人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:北大店 ウェア( 407 )

北大店ウェアコーナーの橋本です。
本日は「ノースフェイス」の新素材商品のお知らせです!

アウトドアウェア業界でも確実にエポックメイキングになる、
話題性の高い商品です。
d0198793_09222753.jpg
d0198793_12074235.jpg
ノースフェイスが自社工場を作り、
新しい防水透湿性フィルムを開発しました!

あらたな防水フィルムを開発。
柔らかく、薄く、通気性のある素材です。

この素材を使用したモデル。
まず入荷した中から2つの商品をピックアップ!

●「L5ジャケット」
d0198793_13163745.jpg
3層のフューチャーライトを使用したアルパインクライミング用ジャケット。
70デニールとは思えない柔らかさと軽さ。
発汗量の多いハイクアップ時でも抜けの良さを実感出来ます。
d0198793_09202438.jpg
私、橋本も今年の3月に旭岳で商品、
「L5ジャケット&パンツ」を使用してみました。
旭岳でフューチャーライト使用ブログ
他社の、例えばゴアテックスなどのウェアと比較すると
熱がこもらない分、保温性が低く感じられるかもしれません。
ジャケット内のレイヤリングで対応する必要もあります。

そういった部分も差し引いても、
ジャケットを着続けても汗で結露しない特性は驚きでした。
汗冷え感が軽減されます。

冬のアクティビティーは汗処理が課題です。
この問題に「フューチャーライト」が一つの解答になりえそうです。

●「FLフライトトレイルジャケット」
d0198793_13165481.jpg
こちらも9月に大雪山のトレラン縦走で使用!
新素材はやはり、実際に使ってみないと!
d0198793_09205945.jpg
大雪山でのトレランブログ
この時は風が強く、テストには最適な状況でした。


気温は姿見駅で13℃、標高2000mでは風も強く、
恐らく気温はひと桁だったかと思います。
特性が良く分かる状況で使えました。
d0198793_13234728.jpg
風は強かったですが、特に問題無く、防風性能は十分だと思います。
トレランだったので常に動いていましたが、
汗の抜けも良く、ずっと着ていても不快な感じは無かったです。
そして柔らかいので、ハードシェルを着ているわずらわしさがありません。
d0198793_12080000.jpg
上記2点以外にも商品は入荷しています!
現在、北大店ではコーナーも展開中。

d0198793_12523721.jpg
生地の実験キットも展示中です。

色々と話題性のある「フューチャーライト」
実際手に取って確認してみて下さい!

北大店ウェアコーナー
橋本





by shugakuso4 | 2019-10-02 18:43 | 北大店 ウェア
d0198793_16380455.jpg

















フェールラーベン「ハンティングシリーズ」POP UP!!

期間限定で北大店に並びます!

※北大店のみの開催です。


国内ではほぼ取扱いの無いモデルなので、ご興味がある方はこの機会に!

ハンティングに特化したかなりレアな仕様になっています。


「ハンティングシリーズ」の特徴としては、

G1000サイレント素材使用

フェールラーベンのオリジナル素材「G1000」に、

獲物み気づかれないため、衣擦れ音が出ない「サイレント」素材を使用しています。

d0198793_16443265.jpg

②ポケットの内部にライフル、散弾用の装弾用ホルダー付き


d0198793_18272220.jpg

スナップボタンもサイレント加工、付け外しの際にも音が鳴りません。

d0198793_16461310.jpg

◎今回の取扱い商品

●ジャケット系

Lappland Hybrid Jacket

Lappland Hybrid Vest

Lappland Hybrid Jacket Camo

Lappland Hybrid Vest Camo

●パンツ系

Lappland Hybrid Trousers

Drev Trousers

Brenner Pro Trouser

火にも強い「G1000」素材なので「ブッシュクラフト」にも良いのでは!


そして、ハンティングカテゴリーでは無いですが、

新商品も入荷しています!!

オススメのパンツごご紹介!

●NEW!!「Vidda Pro Ventilaited Trousers M Regular」

販売価格¥23,328(税込)

d0198793_16484044.jpg
今までにあった、「ケブトラウザーズ」や「バレンツプロ」のいいところを凝縮した感じです。
「G1000」素材をメインで使用していますが、
股の部分にだけストレッチ素材が配置。
これだけで動きの良さが違います!
d0198793_16490806.jpg
太もも部分にはベンチレーションジッパー付。
d0198793_16492599.jpg
裾はしっかりとベルトでとめられます。
d0198793_16494095.jpg
ポケットは全部で6か所。

G1000素材はポリエステル65%とコットン35%を

高密度で織り上げた特殊素材です。

耐久性に優れ、ワックス加工することにより撥水性を持続させられます。



テクノロジーはアナログといっても良いかもしれませんが、

登場してから半世紀、今もスウェーデンのフィールドで使われています。

長く、愛着をもって使用できるウェアかと思います。


POP UP もよろしくお願いします!


北大店ウェアコーナー 橋本


by shugakuso4 | 2019-09-18 18:29 | 北大店 ウェア
ようやく秋らしい気候になって、売り場にも続々と秋冬物が入荷しております。

北大店3Fウエア売り場では、春に引き続き
Women's秋冬モデル限定でARC'TERYX POPUPを開催します。

d0198793_13580598.jpg
日時:10月5日(土)~10月20日(日)
場所:秀岳荘北大店3F ウエア売り場

山で使用できるモデルはもちろん、24シリーズの街で使用できるモデルまで幅広く取り揃えております。
なかなか、たくさんの女性モデルを見れる機会は少ないかと思いますので、この機会にぜにご覧頂きたいと思います。

期間中、対象モデルお買い上げの方には数量限定ですが、ARC'TERYX限定ノベルティをプレゼント致します。

ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。


北大店3Fウエア売り場 中西(ゆ)


by shugakuso4 | 2019-09-14 14:32 | 北大店 ウェア
北大店ウェアコーナーの橋本です。
d0198793_22220070.jpg
大雪山の投稿が連投でスミマセン。

でも、今、行かねば。

北海道の秋は短い、特に大雪山は。
で、自分も9月10日に行って来ました!

白石店スタッフの春のブログで、→◾️
大雪山を「8の字」に歩いていたのを読んで、
このルートを自分もやりたい!と常々思ってました。
d0198793_10114234.jpg
総距離は24キロ。
トレランスタイルで紅葉も楽しめる。
d0198793_22453360.jpg
d0198793_22375709.jpg
スタートは旭岳、姿見を6:45スタート。まずは旭岳をのぼります。
d0198793_22370918.jpg
旭岳は重たい雲に閉じ込められて全く見えません。
d0198793_22231029.jpg
なかなかの強風。
d0198793_22235666.jpg
グローブは必携です。
d0198793_22584258.jpg
8:00旭岳、山頂は爆風。
逃げるように裏旭へ降りて行きます。
d0198793_22253535.jpg
d0198793_22272079.jpg
色つき始めの高山植物。
d0198793_22275070.jpg
中岳を通過し、北鎮岳へ、この間ずっと暴風。


こんな感じです。

d0198793_22283174.jpg
黒岳へ向かう途中、徐々に視界がクリアになってきました。
この辺から気持ち良く走れます。



d0198793_22291303.jpg
10:00黒岳石室着

d0198793_22531458.jpg
d0198793_22294405.jpg
黒岳到着、ここから折り返し。

d0198793_22304630.jpg
北海岳へ向かいます。

d0198793_22315107.jpg
紅葉、始まってます。

d0198793_22322630.jpg
遥か先まで伸びるトレイル。
ここを走りたかった!念願叶って満足。

d0198793_22325682.jpg
余韻に浸ってます。
d0198793_22335613.jpg
中岳から、あとは下るだけ。
行きは視界が全く無く、このまま1日ガスの中かと…。
来て良かった!
d0198793_22343452.jpg
中岳温泉貸切。
d0198793_22345404.jpg
冷えた足を温めます。

d0198793_22361244.jpg
14:30、姿見到着!

d0198793_22363097.jpg
行きは見えなかった旭岳も嘘みたいにスッキリ。

台風の影響で目まぐるしく天候が変わった1日でしたが、
結果的に大満足な山旅でした。

秋の大雪山は美しさと危険さが表裏一体、
装備はしっかりと持ちましょう、特に防寒対策は万全に。

白石店ではモンテインの下着「プリミノ」
「一週間お試しキャンペーン」も行ってます→
秋の大雪山にうってつけ!
d0198793_22383736.jpg
自分は今回、新しいトレラン用ソックスをテスト。
「インナーファクト」
d0198793_10162682.jpg
とてもフィット感が良く、蒸れ感も無く、履き心地サラサラです。
普段はどこかしら靴づれしますが、皆無でした。おすすめです。
絶賛販売中!

北大店ウェアコーナー
橋本


by shugakuso4 | 2019-09-12 18:46 | 北大店 ウェア
9月3日~4日にかけて雲岳へ1泊2日のソロテント泊で行ってきました。
d0198793_16333544.jpg
紅葉にはまだ早かったですが天気が良さそうだったのでのんびり歩こうと出発しました。
d0198793_16424218.jpg
標高約1500mの銀泉台から登山開始です。
d0198793_16464326.jpg
登り始めて30分ぐらいすると少し紅葉していて色づき始めていました。
d0198793_16543133.jpg
コマクサ平のコマクサはさすがに終わっていました。
ここから岩れき帯を登りどんどん標高を上げていきます。
d0198793_17002081.jpg
赤岳山頂到着。
d0198793_17022092.jpg
赤岳から黒岳方面。
d0198793_17041224.jpg
ここから平坦なれき地の尾根を進みます。
d0198793_18023311.jpg
この登山道はいつ歩いても気持ち良い場所です。
白雲岳へ向う予定でしたが、少し風が強かったので天気が良くなる明日に登ることにします。
d0198793_17193496.jpg
白雲避難小屋のテント場。
d0198793_17212680.jpg
夕方のトムラウシ方面。
少しだけ赤く焼けていました。

<2日目>
早朝テントを撤収し、緑岳へ向けて出発します。
d0198793_17232854.jpg
緑岳からのご来光。
d0198793_17303994.jpg
緑岳から白雲岳分岐へ登っていく途中。
振り返ると広大な景色が。
d0198793_17374577.jpg
白雲岳へ向けてさらに歩きます。
d0198793_17422829.jpg
白雲岳山頂到着。
d0198793_17430086.jpg
この日は風も収まりとても良い天気でまだまだいたかったですが、名残惜しくもゆっくりと下山しました。
d0198793_17431018.jpg
白雲岳からの帰り道。

今回の山行は天気にとても恵まれましたが、夜は放射冷却の影響で氷点下近くまで冷え込んだり、日中でも場所によっては風が強かったりすっかり秋山になっていました。
これから紅葉もすすみ山へ行かれる方も多いと思いますが、防寒対策や装備はしっかりとして楽しんでくださいね。


北大店3Fウエア売り場 中西(ゆ)

by shugakuso4 | 2019-09-11 19:13 | 北大店 ウェア

旭岳からのご来光。

d0198793_10475444.jpg
8月上旬に旭岳へ行ってきました。
今回は諸事情により縦走は出来なかったのですが、北海道最高峰からのご来光を見るために出発です。
d0198793_14013654.jpg
ロープウェイ降り場からしばらく歩くと植物がなくなり砂れき地になります。
d0198793_13513737.jpg
残念ながら旭岳はガスの中です。
標高を上げていくと風も強くなり、麓とは全然天候が変わっていました。
軽装の登山客?観光客?も多くガスの中はミスト状になっており、風も強く軽装の方々は濡れて寒そうでとても辛そうでした。
この日、旭川は最高30℃まで気温が上がっていた日でしたが、このような天候にもなることもあるのでしっかりとした装備は大事ですね。
d0198793_14404070.jpg
山頂は強風のためすぐさま今日のキャンプ地、裏旭キャンプ指定地を目指します。
d0198793_14590569.jpg
キャンプ地に着いてからは、時折ガスが抜けて反対側からですが山頂が!
※ちなみに↑写真の山頂から雪渓までは急斜面で砂れき地なのでとても滑りやすいので注意が必要です。
d0198793_15064032.jpg
夕方は幻想的な景色が広がっていました。
d0198793_15080533.jpg
夜も空一面に星空が広がっていて、明日の天気に期待です♪
d0198793_15151152.jpg
早朝、旭岳山頂へ登り日の出を待ちます。
空が赤く色づいてきました。
d0198793_10473077.jpg
いつもは登山客も多く賑やかな山頂ですが、この日は貸し切りです。
360°の展望が広がり、黒岳、白雲岳、トムラウシ山などの表大雪の山々はもちろん、十勝方面、東大雪まで見渡せました。
d0198793_16030907.jpg
本来はご来光を除けば日帰り可能な行程でまだ時間の余裕がありますが、今回は名残惜しくもこのまま下山します。
※↑写真奥は、忠別岳、トムラウシ山
d0198793_16173215.jpg
姿見ノ池まで降りてきました。
※↑写真 前日は見えなかった旭岳

山の天気は変わりやすいとはよく言いますが、今回のような天候はよくありますので皆さんもしっかりした装備で残りの夏山シーズンも楽しみましょう。

そこで、ウエア売り場からお得な情報です!
只今、ウエア売り場では2019年春夏モデルのクリアランスセールを実施中です!
ほしかったあの商品が30%OFFになっているかもしれません。
ぜひ、ご来店をお待ちしております。
d0198793_16514999.jpg

北大店3Fウエア売り場 中西(ゆ)



by shugakuso4 | 2019-08-15 17:19 | 北大店 ウェア
北大店ウェアコーナーの橋本です。
山の日も終わり、お盆休みも中盤戦ですね。
皆さん夏を楽しんでますでしょうか。
d0198793_14453306.jpg
自分は先週の7月30日、31日、2日間で新潟県「妙高高原」に行ってきました。
d0198793_14451072.jpg
今回はパタゴニアが主催するイベントです。
「信越トレイルディーラーミーティング」という企画で
全国のパタゴニア・ディーラーの中から8店舗、
総勢9名のスタッフが招待されました。
d0198793_14463756.jpg
パタゴニア・アンバサダー「石川弘樹さん」↑

「妙高高原」はパタゴニアのトレイルランニング・アンバサダー
「石川弘樹さん」の活動拠点で、
石川さんがプロデュースする100マイルのトレランレース「信越5岳トレイル」の
新しいコースを石川さんと一緒に実際に「作る」のがメインの企画でした。
d0198793_14470108.jpg
「作る」っていったいどうやるの?
というのが純粋な疑問ですが、本当に実際に道を作っていきます。
d0198793_14475209.jpg
アメリカでも「トレイルワーク」として、
環境配慮の観点からも重視されていて、
「新たな道を切り拓く」と、いうよりも
石川さんは何十年も「昔」に使われていた「生活道」や
「作業道」を復活させたりしながら、
トレランレース後も自由にトレランや登山を楽しんでもらえる「道」として、
残るコースづくりを心がけているとのことです。
d0198793_14484019.jpg
最高気温35℃の猛暑の中、
うっそうとした森へ向かいます。どれだけ時間がかかるのか途方に暮れそうな現場でしたが…、
そこは“石川流”!!「トレイルワーク」の「システム力」を見せつけられました。
d0198793_14490520.jpg
参加者はそれぞれが使える道具を持ちます。自分は草刈機をチョイス!
d0198793_14510517.jpg
d0198793_14513538.jpg
4時間後にはトレイルが完成し、
協力したメンバーからそれぞれ歓声があがりました!

「トレイルワーク」は人海戦術でスピードを上げられますが、
どこにルート設定をするかが時間がかかります。
地権者への配慮や行政とのやり取りなど高度な交渉力と信頼関係が必要。
石川さんの人間力で成り立っている「信越5岳トレイル」です。
d0198793_14551504.jpg
2日目は早朝530スタートで「モーニングトレランセッション」。
実際の「信越5岳トレイル」のコースを石川さんの案内で2時間走るという贅沢な時間でした。
d0198793_14520395.jpg

d0198793_14522356.jpg

トレラン後は場所を移動し、

「トレイルランニングと環境問題のつながり」をテーマに3時間びっちりディスカッション。

d0198793_14534657.jpg

温暖化の影響で台風の進路も変わり、集中豪雨なども増え、土砂崩れが起きやすくなったり、

フィールドを守るために自分たちに何ができるのかが問われる状況になってきています。

d0198793_14540301.jpg
木漏れ日の下でトークセッション。

2日間という限られた時間の中でぎゅっと濃縮した、
「トレラン合宿」といっても差し支えない内容でした。

今回、石川さんも主導のもと、参加された各ショップの方々と時間を共有させて頂きました。
大変刺激をいただきました!ご一緒させて頂き本当にありがとうございました!
そして、パタゴニア日本支社の皆様、大変ありがとうございました!
d0198793_14541797.jpg
今回作らせてもらったコースは全体から比べたら、ごく一部ですが、
実際の「信越5岳トレイル」のコースを作って自分もかなり思い入れが強まりました。

トレーニングをして是非とも参加したくなってきました!
また行きます!妙高!

来年春に発売される、パタゴニアの新作トレランウェアも試しましたが、
それはまだご紹介できないので、また後日!

北大店ウェアコーナー
橋本



by shugakuso4 | 2019-08-12 09:22 | 北大店 ウェア
8/10、8/11に北大店にて開催予定のレインウェアお手入れ講座ですが、午後の開催時間に誤りがございました。申し訳ございません。

14:0015:00

15:00より開催となりますので、たくさんのお客様のご来店おまちしております!

d0198793_11480939.jpg

by shugakuso4 | 2019-08-09 11:56 | 北大店 ウェア
d0198793_13145095.jpg
7月8日~9日にかけて短縮コース登山口~南沼テント場泊でトムラウシ山へ行ってきました。

登山口からしばらくは長い針葉樹林の中を歩きますが、以前はぬかるみがひどかった箇所も丸太が敷かれていて歩きやすくなっています。
脇に木材が所々に置かれていたので、こうやって登山者のために歩きやすく整備してくれてるのですね。
整備している方達に感謝感謝です。
d0198793_13530403.jpg
コマドリ沢には雪渓が残っていましたが問題なく歩けます。
d0198793_13571595.jpg
沢から今度は岩場を登り、
d0198793_14051910.jpg
さらに進み、
d0198793_14101731.jpg
トムラウシ山が近づいてきました~!
何回きてもここまでの道のりが長い。。。
d0198793_15561868.jpg
それでもこのロケーションの中を歩けるのはとても気分が上がります♪
d0198793_14115670.jpg
南沼キャンプ指定地に到着して、天気が良いのでテントを設営してから散策に。
しばらく散策しているとナキウサギの声がっ。
d0198793_14203689.jpg
見つけたっ!!
いつ見ても可愛いです。
d0198793_14225792.jpg
北沼まで散策して、また明日山頂を目指します。
山の上で泊まると贅沢に時間を使え、色々な景色に出会えるのが良いですね。

翌朝、山頂を目指し3時すぎから登り始めます。
d0198793_12595260.jpg
山頂到着。
刻々と変わる空の色、景色は息をのむ美しさです。
d0198793_14284270.jpg
表大雪から東大雪、日高、雌阿寒、十勝まで360°一望できました。
d0198793_15590251.jpg
十勝方面
d0198793_16303439.jpg
北沼の奥に旭岳・黒岳
d0198793_16314685.jpg
天気も良くもっと山の中にいたいところですが、後ろ髪を引かれつつ下山。
d0198793_16354584.jpg
今回の山行で咲いていた高山植物。
d0198793_16355863.jpg
みなさんも安全に夏山シーズン楽しみましょう!



北大店3F 中西(ゆ)


by shugakuso4 | 2019-07-12 17:21 | 北大店 ウェア

雪渓残る緑岳へ!

すっかり暑い日が続いて北海道も夏山シーズンが始まりましたねっ!
私も6月25日大雪高原温泉より緑岳へ行ってきました。
d0198793_11290460.jpg
天気にも恵まれ登山開始です。
少し登り始めると雪が残っている所が出てきます。
d0198793_11321575.jpg
特に問題無く登れますが踏み抜きには注意が必要です。
d0198793_11351035.jpg
急斜面のつづら折りを登りきり、しばらく歩くと緑岳が見えてきて「第一花畑」にでましたが、まだ一面雪渓が残っていました。
お花畑が見られるのはまだもう少し先ですね。
この先の「第二花畑」ももちろん雪の中です。
d0198793_12064187.jpg
高低差約250mの岩れきの急斜面を登ります。
以前来た時は「ナキウサギ」を見ることができましたが、この日は暑かったためか鳴き声も聞こえず。。
しかし、
d0198793_11491306.jpg
エゾシマリスだと思うのですが!?
一瞬で走り去っていっちゃいました。
d0198793_11532815.jpg
振り返ると高根ヶ原から忠別岳、トムラウシ山まで見ることが出来ました。
d0198793_11562409.jpg
東大雪の山々も少し雲に隠れてますがなんとか。

高山植物もまだ見頃とはいかないですが、少しだけ見ることができました。
d0198793_13350074.jpg
d0198793_13360771.jpg
d0198793_13362274.jpg
季節ごとに見れるお花も違うのでこれから楽しみですね。
d0198793_12013234.jpg
岩場を登り切り頂上に到着。
d0198793_12021032.jpg
この先の白雲岳方面へ行きたかったですが、本日はここまで。
d0198793_12104959.jpg
まだこの時期の大雪山系は雪が残っていますが、悪天時の道迷いなどに注意して今シーズンも楽しみましょう!!


北大店3Fウエア売り場 中西(ゆ)


by shugakuso4 | 2019-06-27 14:11 | 北大店 ウェア