人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:北大店 登山( 111 )

クライミングシューズ アンパラレル試履き_d0198793_16544033.jpg
 
 北大店4階クライミングウォールにて

 UNPARALLEL

 ROCK SHOES TRY ON 

 開催中

 本日から22日の午前中までという短い期間ですが、気になっている方、この機会にぜひ足を入れて登ってみて下さい。

 ご用意しているモデル

 ベガ

 レグルス

 レグルスLV

 アップライズ ゼロ

 アップライズ ゼロ LV

 ベガ、レグルスはUS11(約28センチ)までご用意があります。

 週末お時間のあるクライマーの方、ぜひ。

 お待ちしております。



 

 

by shugakuso4 | 2019-09-19 17:08 | 北大店 登山

 
 以下のセール期間中、北大店のクライミングウォールはご利用不可とさせていただきます。

 いつもご利用いただいている皆様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い致します。


 

4月26日(金)~5月3日(金)



なお、5月4日(土)、5日(日)、6日(月)は通常通りご利用いただけます。

5月7日(火)は振替休日となります。



by shugakuso4 | 2019-04-25 16:00 | 北大店 登山
今年からキャンプを始めたい方、新しくテントを購入を検討されている
みなさまお待たせしました。
2019年テント展示会の日程が決まりました。


・4/6(土)、7(日)     白石店屋上
  ニーモ
  モンベル

・4/20(土)、21(日)   白石店屋上
  キャンパルジャパン
  ZANE ARTS

・6/8(土)、9(日)    白石店屋上
  キャンパルジャパン

・6/29(土)、30(日)  古山キャンプ場
  キャンパルジャパン
  ニーモ

・7/20(土)、7/21(日) 白石店屋上
  キャンパルジャパン

・9/7(土)、9/8(日)  白石店屋上
  キャンパルジャパン


展示テント詳細については各開催日時が近づいてきましたら、
順次告知いたします。

天候などにより日時が変更になる場合がございます。

白石店 1F登山コーナー










by shugakuso4 | 2019-01-12 13:00 | 北大店 登山
メレルの滑りにくい靴体験会 in 北大店_d0198793_12325388.jpg
 11月23日(金)11:00~18:00 秀岳荘北大店2階にて、メレルの氷に強いソール”ビブラム アークティックグリップ”を採用したシューズの体験会を行います。実際に氷の上に足を乗せることができるので、滑りにくさを体感しやすくなります。

毎年やってくるツルツル路面の季節

 スパイク付きシューズや取り外し式の滑り止めも良いけれど、屋内に入ると逆に滑ってしまうことがあったり外すのが手間だという、道民の永遠のジレンマにいま一番理想に近い形を実現しているアークティックグリップを是非この機会にお試し下さい。




by shugakuso4 | 2018-11-21 13:30 | 北大店 登山

岩レポ ~御岳編~

岩レポ ~御岳編~_d0198793_11133957.jpg
先日、4泊5日で御岳ボルダ―(東京/奥多摩)に行ってきました!御岳は80年代に開拓された、日本でも有数のボルダリングエリア。忍者返し(1級)虫(三段)など伝説的な課題が数多くあり、週末は多くのクライマーで賑わいます。

岩レポ ~御岳編~_d0198793_11132587.jpg
看板課題の忍者返しの前。平日の8時台ですがたくさんのクライマーが訪れています。

今回の目標は「5日間で合計十段」!休息日はありません、指先を血だらけにしながら5日間とにかく登りまくりました。

岩レポ ~御岳編~_d0198793_11154463.jpg
結果は初段×7、二段×1。合計九段と、惜しくも目標には届きませんでした。。。しかし今年のトレーニングの成果は実感できたので、良しとします。写真は今回アバラを負傷しながら必死で完登したオプティミスト(初段)。体力的にも時間的にもギリギリの状況で完登できただけに、嬉しかったです。

岩レポ ~御岳編~_d0198793_11174206.jpg
今回も活躍してくれましたオーツン「オキシーS」。癖のない足形で、履き心地がとにかく良いです。トウやヒールの作りも申し分なく、どっかぶりからデリケートな垂壁までオールラウンドに使えます。ソールもいい感じで、ツルツルの御岳の岩でも滑ることは全然ありませんでした。
北大店、白石店にて展開中です!

北大店3F 中西


by shugakuso4 | 2018-11-21 11:20 | 北大店 登山

秋の始まりの芦別岳

北大店一階グッツ売り場の宮崎です。

9月25日に芦別岳(新道コース)に登ってきました。

標高1726m 標高差約1400m

7時25分 鹿避けの柵を開けて登山開始

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17564263.jpg

呻吟坂~序曲!

きつい坂道の始まりです

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17565191.jpg

木々の葉の色が変わり始めてきた中を歩きます。

天気が良く、乾いた少し冷たい空気が気持ちいいです。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17565683.jpg

見晴台からの眺め

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17570313.jpg

鴬谷を超えると夫婦岩や北尾根のがよく見えるようになります。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17594109.jpg



雲峰山付近から見た頂上

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17571103.jpg

頂上まであと数歩!!

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17571700.jpg

約4時間30分で頂上到着

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17572274.jpg

頂上は雲の中だったので景色を見ることはできませんでしたが、

下っている時、雲間から素晴らしい展望を望めました。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17572850.jpg

この景色の素晴らしさと
北尾根の下の岩稜壁の険しさに圧倒されて、
何度も足を止めながらゆっくり3時間30分かけて下山。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17573343.jpg

呻吟坂半ばの看板の『負けるな』のメッセージにも
元気をもらえます。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17573733.jpg

途中滑り易い所もありました。

秋の始まりの芦別岳_d0198793_17574276.jpg


by shugakuso4 | 2018-09-29 18:02 | 北大店 登山

GONTEXテーピング講習会

GONTEXテーピング講習会のご案内

GONTEXテーピング講習会_d0198793_17094148.jpg


山下りでの膝トラブル対策をテーマにしましたテーピング講習会を北大店・白石店で行います。
・北大店
 日時:9月1日(土曜日)18:00~19:00
・白石店
 日時:9月2日(日曜日)1部11:00~12:30
            2部13:30~15:00
 定員:各13名
 参加費:教材費(山下り専用膝貼足5¥850+税)のみを参加者ご負担
 準備物:短めの短パン(前もも上までめくります)
 特典:その他GONTEX各部位カットテープの使い方の無料体験を行います。
    足首捻挫予防/足裏アーチサポート用など
お申し込みは各店登山コーナーまたはお電話でお申し込みください
北大店 011-726-1235
白石店 011-810-1111
当日はGONTEXのスタッフをお招きし講習を行います。ぜひこの機会をご利用ください。

北大店 小路口


by shugakuso4 | 2018-08-03 17:15 | 北大店 登山

分水嶺トレイル2018



7月14~16日の東京は奥多摩から長野の野辺山。
山々を繋ぐ分水嶺トレイル2018
秀岳荘チームで初参戦してきました。

分水嶺トレイル2018_d0198793_11261368.jpg



分水嶺トレイルとは…
秩父多摩甲斐国立公園内の4つの百名山と
(雲取・甲武信・金峰・瑞牆)
4つの分水嶺
(多摩川・荒川・富士川・千曲川)
を3日以内に自らの脚で繋ぎ
清里の獅子岩を目指す
タフな縦走大会となります。

大雨の影響でコース短縮があり
今年は奥多摩~獅子岩間を繋ぐ
100km(10000mD+)の
旅となりました。

分水嶺トレイル2018_d0198793_10550848.jpg


2万5千分1地形図でトータル8枚分の山域でした。
どんな旅になるのか?
スタートする前からワクワクしちゃいます。

弾丸スケジュールで分水嶺トレイルに挑みましたが
それが凶と出でてスタート前から暑さで疲労困憊に。。。
北海道ベースで生活をしている身としては
外の暑さと電車等の冷房の繰り返しで体力を消耗する形となりました。

スタート会場の奥多摩駅に着き
厳密な装備チェックをパスし14日0時まで待ちます。
深夜とは思えない異様なスタート会場となり
ボルテージが高まったところで3日の旅が始まりました。

分水嶺トレイル2018_d0198793_11164362.jpg

書類選考に合格した猛者が集結し、皆が強そうに見えます。
初めから力んでもしょうがないので徐々にペースを上げていきます。
夜とは言えど蒸し暑く稜線に出るまでの樹林帯は酷でした。
チェックポイントである雲取山を目指します。
かれこれ7時間ほど歩き気づけば明るくなってました
雲取山に到着です。

分水嶺トレイル2018_d0198793_11302963.jpg

水場で水を補給し、小屋でカップラーメンを食し
色々潤った状態で次のチェックポイントを目指します。

2000m級の稜線、奥秩父の山深さ
北海道には無いスケールで勝手にテンションが上がります。

雲取山を出発し10時間…いろんな葛藤がありました
ブヨが多い
猛烈な睡魔
30度前後の気温
そして
景色の変化がない単調なトレイルに

やられそうになりながらも耐え抜き
チェックポイントである雁坂小屋に18時に到着する。

暑さとハードなトレイルにやられたのもあり
このまま夜間パートに入るのは厳しいと
チームとして『判断』し2~3時間の仮眠をとる事に決めました。
食事を済ませツェルトを張り仮眠します。
少ない時間でしたが爆睡ができていい回復が出来ました。
が…
チーム内の1人が約束の時間22時になっても起きることが出来ず
声掛けはしたものの曖昧な返事しかできず
悩んだ結果、
このまま夜間パートに突入しても厳しいと判断し
DNFを決めました。
しっかり睡眠をとり朝になってから大会運営者にリタイアを宣告しました。
清々しい朝を迎えてしまいました。

分水嶺トレイル2018_d0198793_12052983.jpg

悔しい結果で分水嶺トレイルは幕を閉じましたが
全行程の半分程の45kmを楽しむことが出来ました。

分水嶺トレイル2018_d0198793_12102796.jpg

心配だったチームメンバーもしっかり睡眠をとりしっかり食事をとったことで
十分に回復ができ大事にならずに終えれたので良かったの一言です。

今回、分水嶺トレイルで共にした装備です。

分水嶺トレイル2018_d0198793_12201793.jpg
分水嶺トレイル2018_d0198793_12204754.jpg
トータルで8~9㎏ぐらいのウエイトでした。
レースを振り返ってみるとまだまだ改善の余地はあったと思う。

この経験を次に活かし頑張っていきたいと思う。
チャンスがあるのならまたトライしたいものです。


北大店登山 安藤














by shugakuso4 | 2018-07-22 12:25 | 北大店 登山

岩レポート続報

岩レポート続報_d0198793_11195323.jpg

昨日、数年に渡ってトライを続けていた青巌峡の「聖(ひじり)」5.14aを完登することができました。厳しいムーブの連続する30数手のハードルート、本当に難しかった!




最後のほう喜びを爆発させてしまったので音量注意です(笑)。


今回使用した主なアイテムをご紹介。
岩レポート続報_d0198793_11205481.jpg
OCUN(オーツン)
オキシーS
¥18,370(税込) 

ワールドカップ選手のフィードバックにより開発されたというだけあり、細かいエッジング、ヒールフック、トウフックなど文句なし。なにより癖のない足形で履き心地がとても良いです。ハードルートで長時間ハングドックすることが多いので、履き心地が良いのは◎。

まだ人工壁と青巌峡でしか使っていないので分かりませんが、ややダウントウなので主に前傾壁で活躍するんじゃないでしょうか。非常にバランスの良いシューズだと思います。


岩レポート続報_d0198793_11214915.jpg
東京粉末 BLACK
¥1,836(税込)

今回ものすごい威力を発揮したのがこちらのチョーク。一言で言うとしっとり系なのですが、とにかく手に残る、なじむ!

北海道と本州では湿度の違いもありどういうチョークが好まれるか違いがあるようですが、乾燥気味の北海道ではしっとり系が向いていると感じます。特に青巌峡の岩はフリクションのないチャートなので、このBLACKは間違いないと思います。


岩レポート続報_d0198793_11230052.jpg
ノースフェイス
AMBITION TANK
¥5,443(税込)

ウェアはこれ。とにかく涼しい速乾タンク。インドアのトレーニングにも最適です。SBカラーは在庫Lのみです、ごめんなさい。

岩レポート続報_d0198793_11232973.jpg
UNカラーはM、Lとサイズ揃ってます。両カラーともクライマーには嬉しいバックロゴです。


また何か登れたら報告させていただきます!

北大店 中西記生(ふみお)

by shugakuso4 | 2018-06-05 11:24 | 北大店 登山
テクニカ フォージ履いてみました_d0198793_14135426.jpg
先日もご紹介しましたこの春登場しました熱成型できる登山靴、テクニカ”フォージ”を札幌近郊の銭函天狗山で試してきました(以前の投稿はこちら)。
銭函天狗山は標高が536mで登りも1時間程度で割と手軽に登れる山です。
テクニカ フォージ履いてみました_d0198793_14480742.jpeg
登山道には小さな沢を渡ったり、少し急な土の登りがあったり、頂上付近は岩の上を歩くようなシチュエーションがあったりと靴を試すには絶好の環境でした。

登山道を歩き始めてすぐ感じたのが、靴が軽いという事と自分の足型(インソール、土踏まず周辺、かかと、くるぶし周り)にあらかじめ熱成型を行っているためとてもフィットしていて、特に登山靴のように背の高い靴を履くとくるぶし周りなどは少し気になったりすることもあるものですがこれは全く気になりませんでした。かかともとてもフィットしてるので浮き上がる感じや遊ぶ感じもないのでとても快適でした。
フォージに使用されているソールは、ヴィブラム社のメガグリップを採用しているため岩場でも非常にグリップもよく安心して傾斜のあるところでも歩くことができます。

つま先部分(親指や小指の横)は熱成型ができないため幅広の方には合いませんが、かかとが細身の方やくるぶし周りのあたりが気になる方などにはオススメかもしれません。
気になる方は店頭までお尋ね下さい。
テクニカ フォージ履いてみました_d0198793_14533388.jpeg
北大店 小路口


by shugakuso4 | 2018-05-31 14:54 | 北大店 登山