人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:北大店 グッズ( 180 )

アスリートを宮崎の食材で応援するために生まれたジェル「低GI 宮崎エナジージェル」北大店で新入荷!!

宮崎の特産果実を使用したフルーツゼリーを製造販売する「ひょっとこ堂」さんと、
九州をメインにトレイルランニングなどの開催運営を行う「ユニバーサルフィールド」さんが共同開発した、"レースだけでなく普段も食べたくなる" エナジージェルのご紹介です
d0198793_23455646.jpg
低GIタイプの味はへべす・日向夏・マンゴーの3種類
小サイズは40gで100Kcal摂取できます(税込270円)

特徴は化学調味料を使わず無添加&低GI食品「アップルハニー」を使用していること。
運動中の糖質補給は大切ですが、スポーツサプリメントなどは体内への糖質吸収効率が良いため急激に血糖値が上がり、体はそれを一生懸命下げようと働きかけます。それが体や胃腸に負担をかけ、疲労や胃腸トラブルのリスクが高まってしまいます。

そこで注目されているのが「アップルハニー」
低GI食品であるりんご(GI値36)の果汁を極限まで濃縮・濾過して作られた無香・無色の糖液。
血糖値が上がりにくく、安定した血糖値を維持するため体への負担を軽減する効果があります。


気になる食感・お味は、個人の感覚ですが以下の通り(甘さ指数は5点満点)


↓へべす(平兵衛酢・宮崎県日向市特産の柑橘)・・・食感は、数あるジェルの中ではサラッとしています。爽やかな酸味もあります。けっこう甘め(甘さ指数4)
d0198793_23455762.jpg

この度「へべす」っていう柑橘があることを初めて知りました105.png(知らない方のために!)すだちより少し大きいくらいです。
d0198793_00495376.png


↓日向夏(ひゅうがなつ)・・・へべすよりは少し甘さ控えめで、ほのかな苦味・酸味もあります(甘さ指数3)
d0198793_23455793.jpg


↓マンゴー・・・宮崎といえばマンゴー113.png3つの中で一番甘いような。リッチな本格マンゴーの甘さで美味しいジャムといった感じ(甘さ指数5)
d0198793_23455623.jpg


チビチビ摂取したい方には蓋が開閉できる大サイズも入荷してます↓
d0198793_23455618.jpg

160gで400kcal
972円(税込)


見ためが涼しげで夏山トレイルシーズンにぴったり、南国の雰囲気漂うパッケージ。
売り場の陳列棚に並ぶジェルの中ではひときわ鮮やかに目立ちます!

トレランをする方はもちろん、登山をする方にもぜひ。山に行くのが楽しみになるジェルですよ^^
※こちらの商品は北大店のみの扱いとなります


北大店グッズ売場


by shugakuso4 | 2019-04-20 01:55 | 北大店 グッズ
関東では桜が満開の4月7日に「第21回青梅高水国際トレイルラン」30kに参加させていただきました。

d0198793_23353773.jpg

この日の青梅周辺の最高気温は20度ほど!
日差しも眩しく半袖&短パンでちょうど良いピーカンお天気174.png
これだけでもテンション上がります!

今年で21回目の青梅高水国際トレイル・・・歴代優勝者には鏑木毅さん、望月将吾さん、奥宮俊祐さんなど、そうそうたる顔ぶれ!150.png 21年も前からトレランの大会が行なわれていたことにもびっくり。

今年のエントリーは30kと15k合わせて2400名!都心から電車で約1時間、アクセスが良く、青梅駅から歩いて5分ほどでスタート地点に立てるという参加しやすさもあるでしょうね。
エントリー開始時点の名称は「青梅高水山トレイル」でしたが、外国人選手の参加が200名を超えたことで急遽「国際」を入れた名称に変えたそうで(笑)
英語だけでなくアジアやインド系の会話も聞こえてました。

開催エリアと30kのコースです↓
10月のハセツネ開催のエリア(黄)からほど近い、JR線をはさんだ右上のエリア(赤)。
d0198793_23523611.jpg
奥多摩周辺は東京最高峰の雲取山や、青梅のおとなり「御岳(みたけ)」は外岩ボルダー御用達、また最近トレイルランナーにも人気の高尾にも近く、アクティビティに最適。都心からのアクセスも良いので移住者も増えているようです。


この大会の名物(?)開会式後のみんなでエアロビクス(30分も!長い!)で体をあたため、トイレ行列の後にやっとスタート地点へ。

昨年の奥久慈トレイルの教訓から、列の前方に並んでおかないと渋滞のせいでまたタイムアウトになってしまうとあせりつつ、一応写真は撮る!
d0198793_23523758.jpg
位置についたのは真ん中くらい。
なんとなく手足をストレッチしつつ、参加者の靴と装備チェックしたり。
d0198793_23523795.jpg

スタート後、グラウンドを出るとすぐに山の中のトレイルへ。
雪のない山を走れる嬉しさで思い切り走りたいところですが、さっそくこの渋滞。。
d0198793_23353845.jpg
エイドは2ヶ所+私設エイド1ヶ所。
d0198793_08455293.jpg


折り返し地点の青梅のパワースポット「高水山常福院」の境内でお参りをし、赤い「獅子鈴」をもらうことがルール。そして復路にさしかかる。
ここまでは心配していた右脚チョウケイの痛みもなくとても順調でした。
d0198793_23353773.jpg


!!しかし!!!143.png
下り始めたらいきなりチョーケイが痛み出したのです。。。
こりゃやばいな~~と右膝の外側を刺激しないようにかばいながら降りていたら、右膝の内側がつりそうな感覚143.png 143.png
だましだましその下り坂を下りきって、第一関門を超えた時に、
今度はいきなり右脚ふくらはぎがつって激痛!! 145.png145.png145.png

その場でうずくまっていると、外人さんグループが「ダイジョウブ??」と声をかけてくれたので「おーけーおーけーせんきゅう」と返す105.png
しかし痛みはおさまらず!
とりあえず塩熱サプリとマグオンを食べ水分補給しながらゆっくり走り出す。


しかし下りでは足が曲げられなくて走ることができない状態になり、さっき抜いた人たちに次々に抜かされ145.png
平地と上りでは少し足がラクになり、そこで走って追いつくの繰り返し。

d0198793_01564306.jpg
本当なら気持ち良く走れる区間のはずなのに走れないのが悔しすぎる。。


d0198793_23353848.jpg
桜を見ながら。ゴールはもうすぐ!


d0198793_02423247.jpg
なんとか制限時間の4時間50分はギリギリ切れました119.png
総合順位は約1000人中、中の下くらいでした。。
足を治さないと~~





ここで、今回使用したザックとエネルギージェル↓

d0198793_23353815.jpg
パーゴワークスの2019SS新モデル「rush5r」
今大会の必須装備がケガ防止のための手袋と500ml以上の飲み物のみ。軽くしたくてベルトにするか迷いながらも、新型ザックのお試しも兼ねて使うことに。

今回は天気が良くてレインウエアが要る心配もなかったので、メインの荷室には気持ち程度のウインドシェル&貴重品のみ。前面と脇下のポケットにジェルを分散して入れて十分余裕。水(電解質入り)を500mlフラスコ×2本。

メイン荷室が上方に配置されているので、重心が上になり前に進みやすい感覚。
そして何がいいかといえばやはりポケットの配置が気がきいていて、フロントベルトに左右2個ずつ、両脇下に2個ずつ、手の届くところに計8個ものポケット。とくに脇下収納が重宝しました。ジェルのゴミを入れる用ポケットを作れるほどポケットが多用できるので飲み終わってポケットにゴミを入れるときのストレスがなかったです。
あえていうと脇下のポケットのチャックを開けようとした時に、そのすぐ下に付いている胴回りサイズ調整用のバンジーコードをひっぱってしまうことが何度かありました。。


ジェルは今までの大会で常用のマグオンと塩熱サプリ。はい、足つり防止がメインです。足つりはほんと苦痛ですからね!143.png

他には今回初めて試すものとして、
ベスパハイパー・・天然スズメバチ抽出液・ローヤルゼリー・プロポリス・はちみつを配合し、脂肪を優先的にエネルギーに変えてくれる効果があります。女性も気になるこの効果!持久力アップにも期待できます。天然アミノ酸なので即効性もあり。スタート前や途中にも飲用しました→これのおかげか、足が痛み出すまではとても調子よく、登りも下りも力を出せた感じでした。

ハニーアクションエナジー・・はちみつ・クエン酸・ローヤルゼリー・プロポリス配合。マグネシウムも加わりミネラル補給もできます。糖分糖度が高いとのことで、ちょい甘さ強めですがさらっとして飲みやすかったです。

メダリスト・・エネルギー系ジェル。ジェルといってもゼリーような食感もあり、ジェルのねっとり感に飽きてきた方にもいいかもしれません。次に食べるのが楽しみなほど美味しかったですよ。今回はグレープフルーツとアップルでした。

エナジーゼリー・・今回のレース中、中盤以降の右脚の痛みを軽くしてくれたのがコレと言いたいほどの、私にとっては気分転換&楽しむためのエナジーゼリー。深煎りコーヒーの風味とほのかに甘い味がとても癒されました。

北海道もやっと暖かくなってきましたね!レースに向けてトレーニングに勤しむランナーのみなさん、足つりには最善の対策を!!

北大店 ほり


by shugakuso4 | 2019-04-14 08:03 | 北大店 グッズ

ビーコン講習会

ビーコン講習会

d0198793_17162519.jpg

これからビーコンを購入しようと考えている方
すでに持っていて使い方を練習したい方
初心者を対象とした商品説明と使い方の講習会です101.png


日時 第1回 12月2日(日)
    2回 12月22日(土)
    3回  1月13日(日)
各回 10:30~13:30位を予定しています



場所 秀岳荘北大店、およびその周辺(野外でも行います)

定員 5.6人位

持ち物   お持ちであればビーコン(貸出あり)
      防寒着(ジャケット・長靴・手袋など)

野外での捜索練習を予定しておりますので,
積雪の中を動ける恰好
でお願いします

参加ご希望の方は北大店1F村山まで104.png


by shugakuso4 | 2018-11-08 17:25 | 北大店 グッズ

風不死岳から楓沢へ

北大店1階の宮崎です。

10月12日(金)に風不死岳に登って、楓沢から下りてきました。

前日の夜から雨が降っていて不安な天気でしたが、

風不死岳の登山口から登り始める頃には

おおかた雨は止んでくれました。

7時40分登山開始

d0198793_17332969.jpg

紅葉した落ち葉が積もる登山道を歩き進みます。

d0198793_17335150.jpg

木の根が落ち葉に隠れていて滑りやすくなっていました。

振り返ると恵庭岳

d0198793_17340694.jpg

空が雨雲→青空になっていくにつれて

支笏湖の湖面も灰色→青色に変化していき、

とても綺麗でした。

八合目の札が倒れています。

d0198793_17342620.jpg

ロープがつけられている少し急な斜面を登って、

細尾根を歩いて頂上へ。

d0198793_17354979.jpg
d0198793_17343604.jpg
d0198793_17344739.jpg

恵庭岳の全貌を見下ろせます。

d0198793_17363951.jpg

樽前山もこんなに近くに見えます。

d0198793_17364897.jpg
d0198793_17365226.jpg

風不死岳から楓沢へ向かう途中で懸垂下降の練習をしました。

d0198793_17370906.jpg

楓沢へ向かう道には看板などは有りませんが

ケルンや時折現れるピンクテープを目印に進みました。

d0198793_17372863.jpg
d0198793_17373781.jpg

沢の中はとても歩きやすいです。

d0198793_17374813.jpg

道が細くなってきて両壁がコケに覆われてきます。

d0198793_17380568.jpg
d0198793_17381734.jpg

天然の日本庭園

d0198793_17390209.jpg

天然のコケ玉

d0198793_17384070.jpg
陽が射して緑がキレイです
d0198793_17390770.jpg

まるでコケで覆われた巨大な彫刻作品の中を歩いている様な不思議な感じ

d0198793_17404007.jpg

道の途中で滝になっている場所は巻道を通ります。

d0198793_17405873.jpg
d0198793_17410317.jpg

風不死岳に登っている時は支笏湖や恵庭岳の美しい景色を楽しみ、

頂上から楓沢の入り口まではルート探しが面白く、

楓沢に入ってからは

コケの作品を楽しみながら草木が多い茂る巻道の中をかき分けていく冒険感、

私の大好きな動物たち(カナヘビとキツネ)にも会えて、

全行程7時間10分の間にたくさんの経験ができました。


by shugakuso4 | 2018-10-14 17:42 | 北大店 グッズ

~~尾瀬4日目・8月24日~~

この日の予定は

『龍宮小屋』

→ヨッピ吊り橋

→平滑ノ滝(ヒラナメノタキ)

→三条ノ滝

→御池

→桧枝岐村(ヒノエマタムラ)の民宿に宿泊

6時 朝食

ヘルシーな和食です。

コーヒーやココアをサービスで飲むことができました。

d0198793_14392375.jpg

昨晩は台風の影響を受けて暴風&大雨。

朝方まで降っていましたが、

7時30分 雨が止んだので出発。

8時05分 ヨッピ吊り橋到着

d0198793_14400758.jpg

東電小屋と燧ヶ岳を背景に一枚↓

d0198793_14401494.jpg

露払いが必要かと思って雨具を来ていましたが、

気温が高かったためか草はあまり濡れていませんでした。

やはり雨に濡れた木道は滑り易かったです。

しばらく湿原と歩き難い森林の中を歩いて、

d0198793_14401983.jpg

平滑ノ滝↓

d0198793_14402355.jpg

そこから40分程歩いて三条ノ滝

d0198793_14410452.jpg

三条ノ滝の展望台は急な階段を下りなければいけませんでした。

d0198793_14404549.jpg
d0198793_14404994.jpg

ここから御池までの道の始めは急斜面が続きます。
尾瀬を歩いていた中で一番きつい登りでした。

d0198793_14425623.jpg
d0198793_14431871.jpg
d0198793_14432211.jpg

燧ヶ岳の裾野を歩くので景色はあまり良くなく、

森の中をひたすら前進します。

途中で大・小の湿原の中を通ります。

d0198793_14462299.jpg
d0198793_14462979.jpg

13時30分 御池到着

この日の宿は桧枝岐村の民宿『松源(ショウゲン)』さん

d0198793_14445802.jpg

夕ご飯まで時間があったので

近くにある『燧の湯(ヒウチノユ)』に入ったあと、

桧枝岐村を探険しました。

歌舞伎の舞台

d0198793_14472092.jpg
d0198793_14472539.jpg
d0198793_14465904.jpg

温泉のお湯が噴き出ているミズバショウのモニュメント

d0198793_14474381.jpg

村の中を歩いていると出会った桧枝岐村のみなさんが

「こんにちは!」と声をかけてくれる

心が温かくなる素敵な村です。

会津駒ヶ岳や福島県側から尾瀬に訪れる際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

『松源』さんの夕ご飯がものすごかったです

d0198793_14483192.jpg
d0198793_14484088.jpg
d0198793_14513350.jpg
d0198793_14514192.jpg
d0198793_14514638.jpg


↓中央はサンショウウオのてんぷら

d0198793_14484588.jpg

今回の尾瀬めぐりで一番悩んだのは持ち物でした。

結局登山服は身に着けている一組の他にもう一組分と、

寝るときに着る薄めの上下一組で足りました。

その他に手拭いを数枚と入浴後の為のタオルを一枚持って、

服類だけで10L位の容量になりました。

行動食はいつも日帰り登山で持って行く3倍の量を準備して行きましたが、

三食しっかり食べることができたのであまり必要はありませんでした。

尾瀬では自分で出したごみを全て持ち帰ることになるので、

包装紙などがあまり出ない食べ物を持っていく方が良いです。

小屋ではお風呂に入ることができますが、

シャンプー・石鹸・歯磨き粉を使うことはできません。

素洗いだけで数日過ごすのは少し辛かったです。

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-26 14:53 | 北大店 グッズ

STC試食、試飲会行います

シリアスアスリート大注目!!
STC、sports OXY shot 

試食、試飲会を行います

d0198793_12133032.jpg


9月29日(土) 北大店1F 11時~17時
9月30日(日) 白石店1F 11時~17時

当日は輸入元である㈱T&R様をお招きし
専門的な商品説明、効果についても詳しくご案内させていただきます101.png

味や食感等、色々と試せる貴重なチャンスです169.png
ご興味をお持ちの方、この機会に是非お立ち寄りください177.png

北大店1F



by shugakuso4 | 2018-09-23 14:05 | 北大店 グッズ

~~尾瀬3日目・8月23日~~

4時起床

夕食があれほど豪華だったので

本当は朝ご飯も小屋で食べてみたかったのですが、

早目に出発する為に“朝弁当”を作ってもらい、

昨日の夕食後に受け取りました。

d0198793_17553889.jpg

この日の予定は

『山乃鼻小屋』

→至仏山山頂

→小至仏山山頂

→鳩待峠

→山ノ鼻

→竜宮十字路にある『龍宮小屋』宿泊

5時07分 『山乃鼻小屋』出発

また山ノ鼻へ戻ってくるので

使わない荷物を小屋に置かせてもらいました。

早く出発した甲斐があって、

湿原特有の朝霧の中を通って登山開始

d0198793_18152095.jpg
d0198793_18151512.jpg
d0198793_18152425.jpg
d0198793_18152894.jpg

↓振り返ると尾瀬ヶ原の向こうに燧ヶ岳

d0198793_18174070.jpg

陽が上ってくるにつれて

自分の高度があがるにつれて

刻々と景色と色合いが変わるので、

何度も振り返り立ち止まってしまいます。

足元は蛇紋岩が多く、

少しでも靴底が濡れていると滑ります。

雨の日には登らない方が良いです。

登山道はきつい斜面が続くのですが、

足元の岩はしっかりしているし、

木道や階段も敷かれているので、

あまり辛くはありませんでした。

d0198793_18154555.jpg
d0198793_18185975.jpg

ひどく傾いている階段もあります。

d0198793_18195529.jpg

あえてそこを歩くと、ちょっとしたスリルを味わえます。

クサリ場も何カ所かありますが

足元が乾いているお陰もあって、

クサリを摑まなくても歩けるような足場でした。

d0198793_18202790.jpg
d0198793_18203259.jpg
d0198793_18203865.jpg

歩いてきた道を振り返ると、

燧ヶ岳と尾瀬ヶ原、

中央少し右側には横田代が見えます↓

d0198793_18213589.jpg
登っている途中で見つけた花々

d0198793_18221766.jpg
d0198793_18222270.jpg
d0198793_18222678.jpg
d0198793_18223135.jpg
d0198793_18223591.jpg
d0198793_18224024.jpg

8時10分 至仏山の頂上到着

天気が良く360度周辺の山を見渡せます

d0198793_18233740.jpg

至仏山→小至仏山までの道
d0198793_18240440.jpg
d0198793_18250387.jpg

11時15分 鳩待峠到着

d0198793_18251642.jpg

鳩待峠→山ノ鼻までは緩い下りで木道が敷いてあるので

小さな子供さんも歩いていました。

お昼ご飯は『山乃鼻小屋』でカツカレー111.png

メニューも沢山あります

d0198793_18255972.jpg
d0198793_18254767.jpg
d0198793_18255177.jpg

ボッカさんの荷物を見つけました。

すごい荷物です。

このようにボッカさんが運んできてくれるので、

小屋では新鮮な野菜を食べれるのですね。

d0198793_18263596.jpg

14時40分 この日の宿『龍宮小屋』に到着

d0198793_18265761.jpg

16時にお風呂

17時30分 夕ご飯

d0198793_18271584.jpg

20時から尾瀬の植物についての映像を見せてくれました。

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-20 18:35 | 北大店 グッズ


~~尾瀬2日目・8月22日~~

6時 朝食

朝の味噌汁は身体に沁みます

d0198793_17503933.jpg

この日の予定は

『長蔵小屋』出発

→地図でいうと尾瀬沼の下半分の岸を歩いて

→沼尻平

→見晴(ミハラシ)という小屋が六軒建っている場所を通過し

→そこから尾瀬ヶ原縦断

→至仏山の登山口にあたる山ノ鼻にある『山乃鼻小屋』に宿泊

アップダウンが少なめのコースです。

d0198793_17513312.jpg

6時45分 小屋出発

とっても天気が良く、

尾瀬沼越しに見える燧ヶ岳が美しい

d0198793_17512345.jpg

8時20分頃

沼尻休憩所到着

d0198793_17513656.jpg

売店の方に

「冷たいクレープもあるよ~!」と声を掛けられ購入

d0198793_17514079.jpg

クレープと沼尻からみた燧ヶ岳

d0198793_17514327.jpg

沼尻から見晴までは沼尻川沿いに森林の中を歩きます。

木道が敷いてあったり無かったりの道。

道幅が狭い箇所もあります。

d0198793_17514769.jpg

10時20分頃

見晴到着

d0198793_17542019.jpg

六軒の小屋が立ち並んでいて小さな街のようになっています。

d0198793_17542641.jpg

友人は生ビールと玉こんにゃくで休憩

d0198793_17543379.jpg
d0198793_17543772.jpg

ここから山ノ鼻までは

“これぞ尾瀬!!”な風景の中を進みます。
進む方向の先には至仏山、

d0198793_17544126.jpg
振り返ると燧ヶ岳

 

d0198793_17544542.jpg

色々な花々・泳ぐ魚・鳥

d0198793_17544930.jpg
d0198793_17545330.jpg
d0198793_17545659.jpg
d0198793_17550023.jpg
d0198793_17550425.jpg
d0198793_17550852.jpg
ミズバショウやニッコウキスゲのシーズンは
どれほど綺麗なのだろうと思います。

お花が好きな人は花が沢山咲くシーズンに訪れるのがやっぱり良いと思います。

観光客が少なく、宿も木道も空いている時期も良いですよ。

きっと今頃は草紅葉が一番きれいな時期だと思います。

13時30分頃 山ノ鼻到着

お昼ご飯は『至仏山荘』でスタミナ丼を食べました。

にんにく醤油で焼いた豚肉がご飯の上に乗っています。

d0198793_17552276.jpg
d0198793_17551480.jpg
d0198793_17551725.jpg
d0198793_17551135.jpg

15時 今夜の宿『山乃鼻山荘』

d0198793_17552791.jpg

16時50分 夕ご飯 

d0198793_17553593.jpg

てんぷらを食べることができるなんて驚きでした!

すごいごちそう!

北大店1階 宮崎


by shugakuso4 | 2018-09-20 18:10 | 北大店 グッズ

北大店1階グッツ売り場の宮崎です。

一か月ほど前になりますが、

8月21日~24日の三泊四日で尾瀬ヶ原を歩いてきました。

『尾瀬』と聞くと、

木道とミズバショウという一般的なイメージが浮かんできます。

しかしそれ以上の事はほとんど知らず、

日本のどの辺りなのかすら分かりませんでした。

調べてみると

お花はミズバショウの他にニッコウキスゲも有名。

福島県・新潟県・群馬県にまたがる大湿原。

湿原の両端には百名山の燧ヶ岳と至仏山がそびえる。

とても魅力的な場所です。

お花が咲く時期はもう終わってしまっていましたが、

今回は二つの百名山に登り、

出来るだけ同じ木道を通らず

尾瀬のできるだけ広い範囲を歩きつくすような行程を立てました。

8月19日の夜~20日 苫小牧→宮城県・仙台へフェリーで移動

8月20日 岩手県在住の友人と仙台で落ち合い、福島県へ移動

福島県側の尾瀬への入り口に当たる桧枝岐村(ヒノエマタムラ)御池(ミイケ)の『御池ロッジ』に宿泊

8月21日(尾瀬1日目)

御池→燧ヶ岳(ヒウチガダケ)頂上→尾瀬沼東岸の『長蔵小屋』宿泊

8月22日(尾瀬2日目)

『長蔵小屋』→沼尻→見晴(ミハラシ)→竜宮十字路→『山の鼻小屋』宿泊

8月23日(尾瀬3日目)

『山の鼻小屋』→至仏山(シブツサン)山頂→鳩待峠→山ノ鼻→『龍宮小屋』宿泊

8月24日(尾瀬4日目)

『龍宮小屋』→ヨッピ吊橋→平滑ノ滝(ヒラナメノタキ)→三条ノ滝→御池



~~尾瀬1日目の前日・8月20日~~

午前10時に仙台フェリーターミナルで友人と合流し、

福島県の観光名所;飯盛山、鶴ヶ城、塔のへつり、大内宿を観光しながら南下。

夕ご飯は大内宿のネギそば。

橋を使わずにネギで食します。時々ネギも齧ります。

d0198793_16545888.jpg

夜19時30分頃に『御池ロッジ』到着。

素泊まりで予約をしていましたが、

翌日の朝食とお昼のお弁当を作ってもらうことにしました。

部屋の中は新築かと思うほど、とてもきれいでした。



~~尾瀬1日目・8月21日~~

6時頃 朝食

d0198793_17110860.jpg

6時48分 『御池ロッジ』からすぐの所にある登山口から出発

d0198793_17084230.jpg

この日の目標の燧ヶ岳は二つの峰を持っています。

御池から登っていくと最初に到着するのが俎嵓(マナイタグラ)(2346m)

そこから30分ほどで二つ目の峰の柴安嵓(シバヤスグラ)(2356m)頂上に着きます。

標高差850mほど。東北以北で最高峰の山。



御池から俎嵓までは、

坂道→湿原(広沢田代)→坂道→湿原(熊沢田代)→坂道を登り切って頂上!という

途中途中で天然の美しい休憩場所が設けられているコースです。

 

3時間43分で俎嵓頂上到着。

d0198793_17175971.jpg

↓『御池ロッジ』で作ってもらったお弁当

d0198793_17200707.jpg

俎嵓頂上からは尾瀬沼を全体をきれいに見下ろすことができますが、
尾瀬ヶ原は一部欠けてしまい、

全体を捉えることはできません。

↓俎嵓頂上から見た尾瀬沼

d0198793_17210626.jpg

俎嵓頂上までで疲れてしまった相棒にザックを預け、

一人で柴安嵓へ!


↓俎嵓から見た柴安嵓の頂上

d0198793_17254460.jpg

雲間から尾瀬ヶ原全体が見えたときは感動しました!

d0198793_17255473.jpg
d0198793_17255059.jpg

広いですね~

残念ながら湿原の向こう側が曇っており、

尾瀬ヶ原の向こう端にあるはずの至仏山は眺めることはできませんでした。

柴安嵓から俎嵓頂上へ一旦戻り、

ミノブチ岳を通過し長英新道を通って

今日の宿の『長蔵小屋』へ。



下り始めはしっかりとした坂道。

登山道が掘れていたりして歩き難いところがあります。

オニアザミが登山道の両側で咲き乱れている場所があり、

長袖の上から棘が刺さってきたりしました。

d0198793_17275695.jpg

それが終わるとだらだらの下り道。

今日の目標である燧ヶ岳登頂を果たし後は宿でくつろぐだけなのに、

だらだらと続く下り道はなかなか着かず

歩くのがいやになってきます。

↓ニッコウキスゲが咲き乱れることで有名な大江湿原

d0198793_17275993.jpg
15時21分 長蔵小屋到着

d0198793_17280910.jpg
d0198793_17280304.jpg

部屋の中↓

窓際に靴置き、物干しスペースがあります。

d0198793_17290719.jpg
洗面所・お風呂 、団らん室、売店
d0198793_17291208.jpg

d0198793_17292491.jpg
d0198793_17292815.jpg

トイレが水洗になっているのに驚きました。

d0198793_17292091.jpg
d0198793_17293245.jpg
d0198793_17293550.jpg
d0198793_17293924.jpg
d0198793_17372522.jpg


受付の小さな売店で秀岳荘のスパッツを販売してくれています

d0198793_17294249.jpg

売店では飲み物やお菓子が充実しています

d0198793_17295450.jpg

d0198793_17295135.jpg

小屋屋の目の前から湧水が出ています

d0198793_17295928.jpg

16時お風呂

17時30分~夕食

夕食はハンバーグ チョコレートムースケーキ付

d0198793_17301136.jpg
d0198793_17301684.jpg


夜の20時に小屋のスタッフの方が

手作りのプラネタリウムで星座の説明をしてくれました。

説明が終わったあと実際に夜空の★を見ながら

プラネタリウムで教えてもらったことを確かめることができました。


by shugakuso4 | 2018-09-20 17:46 | 北大店 グッズ

北大店一階グッズコーナーの宮崎です。
7月17日~18日で
吹上温泉→十勝岳→上ホロ避難小屋宿泊→富良野岳→十勝岳温泉へ縦走してきました。

~~ 一日目(17日) ~~
朝8時40分 吹上温泉から登山開始

d0198793_16285731.jpg
d0198793_16294983.jpg


気づきにくいですが、十勝岳爆発記念碑を見つけ、

d0198793_16312008.jpg

川を渡ります。
d0198793_16323512.jpg
d0198793_16324513.jpg


九条条武子歌碑なんかもあります。
d0198793_16342205.jpg

十勝岳の頂上の方が雲に隠れています↓
d0198793_16353459.jpg

10時 十勝岳避難小屋に到着
d0198793_16444236.jpg

小屋を過ぎてからは砂利道を歩きます。
d0198793_16463522.jpg

傾斜もきつく、重い荷物を背負って歩くのはなかなか大変でした。
d0198793_16464568.jpg

↑頑張っています136.png
火口にはまだ雪が残っています。
d0198793_16503419.jpg

頂上に近くなるにつれてガスが濃くなってきました。
d0198793_16503419.jpg

下山してくる方々に道を尋ねられます。
d0198793_16503877.jpg

このようなガスの中では注意していないと
道を外れてしまいますね122.png
13時20分頃十勝岳山頂到着。
d0198793_16542694.jpg

ここからは
急な砂利道を転がり下り↓
d0198793_16560568.jpg

大砲岩を確認して↓
d0198793_16560937.jpg

周りの景色が全く見えない中 稜線を歩いて、
d0198793_16561343.jpg

14時22分 上ホロカメットク山避難小屋に到着。
一日目は5時間50分の山歩き。
夕食は↓
d0198793_17041033.jpg

カレー(福神漬付き)&ハンバーグ&オニオンスープ110.png

~~ 二日目(18日) ~~
朝4時起床
朝食は↓
d0198793_17061497.jpg

ラーメン&ごぼうサラダ&ポテトサラダ&トマト111.png
ラーメンの塩気が身に沁みます113.png
d0198793_17112116.jpg

朝5時40分 濃霧と強風の中を出発
6時02分 上ホロカメットク山山頂
6時30分 上富良野岳山頂
7時00分 三峰山に到着

せっかくの稜線歩きなのに、がスのせいで景色が見られず、
露のせいで服もザックも濡れてしまいました137.png
d0198793_17324916.jpg

しかし富良野岳に近づくにつれて、空の雲も薄くなっていき、
いろんな花も咲いてきました162.png
d0198793_17331514.jpg
d0198793_17333582.jpg
d0198793_17334651.jpg
d0198793_17335335.jpg
d0198793_17340540.jpg
d0198793_17341482.jpg
d0198793_17343886.jpg
d0198793_17345508.jpg
d0198793_17354145.jpg
d0198793_17354722.jpg
d0198793_17355200.jpg
d0198793_17355502.jpg
d0198793_17355921.jpg
d0198793_17360541.jpg
d0198793_17360996.jpg
d0198793_17361690.jpg
d0198793_17362095.jpg
d0198793_17363658.jpg
d0198793_17364289.jpg
d0198793_17372570.jpg
d0198793_17373007.jpg

富良野岳の頂上は晴れている様子
d0198793_17445585.jpg

8時50 富良野岳山頂到着
d0198793_17475035.jpg

13時10分頃 十勝岳温泉へ下山
二日目は6時間30分ほどの山歩きでした。

今回は天気があまり良くなかったため、
稜線からのきれいな景色を眺めることはできませんでした。
ですが花で有名な富良野岳あって、
様々な種類の花に会うことができました!


by shugakuso4 | 2018-07-20 18:48 | 北大店 グッズ