルエナジーバー「POW BAR」新入荷!_d0198793_16151733.jpg


★FIG & HAZELNUT with DARK CHOCOLATE★ 40g 180Kcal
イチジク&ヘーゼルナッツ+オーガニックダークチョコレート
→プチプチするドライイチジクの種+オーガニックチョコチップのアクセントがGOOD!
オーツ麦・ドライイチジク・ドライデーツ・ドライプルーン・ヘーゼルナッツ・アーモンド・オーガニックダークチョコレート・ゲランドの塩・セイロンシナモン
100%ナチュラルエナジーバー「POW BAR」新入荷!_d0198793_16145629.jpg

冬でも硬くならず、水なしでも柔らかく噛めるのでバックカントリーのハイクやスノーシュートレッキング、ランニングにも最適。
シェルのポケットに忍ばせて、ハイク途中や休憩中、コーヒーと一緒に羊蹄山を眺めながら食べるのもまた美味しいですね~

1個税込300円。冬山の新たなお供にお試しください♪
※取り扱いは北大店のみとなります。

北大店グッズ ほり


by shugakuso4 | 2019-12-24 17:43 | 北大店 グッズ

ビーコン講習会

ビーコン講習会
ビーコン講習会_d0198793_16364109.jpg

これからビーコンを購入しようと考えている方
すでに持っていて使い方を練習したい方
初心者を対象とした商品説明と使い方の講習会です101.png


日時 第1回 12月 8日(日)
    2回 12月21日(土)
    3回  1月12日(日)
各回 10:30~13:30位を予定しています



場所 秀岳荘北大店、およびその周辺(野外でも行います)

定員 5.6人位

持ち物   お持ちであればビーコン(貸出あり)
      防寒着(ジャケット・長靴・手袋など)

野外での捜索練習を予定しておりますので,
積雪の中を動ける恰好
でお願いします

参加ご希望の方は北大店1F村山まで104.png

by shugakuso4 | 2019-11-15 16:47 | 北大店 グッズ

先日6月16日(日)に無事開催された第2回テイネトレイルに出場された皆様、おつかれさまでした!

私は今回初参加!33kmにエントリーしました。
ゲレンデ直登、沢沿いのスリッピーな路面、足場の悪い岩場の後のゲレンデ急下り、気持ち良いシングルトレイル(もれなくズルズル転倒あり)!!
もうすぐゴール!と思いきや隠された最後の登りなどなど、バリエーション豊富なコース設定で、とても楽しめましたね~

開催前からの唯一の心配は、当日が「雨」145.png
しかも低気圧の通過がピークとなるため「大雨」かもしれないということ。
直前になっても予報は変わらず、レイヤリング・装備をどうしようか悩みました。

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12060080.jpg

雨仕様にソックスを変え、ショートゲイターを追加。
ソックスはC3fitの「ペーパーファイバーアーチサポートショートソックス」
ゲイターはinov8の「ALLTERRAIN GAITER」

レインウエアはティートンブロスのツルギライトジャケット。大雨の予想だったので、ネオシェルでは浸みてくるかもしれない不安があったものの、歩くのではなく走るので透湿&通気をメインに考えて、透湿性の高いネオシェル、さらに前面を開けて換気ができるのでこちらを選択。スタート前には雨がやんでくれたのでこれを着て走ることはなかったですが。。
シューズは防水がいいか悩みましたがやはり通気を考えてinov8のX-CLAW275で

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_13344893.jpg

ザックは今回のテイネトレイルに協賛されていたメーカーさんの最新トレランザック「ザイゴス4.0」を試しに使用。


第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12055476.jpg

アドベンチャーレーサー鬼軍曹!田中さんをやっと見ることができたし満足。。

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12042094.jpg
さあいよいよスタート位置へ!!

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12041050.jpg




疲れでブレブレですが確か送電線下の急登り↓
第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12055762.jpg

平和の滝コースからガレ場を登りきったところに、ようやく20k地点の看板。
ここまで上がってくると周りはガスで真っ白、気温も低く半袖では腕が少し寒いかなという程度。
体幹は寒さを感じなかったのはおそらく、シャツの中に着ていたオンヨネのブレスティックPPのおかげだったと思います。
極薄手の化繊シャツをきていたのに汗冷えはありませんでした。

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12040661.jpg



今回は練習の成果もあり(?)調子がよく、足のトラブルは転んで膝を流血したくらい(笑)
目標の5時間代でゴールできました。
入賞は逃したものの賞状をいただく結果に満足です!

第2回テイネトレイル33k&雨のトレラン装備_d0198793_12043389.jpg

今回の第2回大会は、昨年より倍以上の参加数で全種目合わせて約900名とのこと!
とても楽しく盛り上がった大会だったと感じました。
コース整備をはじめ、大会の開催に向けて準備を進めてこられた方々、ボランティアの皆様のご協力によりとても楽しく参加することが出来ました。ありがとうございました。来年もさらに盛り上がりそうですね!!


北大店 ほり

by shugakuso4 | 2019-06-20 15:25 | 北大店 グッズ
アスリートを宮崎の食材で応援するために生まれたジェル「低GI 宮崎エナジージェル」北大店で新入荷!!

宮崎の特産果実を使用したフルーツゼリーを製造販売する「ひょっとこ堂」さんと、
九州をメインにトレイルランニングなどの開催運営を行う「ユニバーサルフィールド」さんが共同開発した、"レースだけでなく普段も食べたくなる" エナジージェルのご紹介です
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_23455646.jpg
低GIタイプの味はへべす・日向夏・マンゴーの3種類
小サイズは40gで100Kcal摂取できます(税込270円)

特徴は化学調味料を使わず無添加&低GI食品「アップルハニー」を使用していること。
運動中の糖質補給は大切ですが、スポーツサプリメントなどは体内への糖質吸収効率が良いため急激に血糖値が上がり、体はそれを一生懸命下げようと働きかけます。それが体や胃腸に負担をかけ、疲労や胃腸トラブルのリスクが高まってしまいます。

そこで注目されているのが「アップルハニー」
低GI食品であるりんご(GI値36)の果汁を極限まで濃縮・濾過して作られた無香・無色の糖液。
血糖値が上がりにくく、安定した血糖値を維持するため体への負担を軽減する効果があります。


気になる食感・お味は、個人の感覚ですが以下の通り(甘さ指数は5点満点)


↓へべす(平兵衛酢・宮崎県日向市特産の柑橘)・・・食感は、数あるジェルの中ではサラッとしています。爽やかな酸味もあります。けっこう甘め(甘さ指数4)
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_23455762.jpg

この度「へべす」っていう柑橘があることを初めて知りました105.png(知らない方のために!)すだちより少し大きいくらいです。
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_00495376.png


↓日向夏(ひゅうがなつ)・・・へべすよりは少し甘さ控えめで、ほのかな苦味・酸味もあります(甘さ指数3)
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_23455793.jpg


↓マンゴー・・・宮崎といえばマンゴー113.png3つの中で一番甘いような。リッチな本格マンゴーの甘さで美味しいジャムといった感じ(甘さ指数5)
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_23455623.jpg


チビチビ摂取したい方には蓋が開閉できる大サイズも入荷してます↓
普段食べても美味しい「低GI宮崎エナジージェル」新入荷_d0198793_23455618.jpg

160gで400kcal
972円(税込)


見ためが涼しげで夏山トレイルシーズンにぴったり、南国の雰囲気漂うパッケージ。
売り場の陳列棚に並ぶジェルの中ではひときわ鮮やかに目立ちます!

トレランをする方はもちろん、登山をする方にもぜひ。山に行くのが楽しみになるジェルですよ^^
※こちらの商品は北大店のみの扱いとなります


北大店グッズ売場


by shugakuso4 | 2019-04-20 01:55 | 北大店 グッズ
関東では桜が満開の4月7日に「第21回青梅高水国際トレイルラン」30kに参加させていただきました。

シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23353773.jpg

この日の青梅周辺の最高気温は20度ほど!
日差しも眩しく半袖&短パンでちょうど良いピーカンお天気174.png
これだけでもテンション上がります!

今年で21回目の青梅高水国際トレイル・・・歴代優勝者には鏑木毅さん、望月将吾さん、奥宮俊祐さんなど、そうそうたる顔ぶれ!150.png 21年も前からトレランの大会が行なわれていたことにもびっくり。

今年のエントリーは30kと15k合わせて2400名!都心から電車で約1時間、アクセスが良く、青梅駅から歩いて5分ほどでスタート地点に立てるという参加しやすさもあるでしょうね。
エントリー開始時点の名称は「青梅高水山トレイル」でしたが、外国人選手の参加が200名を超えたことで急遽「国際」を入れた名称に変えたそうで(笑)
英語だけでなくアジアやインド系の会話も聞こえてました。

開催エリアと30kのコースです↓
10月のハセツネ開催のエリア(黄)からほど近い、JR線をはさんだ右上のエリア(赤)。
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23523611.jpg
奥多摩周辺は東京最高峰の雲取山や、青梅のおとなり「御岳(みたけ)」は外岩ボルダー御用達、また最近トレイルランナーにも人気の高尾にも近く、アクティビティに最適。都心からのアクセスも良いので移住者も増えているようです。


この大会の名物(?)開会式後のみんなでエアロビクス(30分も!長い!)で体をあたため、トイレ行列の後にやっとスタート地点へ。

昨年の奥久慈トレイルの教訓から、列の前方に並んでおかないと渋滞のせいでまたタイムアウトになってしまうとあせりつつ、一応写真は撮る!
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23523758.jpg
位置についたのは真ん中くらい。
なんとなく手足をストレッチしつつ、参加者の靴と装備チェックしたり。
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23523795.jpg

スタート後、グラウンドを出るとすぐに山の中のトレイルへ。
雪のない山を走れる嬉しさで思い切り走りたいところですが、さっそくこの渋滞。。
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23353845.jpg
エイドは2ヶ所+私設エイド1ヶ所。
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_08455293.jpg


折り返し地点の青梅のパワースポット「高水山常福院」の境内でお参りをし、赤い「獅子鈴」をもらうことがルール。そして復路にさしかかる。
ここまでは心配していた右脚チョウケイの痛みもなくとても順調でした。
シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23353773.jpg


!!しかし!!!143.png
下り始めたらいきなりチョーケイが痛み出したのです。。。
こりゃやばいな~~と右膝の外側を刺激しないようにかばいながら降りていたら、右膝の内側がつりそうな感覚143.png 143.png
だましだましその下り坂を下りきって、第一関門を超えた時に、
今度はいきなり右脚ふくらはぎがつって激痛!! 145.png145.png145.png

その場でうずくまっていると、外人さんグループが「ダイジョウブ??」と声をかけてくれたので「おーけーおーけーせんきゅう」と返す105.png
しかし痛みはおさまらず!
とりあえず塩熱サプリとマグオンを食べ水分補給しながらゆっくり走り出す。


しかし下りでは足が曲げられなくて走ることができない状態になり、さっき抜いた人たちに次々に抜かされ145.png
平地と上りでは少し足がラクになり、そこで走って追いつくの繰り返し。

シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_01564306.jpg
本当なら気持ち良く走れる区間のはずなのに走れないのが悔しすぎる。。


シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23353848.jpg
桜を見ながら。ゴールはもうすぐ!


シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_02423247.jpg
なんとか制限時間の4時間50分はギリギリ切れました119.png
総合順位は約1000人中、中の下くらいでした。。
足を治さないと~~





ここで、今回使用したザックとエネルギージェル↓

シーズン1発目参戦!青海高水国際トレイル30k_d0198793_23353815.jpg
パーゴワークスの2019SS新モデル「rush5r」
今大会の必須装備がケガ防止のための手袋と500ml以上の飲み物のみ。軽くしたくてベルトにするか迷いながらも、新型ザックのお試しも兼ねて使うことに。

今回は天気が良くてレインウエアが要る心配もなかったので、メインの荷室には気持ち程度のウインドシェル&貴重品のみ。前面と脇下のポケットにジェルを分散して入れて十分余裕。水(電解質入り)を500mlフラスコ×2本。

メイン荷室が上方に配置されているので、重心が上になり前に進みやすい感覚。
そして何がいいかといえばやはりポケットの配置が気がきいていて、フロントベルトに左右2個ずつ、両脇下に2個ずつ、手の届くところに計8個ものポケット。とくに脇下収納が重宝しました。ジェルのゴミを入れる用ポケットを作れるほどポケットが多用できるので飲み終わってポケットにゴミを入れるときのストレスがなかったです。
あえていうと脇下のポケットのチャックを開けようとした時に、そのすぐ下に付いている胴回りサイズ調整用のバンジーコードをひっぱってしまうことが何度かありました。。


ジェルは今までの大会で常用のマグオンと塩熱サプリ。はい、足つり防止がメインです。足つりはほんと苦痛ですからね!143.png

他には今回初めて試すものとして、
ベスパハイパー・・天然スズメバチ抽出液・ローヤルゼリー・プロポリス・はちみつを配合し、脂肪を優先的にエネルギーに変えてくれる効果があります。女性も気になるこの効果!持久力アップにも期待できます。天然アミノ酸なので即効性もあり。スタート前や途中にも飲用しました→これのおかげか、足が痛み出すまではとても調子よく、登りも下りも力を出せた感じでした。

ハニーアクションエナジー・・はちみつ・クエン酸・ローヤルゼリー・プロポリス配合。マグネシウムも加わりミネラル補給もできます。糖分糖度が高いとのことで、ちょい甘さ強めですがさらっとして飲みやすかったです。

メダリスト・・エネルギー系ジェル。ジェルといってもゼリーような食感もあり、ジェルのねっとり感に飽きてきた方にもいいかもしれません。次に食べるのが楽しみなほど美味しかったですよ。今回はグレープフルーツとアップルでした。

エナジーゼリー・・今回のレース中、中盤以降の右脚の痛みを軽くしてくれたのがコレと言いたいほどの、私にとっては気分転換&楽しむためのエナジーゼリー。深煎りコーヒーの風味とほのかに甘い味がとても癒されました。

北海道もやっと暖かくなってきましたね!レースに向けてトレーニングに勤しむランナーのみなさん、足つりには最善の対策を!!

北大店 ほり


by shugakuso4 | 2019-04-14 08:03 | 北大店 グッズ

ビーコン講習会

ビーコン講習会

ビーコン講習会_d0198793_17162519.jpg

これからビーコンを購入しようと考えている方
すでに持っていて使い方を練習したい方
初心者を対象とした商品説明と使い方の講習会です101.png


日時 第1回 12月2日(日)
    2回 12月22日(土)
    3回  1月13日(日)
各回 10:30~13:30位を予定しています



場所 秀岳荘北大店、およびその周辺(野外でも行います)

定員 5.6人位

持ち物   お持ちであればビーコン(貸出あり)
      防寒着(ジャケット・長靴・手袋など)

野外での捜索練習を予定しておりますので,
積雪の中を動ける恰好
でお願いします

参加ご希望の方は北大店1F村山まで104.png


by shugakuso4 | 2018-11-08 17:25 | 北大店 グッズ

風不死岳から楓沢へ

北大店1階の宮崎です。

10月12日(金)に風不死岳に登って、楓沢から下りてきました。

前日の夜から雨が降っていて不安な天気でしたが、

風不死岳の登山口から登り始める頃には

おおかた雨は止んでくれました。

7時40分登山開始

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17332969.jpg

紅葉した落ち葉が積もる登山道を歩き進みます。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17335150.jpg

木の根が落ち葉に隠れていて滑りやすくなっていました。

振り返ると恵庭岳

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17340694.jpg

空が雨雲→青空になっていくにつれて

支笏湖の湖面も灰色→青色に変化していき、

とても綺麗でした。

八合目の札が倒れています。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17342620.jpg

ロープがつけられている少し急な斜面を登って、

細尾根を歩いて頂上へ。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17354979.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17343604.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17344739.jpg

恵庭岳の全貌を見下ろせます。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17363951.jpg

樽前山もこんなに近くに見えます。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17364897.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17365226.jpg

風不死岳から楓沢へ向かう途中で懸垂下降の練習をしました。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17370906.jpg

楓沢へ向かう道には看板などは有りませんが

ケルンや時折現れるピンクテープを目印に進みました。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17372863.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17373781.jpg

沢の中はとても歩きやすいです。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17374813.jpg

道が細くなってきて両壁がコケに覆われてきます。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17380568.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17381734.jpg

天然の日本庭園

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17390209.jpg

天然のコケ玉

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17384070.jpg
陽が射して緑がキレイです
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17390770.jpg

まるでコケで覆われた巨大な彫刻作品の中を歩いている様な不思議な感じ

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17404007.jpg

道の途中で滝になっている場所は巻道を通ります。

風不死岳から楓沢へ_d0198793_17405873.jpg
風不死岳から楓沢へ_d0198793_17410317.jpg

風不死岳に登っている時は支笏湖や恵庭岳の美しい景色を楽しみ、

頂上から楓沢の入り口まではルート探しが面白く、

楓沢に入ってからは

コケの作品を楽しみながら草木が多い茂る巻道の中をかき分けていく冒険感、

私の大好きな動物たち(カナヘビとキツネ)にも会えて、

全行程7時間10分の間にたくさんの経験ができました。


by shugakuso4 | 2018-10-14 17:42 | 北大店 グッズ

~~尾瀬4日目・8月24日~~

この日の予定は

『龍宮小屋』

→ヨッピ吊り橋

→平滑ノ滝(ヒラナメノタキ)

→三条ノ滝

→御池

→桧枝岐村(ヒノエマタムラ)の民宿に宿泊

6時 朝食

ヘルシーな和食です。

コーヒーやココアをサービスで飲むことができました。

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14392375.jpg

昨晩は台風の影響を受けて暴風&大雨。

朝方まで降っていましたが、

7時30分 雨が止んだので出発。

8時05分 ヨッピ吊り橋到着

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14400758.jpg

東電小屋と燧ヶ岳を背景に一枚↓

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14401494.jpg

露払いが必要かと思って雨具を来ていましたが、

気温が高かったためか草はあまり濡れていませんでした。

やはり雨に濡れた木道は滑り易かったです。

しばらく湿原と歩き難い森林の中を歩いて、

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14401983.jpg

平滑ノ滝↓

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14402355.jpg

そこから40分程歩いて三条ノ滝

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14410452.jpg

三条ノ滝の展望台は急な階段を下りなければいけませんでした。

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14404549.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14404994.jpg

ここから御池までの道の始めは急斜面が続きます。
尾瀬を歩いていた中で一番きつい登りでした。

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14425623.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14431871.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14432211.jpg

燧ヶ岳の裾野を歩くので景色はあまり良くなく、

森の中をひたすら前進します。

途中で大・小の湿原の中を通ります。

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14462299.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14462979.jpg

13時30分 御池到着

この日の宿は桧枝岐村の民宿『松源(ショウゲン)』さん

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14445802.jpg

夕ご飯まで時間があったので

近くにある『燧の湯(ヒウチノユ)』に入ったあと、

桧枝岐村を探険しました。

歌舞伎の舞台

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14472092.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14472539.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14465904.jpg

温泉のお湯が噴き出ているミズバショウのモニュメント

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14474381.jpg

村の中を歩いていると出会った桧枝岐村のみなさんが

「こんにちは!」と声をかけてくれる

心が温かくなる素敵な村です。

会津駒ヶ岳や福島県側から尾瀬に訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

『松源』さんの夕ご飯がものすごかったです

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14483192.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14484088.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14513350.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14514192.jpg
尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14514638.jpg


↓中央はサンショウウオのてんぷら

尾瀬散策~4日目・三条ノ滝と桧枝岐村民宿_d0198793_14484588.jpg

今回の尾瀬めぐりで一番悩んだのは持ち物でした。

結局登山服は身に着けている一組の他にもう一組分と、

寝るときに着る薄めの上下一組で足りました。

その他に手拭いを数枚と入浴後の為のタオルを一枚持って、

服類だけで10L位の容量になりました。

行動食はいつも日帰り登山で持って行く3倍の量を準備して行きましたが、

三食しっかり食べることができたのであまり必要はありませんでした。

尾瀬では自分で出したごみを全て持ち帰ることになるので、

包装紙などがあまり出ない食べ物を持っていく方が良いです。

小屋ではお風呂に入ることができますが、

シャンプー・石鹸・歯磨き粉を使うことはできません。

素洗いだけで数日過ごすのは少し辛かったです。

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-26 14:53 | 北大店 グッズ

STC試食、試飲会行います

シリアスアスリート大注目!!
STC、sports OXY shot 

試食、試飲会を行います

STC試食、試飲会行います_d0198793_12133032.jpg


9月29日(土) 北大店1F 11時~17時
9月30日(日) 白石店1F 11時~17時

当日は輸入元である㈱T&R様をお招きし
専門的な商品説明、効果についても詳しくご案内させていただきます101.png

味や食感等、色々と試せる貴重なチャンスです169.png
ご興味をお持ちの方、この機会に是非お立ち寄りください177.png

北大店1F



by shugakuso4 | 2018-09-23 14:05 | 北大店 グッズ