秀岳荘みんなのブログ!!

shugakuso4.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北大店 グッズ( 171 )

北大店一階グッズコーナーの宮崎です。
7月17日~18日で
吹上温泉→十勝岳→上ホロ避難小屋宿泊→富良野岳→十勝岳温泉へ縦走してきました。

~~ 一日目(17日) ~~
朝8時40分 吹上温泉から登山開始

d0198793_16285731.jpg
d0198793_16294983.jpg


気づきにくいですが、十勝岳爆発記念碑を見つけ、

d0198793_16312008.jpg

川を渡ります。
d0198793_16323512.jpg
d0198793_16324513.jpg


九条条武子歌碑なんかもあります。
d0198793_16342205.jpg

十勝岳の頂上の方が雲に隠れています↓
d0198793_16353459.jpg

10時 十勝岳避難小屋に到着
d0198793_16444236.jpg

小屋を過ぎてからは砂利道を歩きます。
d0198793_16463522.jpg

傾斜もきつく、重い荷物を背負って歩くのはなかなか大変でした。
d0198793_16464568.jpg

↑頑張っています136.png
火口にはまだ雪が残っています。
d0198793_16503419.jpg

頂上に近くなるにつれてガスが濃くなってきました。
d0198793_16503419.jpg

下山してくる方々に道を尋ねられます。
d0198793_16503877.jpg

このようなガスの中では注意していないと
道を外れてしまいますね122.png
13時20分頃十勝岳山頂到着。
d0198793_16542694.jpg

ここからは
急な砂利道を転がり下り↓
d0198793_16560568.jpg

大砲岩を確認して↓
d0198793_16560937.jpg

周りの景色が全く見えない中 稜線を歩いて、
d0198793_16561343.jpg

14時22分 上ホロカメットク山避難小屋に到着。
一日目は5時間50分の山歩き。
夕食は↓
d0198793_17041033.jpg

カレー(福神漬付き)&ハンバーグ&オニオンスープ110.png

~~ 二日目(18日) ~~
朝4時起床
朝食は↓
d0198793_17061497.jpg

ラーメン&ごぼうサラダ&ポテトサラダ&トマト111.png
ラーメンの塩気が身に沁みます113.png
d0198793_17112116.jpg

朝5時40分 濃霧と強風の中を出発
6時02分 上ホロカメットク山山頂
6時30分 上富良野岳山頂
7時00分 三峰山に到着

せっかくの稜線歩きなのに、がスのせいで景色が見られず、
露のせいで服もザックも濡れてしまいました137.png
d0198793_17324916.jpg

しかし富良野岳に近づくにつれて、空の雲も薄くなっていき、
いろんな花も咲いてきました162.png
d0198793_17331514.jpg
d0198793_17333582.jpg
d0198793_17334651.jpg
d0198793_17335335.jpg
d0198793_17340540.jpg
d0198793_17341482.jpg
d0198793_17343886.jpg
d0198793_17345508.jpg
d0198793_17354145.jpg
d0198793_17354722.jpg
d0198793_17355200.jpg
d0198793_17355502.jpg
d0198793_17355921.jpg
d0198793_17360541.jpg
d0198793_17360996.jpg
d0198793_17361690.jpg
d0198793_17362095.jpg
d0198793_17363658.jpg
d0198793_17364289.jpg
d0198793_17372570.jpg
d0198793_17373007.jpg

富良野岳の頂上は晴れている様子
d0198793_17445585.jpg

8時50 富良野岳山頂到着
d0198793_17475035.jpg

13時10分頃 十勝岳温泉へ下山
二日目は6時間30分ほどの山歩きでした。

今回は天気があまり良くなかったため、
稜線からのきれいな景色を眺めることはできませんでした。
ですが花で有名な富良野岳あって、
様々な種類の花に会うことができました!


by shugakuso4 | 2018-07-20 18:48 | 北大店 グッズ

北大店グッズコーナーの宮崎です。
7月9日(月)に定山渓天狗岳に登ってきました。

天気は曇り。午後から雨が降る予報でした。
連日の雨の影響で道路が通行止めになっていたり、
道が崩れていたりしました。
なので登山口まで歩いて20分ほど手前で車を止めました。

d0198793_15014128.jpg
登山口↓

d0198793_15125049.jpg
今回はテント泊のトレーニングの為に、
55Lのザックにテントやシュラフなどを詰め込み、
総重量14㎏を背負っています。

コースのはじめの方じは熊の沢の淵を歩き、
何度も徒渉します。
d0198793_15165664.jpg
d0198793_15172118.jpg
バランス感覚の悪い私は
川の中の石の上を落ちないように歩くのもとても苦手122.png
いったい何度川を渡ればよいのか…
三回目までは数えられていましたが、
そのうちに歩くのに集中していたため数え忘れてしまいました105.png

川を無事に渡れた101.png!と
喜ぶのもつかの間、
ロープで崖を登ります↓
d0198793_15344608.jpg
こんな箇所が何度も出てきます。
d0198793_15364151.jpg
d0198793_15402193.jpg
d0198793_15404781.jpg
ザックも重いので
腕と足の力を思いっきり使って自分と荷物を引き上げます。
もう必死です(笑)
d0198793_15415714.jpg
途中で見える滝↑

ちっちゃなカタツムリに癒される110.png
d0198793_15553637.jpg


そして最後の難関!
頂上直下の急なルンゼ(岩溝)
目の前に現れた瞬間、
マジか…最後にコレか…140.png
思いましたが登るしかない!

d0198793_15540558.jpg
d0198793_16004474.jpg
d0198793_15550105.jpg
必死です(笑)

何とか登り切って、頂上113.png
d0198793_16020767.jpg

登山口から上り3時間20分、下り2時間40分
登山口と車までの往復と頂上の休憩を入れると7時間20分ほどの行程でした。

徒渉や崖登りを次々とクリアしながら進み
気づいたら頂上。あっという間でした。
ザックが重かったため時間がかかってしまいましたが、
登り応えのある面白い山でした。









by shugakuso4 | 2018-07-11 16:18 | 北大店 グッズ

北大店一階グッツ売場の宮崎です。
6月5日(月) 札幌の最高気温が30℃に達っしたこの日、
徳舜瞥山(トクシュンベツヤマ)と
お隣のホロホロ山に登ってきました。

午前8時15分に登山開始
徳舜瞥山山頂まで2時間
そこからホロホロ山山頂まで45分
50分ほど休憩し、
下りは2時間20分
全行程で5時間50分の行程でした。

↓徳舜瞥山登山口駐車場
頂上がキレイに見えますね162.png

d0198793_16021644.jpg


↓しばらく森林の中を歩きます。
木陰が涼しい112.png

d0198793_16090068.jpg


↓六合目の手前で小川を渡ります。
水を飲めます111.png

d0198793_16180605.jpg


d0198793_16190795.jpg


↓雪渓も残っています。
滑り落ちそうになるので上りも下りもいつも
“ヤダなぁ~” と思いながらなんとか歩いています(笑)

けっこうな斜面でしょ?
d0198793_16194402.jpg

でも振り返ればキレイな景色↓
d0198793_16201468.jpg


羊蹄山っていつ見ても美しいですよね113.png

179.png179.png登山道の脇には花々179.png179.png

d0198793_16213501.jpg


d0198793_16305793.jpg


d0198793_16310910.jpg


d0198793_16312237.jpg


d0198793_16313407.jpg


d0198793_16314704.jpg


d0198793_16320521.jpg


d0198793_16330450.jpg


d0198793_16331577.jpg


d0198793_16345730.jpg


↓徳舜瞥山の頂上から見たホロホロ山
左側の尖っている部分が頂上

d0198793_16362002.jpg


徳舜瞥山頂上からホロホロ山へは
まず急斜面の砂利道を下ります。
すべり易いのでこういう道もとっても苦手120.png
滑るのが怖くて途中途中で足が止まってしまいます119.png

d0198793_16481597.jpg
d0198793_16483033.jpg
下り終えて、振り返って徳舜瞥山を見てみると↓
d0198793_16485443.jpg
かなり急だったことが分かります146.png
d0198793_16524324.jpg
何とかホロホロ山頂上に到着169.png
雲一つない最高の天気162.png
ニセコの山々や洞爺湖まで見渡すことができました101.png









by shugakuso4 | 2018-06-05 16:47 | 北大店 グッズ
d0198793_13301473.jpg
3/1・2とニセコにて開催されたARC'TERYX2018バックカントリーキャンプへ参加してきました。
目的は、2018秋冬新作の製品フィールドテスト。
また本国からのデザイナー、スタッフによる商品説明などなど。
直接話を聞けることなどなかなかない貴重な機会です!
d0198793_13310446.jpg
2日間とも暴風雪警報の出ているあいにくの天気で目的のエリアには行けませんでしたが、その中でも実際に試すことができました。
d0198793_13313052.jpg
風の影響の少ない樹林帯の中を滑る
d0198793_13304397.jpg
Ascentシリーズを手掛けるデザイナーのブライリ―さん(写真右)と。
私(写真左)が着用しているのは、
SENTINEL LT JACKET(来期モデル)
 定番のSENTINEL JACKETをより軽量に、GORE C-KNITを使用してしなやかでより動きやすい!
・SHASHKA PANT(今期もあったモデルのNewカラー)
 ビブタイプでウエスト周りはストレッチ性のある生地で動きやすくまったくストレスがありません。
 サイドの片側が膝ぐらいまで開くので、女性でもジャケットを脱がず緊急時も大丈夫です(笑)
・PROTON LT HOODY(ジャケットの中に着てます)
 ジャケットの中にずっと着っぱなしでハイクしてましたが、行動中適度な汗抜けで暑すぎることなく、停滞中は暖かく快適でした。

2日目は更に天候が悪化し滑ることは出来ませんでしたが、本国スタッフとの意見交換など貴重な時間を過ごすことが出来ました。
d0198793_13315400.jpg
今回日本に来たグローバルスタッフと秀岳荘チーム

素晴らしいイベントに参加させていただき、このような機会を作っていただいたアメアスポーツジャパンさん、本当にありがとうございました!!


北大店3Fウエア売り場




by shugakuso4 | 2018-03-03 15:03 | 北大店 グッズ
The TEA BREWER

コーヒーでおなじみのGROWER'S CUPからティーパックが新発売
お湯を注ぐだけ手簡単にすぐできます101.png
茶葉がパック内を対流して本来の味を存分に引き出してくれます102.png
ティーパックは狭い中で短時間で抽出できるように茶葉を加工しています104.png
1つのパックで2、3回淹れることができパックは再利用も可能です106.png

北大店のラインナップは

 ジンジャーアンドレモン
 ピリッと爽やかなジンジャーとレモングラスにリコリスやアップルの甘み
d0198793_14175393.jpg
 アールグレイ
 上品で優雅、ベルガモットの豊な香り
d0198793_14492949.jpg
 スウィートシーバックソーン
 すっきりとしたルイボスをべーすにサジーとアップルノフレイバー
d0198793_14500397.jpg

色々飲み比べても楽しいティーパック
クリスマスにおススメです177.png


北大店 1F

by shugakuso4 | 2017-12-23 15:04 | 北大店 グッズ
d0198793_10524762.jpg
ULTRA LUNCH
BIVOUAC RATION始めました


ビバークレーションとは、米フレークを使用した主食となる乾燥フード
1食分は80gと超軽量ながら400キロカロリーを超えるボリュームで抜群の食べごたえ
熱湯で2分!驚くほど早く出来上がります164.png

味は4種類
トマトウィズスパイスキック 
  コリアンダーやマスターシードといったスパイスがキリッと効いたトマトリゾット
ポルチーニクリーム
  ポルチーニ茸と椎茸の風味が芳しいクリームリゾット
海苔茶漬け
  日本人でよかった~サラリと食べられるおなじみの味
ホッター・ザン・カレー
  南インドをイメージした爽やかなスパイス感で体も温まります
d0198793_10535361.jpg
4味が各1食づつ入ったアソートパック ¥1944(税込)

更にビバークレーションの特徴はvegan foodということ
veganとは完全菜食。肉や魚はもちろん乳製品、卵も含まれておりません
その分、スパイスやガーリックでパンチのある、飽きのこない味になっています
それでも、やっぱり動物性たんぱく質が欲しいという人にはちょい足しトッピングがおススメ169.png
チーズやサラミを加えると、より満足感のある豪華な食事にカスタムできます166.png

軽量コンパクト、素早く出来て食べごたえ十分!
是非お気に入りの味を見つけてみて下さい101.png

北大店 1F


by shugakuso4 | 2017-12-08 11:54 | 北大店 グッズ
d0198793_18113798.jpg
待望のニューモデルがついに入荷しました101.png
  マムート Barryvox  ¥45360
      Barryvox S ¥59400

好評だった前モデルをさらに進化させたアバランチトランシーバーの決定版!!
店頭でご覧いただけます169.png


北大店 1F


by shugakuso4 | 2017-11-26 18:27 | 北大店 グッズ

ビーコン講習会

ビーコン講習会
d0198793_1051975.jpg


これからビーコンを購入しようと考えている方
すでに持っていて使い方を練習したい方
初心者を対象とした商品説明と使い方の講習会です101.png


日時 第1回 12月2日(土)
    2回 12月17日(日)
    3回  1月14日(日)

   各回 10:30~13:30位を予定しています


場所 秀岳荘北大店、およびその周辺(野外でも行います)

定員 5.6人位

持ち物   お持ちであればビーコン
      防寒着(ジャケット・長靴・手袋など)

野外での捜索練習を予定しておりますので,
積雪の中を動ける恰好
でお願いします


参加ご希望の方は北大店1F村山まで
by shugakuso4 | 2017-11-12 13:40 | 北大店 グッズ

東北登山紀行・最終稿~八甲田山

八甲田山(はっこうださん)という名前の山は無く、

いくつもの峰の集合体を指すそうです。

今回は、酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)→下毛無岱(けなしたい)
→上毛無岱→赤倉岳→井戸岳
→八甲田大岳(はっこうだおおだけ)(標高1,585m)
→仙人岱→酸ヶ湯温泉のルートを歩きます。

10月8日(日曜日) 三連休の中日です。

前日は雨。

テレビではこの日8日と、9日が晴れて行楽日和だと言っていました。

今日は忙しいんです。

まず八甲田山に登り、酸ヶ湯温泉に入り、八戸でせんべい汁を食べ、
フェリーとバスに乗って札幌へ戻らなければいけません。

朝5時30分 北上市出発

8時30分 酸ヶ湯温泉到着

向かう途中で高速道路・津軽SAから“ 岩木山 ”が綺麗に見えました↓

絶好の撮影ポイントなのでしょう、『 岩木山 』と看板も用意されています110.png

d0198793_14475395.jpg
d0198793_14475982.jpg
d0198793_14480693.jpg

酸ヶ湯温泉↓

紅葉の後ろに見えるのが八甲田大岳。

素晴らしい景色162.png

d0198793_14481286.jpg

8時50分 登山口出発↓

d0198793_14481818.jpg
d0198793_14482376.jpg

しばらくは樹林帯の中を歩きます↓

足元は少しドロドロですが、

天気がいいのでとっても気持ちが良いです。

d0198793_14482921.jpg

振り返ってみた反対側の山々↓

紅葉が綺麗です。

酸ヶ湯温泉周辺の駐車場は満車。

みなさん朝早くから紅葉狩りに来ています。

d0198793_14483575.jpg

下毛無岱からの眺め↓

d0198793_14484361.jpg
d0198793_14485042.jpg
d0198793_14485540.jpg
d0198793_14491823.jpg

長い階段を上がる箇所もあります↓

d0198793_14490144.jpg

赤倉岳へ向かう途中から見下ろした毛無岱↓

d0198793_14492479.jpg
d0198793_14492998.jpg

八甲田ロープウェイを使った人たちと人達と稜線上で会いました。

ロープウェイに乗るまでに1時間以上待たなければいけないくらい混んでいたそうです。

稜線を歩き、↓

d0198793_14493577.jpg
d0198793_14494214.jpg

12時05分 赤倉岳頂上到着↓

この看板が登山ルート脇に立っているので、本当にここが頂上なのかよく分かりません。

八甲田大岳の頂上が見えます。

d0198793_14494845.jpg

12時13分 井戸岳頂上到着。

高田大岳の美しい姿↓

d0198793_14495419.jpg
d0198793_14495981.jpg

噴火口↓

d0198793_14500426.jpg

噴火口の縁を歩き進むと、

八甲田大岳直下の大岳ヒュッテが見えてきます。

写真右側中央。

d0198793_14501045.jpg

ヒュッテへ降りていく道が急で荒れていて滑り易いです↓

d0198793_14501754.jpg
d0198793_14502435.jpg

12時33分 大岳ヒュッテ到着。

清潔なトイレがあります。

d0198793_14502871.jpg

ヒュッテの中も綺麗です↓

d0198793_14503599.jpg
d0198793_14504165.jpg

30分程休憩し、この旅最後の頂上・八甲田大岳へ!

歩きにくい足場↓

d0198793_14505310.jpg

振り返ると、井戸岳→ヒュッテへ下ってきた斜面とヒュッテを見下ろせます↓

d0198793_14505941.jpg

13時32分、ヒュッテを出発してから30分弱で大岳頂上到着↓

登山客で賑わっていました。

d0198793_14510729.jpg
d0198793_14511357.jpg

下る途中にある “ 鏡沼 ”↓

d0198793_14511988.jpg
d0198793_14512640.jpg

滑り易い砂&岩場や、アオモリトドマツの中を歩きます↓

d0198793_14513183.jpg
d0198793_14513645.jpg

仙人岱と仙人岱ヒュッテ↓

ヒュッテの中にはトイレもあるし、綺麗です。

d0198793_14514368.jpg
d0198793_14514993.jpg
d0198793_14515539.jpg
d0198793_14520006.jpg
d0198793_14520629.jpg

“ 地獄湯ノ沢 ”の横を通って、↓

d0198793_14521151.jpg
d0198793_14521729.jpg
d0198793_14522342.jpg
d0198793_14522995.jpg
d0198793_14523659.jpg

15時52分にゴール!

7時間程の山歩き。  

酸ヶ湯温泉もお客さんでいっぱいでした。

d0198793_14524184.jpg
d0198793_14524796.jpg
d0198793_14525370.jpg
d0198793_14525906.jpg

17時過ぎに温泉を出発し、2時間半ほどで八戸へ到着。

“ 八食センター ”にあるお寿司屋さんで、“ せんべい汁 ”も食べることができました。

“ 札幌・八戸なかよしきっぷ(片道5,400円) ”を使って

八戸港フェリーターミナル22時発 フェリーに乗り、

早朝苫小牧港から高速バスに乗り換え、

10月9日朝8時38分、無事に札幌に到着。

天気にも恵まれ、滞在していた七日間で予定していた五つの山を全て登ることが出来ました。

紅葉の見るためにこの日程で出かけたのですが、

紅葉の良い時期と雪が降り始める時期は紙一重で

綺麗な紅葉を楽しむのはなかなか難しいなと思いました。

今度はぜひお花のシーズンに登って、

またカモシカに会いたいですね113.png

北大店一階 宮崎


by shugakuso4 | 2017-10-20 17:36 | 北大店 グッズ

岩手山~東北登山紀行④

東北登山紀行~岩手山(いわてさん)編

標高2,038m 

岩手県に近づくと一番目立つ、大きくかっこよく見える山です。

岩手県入り初日に八戸~盛岡へ向かうバスの中から
その雄大な姿を眺めることができ、

もうそれだけで「これに登るんだなぁ」とワクワクしました。

10月6日 朝5時37分 北上市出発

6時40分 “ 馬返し登山口 ”到着

登山口駐車場からの岩手山の眺め↓

d0198793_14581770.jpg

登山口↓

d0198793_14585955.jpg
d0198793_14583459.jpg
d0198793_14584914.jpg
d0198793_14590916.jpg
d0198793_14591691.jpg

6時55分 登山開始

始めは樹林帯の中を進みます↓

d0198793_14595177.jpg

すぐに道標が出てきます↓

d0198793_15002462.jpg

上りは旧道を行きました。

天気が良い日は旧道の方が長めが良いため

お勧めだそうです。


0.五合目と一合目の間↓

d0198793_15004909.jpg
d0198793_15004150.jpg
d0198793_15005701.jpg
一合目到着↓
分かりやすい看板 110.png
d0198793_15055055.jpg
d0198793_15055763.jpg

一合目と二合目の間↓

振り返ると絶景162.png

d0198793_15060476.jpg
d0198793_15062842.jpg

二.五合目付近↓

d0198793_15073403.jpg

d0198793_15074260.jpg
三合目↓
休憩スペースがあります110.png
d0198793_15133504.jpg
d0198793_15143301.jpg

8時45分頃、四合目↓

d0198793_15144541.jpg

確か六合目辺りだったと思います。

次の道標を探して前方をくまなく見ながら歩いている時です。

すると四本足の動物のお尻の部分を発見!

頭は木に隠れていて見えません。

なに?熊?…ん?いや、鹿か?

毛の色は黒くなく

足腰の骨格はエゾシカよりかなり骨太で

足は短くて、どちらかというと牛っぽい147.png

何の動物か判別できず恐怖で立ちすくんでいると、

動物が振り向きました。

なんだこれ?

しばし動物と見つめ合い…121.png

顔をよく見るとなかなか可愛い顔をしています。

表情から私に対する敵意は感じられずひとまず安心。
相手も私の事を不思議な動物だと思っているようです。

とにかく熊ではない。

でも顔もどちらかというと鹿ではなく、やっぱり牛っぽい。

毛並みは羊の様なクリーム色っぽく、

フワフワ?ゴワゴワ?しています。

動物が攻撃してくるかもしれない恐怖心と不思議感でまだなお立ちすくんだまま

とにかく写真!!と思い、

右手でウエストポケットのカメラを探り

左手で後ろから来ている友人に無言で手招きしました。

そんなことをしている間にその得体のしれない動物は

森へ入り見えなくなってしまいました。

結局写真は撮れず…今回の旅で一番の後悔です。

すると後ろから友人、「 カモシカだ。 」

ほ~~っ!カモシカですか。

やっと正体が判明しました。

私 「 カモシカって鹿なの? 」

友人「 よく知らないけどただの鹿より希少価値が違うんだ 」

へぇ~~

当たり前かもしれませんが、

やはり本州には北海道とは違う種類の野生動物がいるんですね。

事前にもっと調べておくべきでした。

貴重な動物に会えたのに写真一枚撮れませんでした。

そしてもっと驚いたことに、
北大店にはその “ カモシカ ”の頭部の剥製が飾られています!
ぜひお店で探してみて下さい124.png

七合目からの景色↓
だいぶん上まで上がってきました101.png

d0198793_15155941.jpg
d0198793_15160507.jpg

10時22分 八合目の避難小屋に到着↓

d0198793_15161166.jpg
d0198793_15162926.jpg

水も汲めます↓

d0198793_15162379.jpg
d0198793_15163584.jpg

少し休憩してから、頂上へ!
外輪が見えます。

d0198793_15164148.jpg
d0198793_15164610.jpg

九合目にも小屋があります↓

d0198793_15165135.jpg

頂上の方を見ると

火口の縁へ上がる道が二本に分かれています↓

d0198793_15165747.jpg
d0198793_15170435.jpg

左側の道は砂礫地でとても歩き難かったです↓

上の方には雪も残っていました。

d0198793_15171148.jpg
d0198793_15171663.jpg

火口の縁↓

写真右上の一番高い所が頂上です。

d0198793_15172455.jpg

火口の縁からの景色↓

d0198793_15172940.jpg
d0198793_15173554.jpg
頂上↓

d0198793_15174838.jpg

お鉢外周↓

d0198793_15180082.jpg

10月2日に見に行った “ 焼走り熔岩流 ”の全貌を眺めおろせます↓

写真中央の黒くなっている部分です。

d0198793_15175413.jpg

1時間くらいかけてお鉢を一周し

八合目の避難小屋で昼食を食べ、

下りは新道を通りました。

道が新しいせいなのか、踏み均されておらず歩き難かったです。

段差がある場所には短めの梯子が掛けられています↓

d0198793_15180762.jpg
d0198793_15182837.jpg
つるつるの岩地で歩きにくい所もあります↓
d0198793_15182220.jpg

15時45分 登山口到着。

8時間弱の山登りでした。

この日は“ 網張温泉 ”に入りました。

北大店一階 宮崎


by shugakuso4 | 2017-10-19 15:58 | 北大店 グッズ

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4