秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
先週末の春を感じさせるポカポカ陽気から一転、少し寒い日が続いていますが白石店ウェアコーナーより
ARC'TERYXの2019春夏新作の紹介です!

今回紹介する新作はこちら
d0198793_18294939.jpg


ZETA SL JACKET です!
新作紹介と銘打ちましたが、こちらは昨季までのBETA SL JACKETの後継として
今季新たにTRAVERSEのラインから発売されたモデルになります。
d0198793_18304643.jpg


まずは基本情報から。
表地は40デニールのリップストップナイロンに防水透湿メンブレンはGORE-TEX PACLITE Plus
軽量性・コンパクト性も特筆すべきポイントです!
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、PACLITEからPACLITE Plusとなっています
変更点としては、裏地に加工を施し若干ざらっとした質感を持たせることにより、
ハードなアクティビティの際も肌離れがよくなるなど、着心地の良さに一役買っています。
また、立体裁断によってシルエットが綺麗に見えるだけでなく
運動時に関節周りのつっぱりを軽減してくれるのも嬉しい部分ですね!

両サイドにハンドポケットと、裾とフードには素早く体と頭にフィットする事が出来るドローコードも付いています

d0198793_18311337.jpg

加えて、ZETA SLパンツ MEN'sも入荷しています。
d0198793_18332723.jpg
こちらももちろん完璧な立体裁断で、脚上げ時などのストレスを軽減してくれます。
雨天のアクティビティでも大活躍、いや、履きたくなること間違いなしです(?)

d0198793_18333899.jpg
サイドのファスナーも長めにしてあり、靴を履きながらの脱着も楽に行えるかと思います。


カラーは男女ともに3色ずつの展開となっており、どれもアークテリクスらしい仕上がりです。
d0198793_18305310.jpg
手前3着が男性用(カラーが手前からYukon、Labylinth、Black)
後ろ3着が女性用(カラーはRobotica、Theanine、Black)
となっています。


また、全ての縫い目にシームテープ処理・全てのファスナーに止水ファスナーを採用し、
その高いプロテクション性能は言うまでもないでしょう!

d0198793_18402988.jpg


d0198793_18334463.jpg
↑こちらは女性用。

気になる価格は、、、
ZETA SL JACKET MEN'sが定価¥43200(税込)のところ
販売価格が¥38880(税込)
ZETA SL JACKET WOMEN'sが定価¥38880(税込)のところ
販売価格が¥34992(税込)
ZETA SL PANT MEN'sが定価¥28080(税込)のところ
販売価格が¥25272(税込)
となっております!

先述したように昨季までのBETA SLの後継モデルとなっていますが、大きな変更点ありません。
しかしながら裏を返せばこのジャケットの完成度が高いという事でもあります。
登山に、サイクリングに、街着にと、マルチに使える一着となっています。
お早めに店頭でお手に取ってご覧ください!!

この他にも注目のアークテリクスの2019春夏の新作も入荷予定ですのでお楽しみに~104.png104.png104.png


# by shugakuso4 | 2019-03-14 11:40 | 白石店 ウェア
最近暖かくなりだいぶん春めいてきましたね、キャンプに登山にツーリングに最適な季節もまもなくですよ。

ということで、今年も大好評屋上展示会を行います。

第1弾は

ニーモ(テント)
・ホーネット ストーム2P
・ロケット2P
・ダガーストーム2P
・アトム1P
・アトム2P(キャニオン)
・ギャラクシー ストーム2P(キャニオン)
・ロシ ストーム4P(キャニオン)
・ヘキサライト6P PC(スターカー)
・シャドウキャスター165(キャニオン)

モンベル(テント)
・ステラリッジテント(サイズ未定)
・クロノスキャビン(サイズ未定)

ニーモ(シュラフ)
・カユ30(レギュラー)
・ラムジー30(レギュラー)
・ケヤン35(レギュラー)
・ソニック0
・パンク

なかなか展示しないめずらしいテントや、寝袋を中心に展示します。

今年からキャンプをしたい、新しく買い換えたいという方おまちしております。


4/6(土)10301700

4/7(日)10301600


※赤文字のテントや寝袋はニューモデル(シャドウキャスター165はアップデートマイナーチェンジ)になります

※展示テントやシュラフは予告なく変更になる場合がございます

※天候などにより中止、もしくは時間が変更になる場合がございます


白石1F 登山コーナー















# by shugakuso4 | 2019-03-12 14:32 | 白石店
北大店ウェアコーナーです。春夏物が続々入荷中、段ボールと格闘する日々が続いております!魅力的な新商品もたくさんありますので、ぜひ売り場に足を運んでみてくださいね。

d0198793_14440658.jpg

今日は今シーズンのトピックの1つになりそうな、アクシーズクイン「凌(シノギ)」シリーズをご紹介します。

d0198793_14451134.jpg

インパクト大なスタイルですが、すべてアウトドアで使用できる機能性素材が使われています。

d0198793_14460757.jpg
ヒトリシズカ stand collar
カラー:カチイロ
\21,384(税込)

撥水性と通気性に優れるショーラー生地を使用したシャツ。ストレッチも抜群です。



d0198793_14493709.jpg
ハカマスカート
カラー:スミイロ
\9,525(税込)

ナイロン製の袴(はかま)風スカート。意外と夏場はこんなのが涼しいかもしれません。



d0198793_14501580.jpg
ヤマボウシ
カラー:センザイチャ(左)、ヒワチャ(右)
\5,637(税込)

リップストップナイロンを使用した軽量なハット。ツバはワイヤー内蔵で形状を自由に変えられます。


d0198793_14523984.jpg
そもそも「凌(シノギ)」とは何ぞや?

こちら↓でその概念の説明があります

ものすごく簡単にいうと「シンプルな装備でどこまで登れるかを模索するスタイル」となるでしょうか。

「あの山ならこの位の装備で登れるのでは?」「この装備なら、あの山の何合目まで登れるだろうか?」という具合に、登頂や山の難易度といった概念を離れ、自由に考え、山と向き合おうという非常に面白い概念です。

「凌」シリーズは従来のアウトドアウェアには必ず備えられていたものが省かれていたり、スタイリッシュだけど一見動きにくそうだったりするものもあります。それも、従来の概念から解放されているからこそ可能なのでしょう。

装備をシンプルにするのは多少のリスクを伴うため、誰にでも勧められるものではないかも知れませんが、今までと違うスタイルで山と向き合いたいという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?もちろん、普通の登山スタイルの一部に取り入れてみるのも

今シーズン注目の「凌」。ぜひ店頭でご覧ください。

# by shugakuso4 | 2019-03-10 15:07 | 北大店 ウェア

d0198793_18282100.jpg
先日北大店からも紹介がありました大人気ブランド「THE NORTH FACE」の
新素材「FUTURE LIGHT

サンプルをお借りして使ってみました!

今回着用したのは
SUMMIT SERIES「L5 JACKET&PANT」
d0198793_18283616.jpg


70Dのストレッチナイロンを使用した
ソフトシェル地のハードシェル
新素材「FUTURE LIGHT」が誇る「高い通気性」を存分に感じられるモデルです

当日はスタート(標高約450m地点)AM8:00 -2℃
ドロップポイント(標高約960m)2本目登返 AM12:00 -8℃
d0198793_18292485.jpg

d0198793_18293464.jpg
時折ガスがかかる時間帯もありましたが終始快晴で
日差しの暖かさを非常に感じました

2時間弱のハイクアップと30分ほどの登り返しを2本の計3本の滑走
時間にして5時間程の行動中着続けていましたが、
d0198793_12434810.jpg

d0198793_12434166.jpg
d0198793_18295655.jpg

「FUTURE LIGHT」、、すごいです。
さすが高通気素材。

ここで皆さんに理解して頂きたいポイントは
透湿性と通気性の違いです。

透湿性は読んで字のごとく
「衣服内の湿気(ムレ)を衣服外に透過させる性質」
こちらが多くの防水ウエアに採用されています

通気性も字のごとく
「衣服内を空気が通過していくこと」
「FUTURE LIGHT」は高通気素材

ジャケットを着て行動した場合衣服内は湿度の高い状態になります。
多くの防水素材は衣服内と外気の湿度の差に呼応するように湿気を外に吐き出していきますが
湿度が高くなりすぎると汗となり体を濡らしてしまいます。
その対策として最近ではウールのインナーやドライレイヤーを着用し
汗をかいても
冷えない、不快感を感じないレイヤリングが主流ですが

通気性のある素材の場合
衣服内と外気の湿度差に左右されずに、空気が外から中、中から外と流れていきます
=こもってしまったムレは空気と一緒に衣服外に排出され汗になることを未然に防ぎます。
大げさに言えば外気と衣服内の湿度が常に一定に保たれるのです

今回の様に天気のいい日は衣服内の湿度が高まりやすく
多くのシェルの苦手なコンディション(衣服内のムレの高まるスピードが速い)

行動中は暑くシェルを脱ぐ
日差しに騙され停滞中もそのままでいると一気に体が冷える
冷えた体を温める為インシュレーションやシェルを着て行動するもすぐに暑くなり脱ぐ
なんてスパイラルにはまりがちですが、

高通気素材「FUTURE LIGHT」は大丈夫!
圧巻のパフォーマンスでした。

通気素材を採用したシェルは他にもありますが
「FUTURE LIGHT」はこんな風に風に向かって手を広げると
空気が通るのを感じるほどの通気性!

d0198793_13105298.jpg


一見完璧に見える高通気素材ですが、
注意の必要なポイントが1つ
良さである通気性が
防風性、防寒性を弱くしてしまうという見方も出来てしまいます。

常に強風にさらされる状況や天気待ちなどの停滞時には
透湿素材よりプロテクション能力が弱く感じることも
今回の参考でもドロップ前に15分ほどの停滞がありましたが
いつもより体の熱の落ち着きが早いように感じました。

SUMMIT SERIESと言えば
THE NORTH FACEの中でも過酷な環境に向けて作られたアイテム
実際にアスリートたちは世界の名峰で使用しています。

インナーにはフリースではなく、
最近開発が進んでいる通気中綿のジャケット
アンダーウエアを今までよりも1つ保温性の高いモデルにする等
防風性、防寒性は他のアイテムで十分補える部分ではないでしょうか

デメリットを補っても有り余るメリットを持つ高通気素材
「FUTURE LIGHT」
来シーズン購入リスト筆頭のアイテム間違いなしです!

ちなみに、
利尻、、最高でした
離島ではなかなか出会えないTHE DAY
ここからはスプリングシーズン到来
まだまだ楽しみましょー!!!

d0198793_12424440.jpg


















# by shugakuso4 | 2019-03-09 16:37 | 白石店 ウェア

もうすっかり春の陽気に見舞われている北海道(´∪`)ノ


もう、春の準備をしている方も多いはず‼

スキー売場では着々と春に向けカヌーの売場に変わりつつあります


そこで‼スキー板をチューンナップに出してみませんか?

d0198793_15261041.jpg



もうスキーを滑り納めの方も多いはず‼

滑り納めしたスキー板を綺麗にして、ワックスを塗って保管してますか?

綺麗にリムーバーで汚れを取っただけで、ソールをむき出しにしたまま保管してしてしまう、ソール部分が傷んで白く毛羽立ち来シーズン使おうとしたときに滑りが悪くなったりしてしますので保管の時はしっかりホットワックスを入れてあげましょう♪

また、ソール部分が傷ついてしまっている方、毛羽立ちが目立つ方、ホットワックスが面倒な方など必見です‼

※北大店・白石店限定のサービス※

チューンナップとは、板を削ってきれいにしてくれるサービスです
あまりにも板が傷ついていたり、乾燥していると
ホットワックスをしても染み込まず、効果がでません

なんと今だけ、サーモバックサービスが無料でついてきます。
※本来4,320円(税込)かかってしまします。

これは、板がきれいになるだけではなく、ワックスが浸透しやすい状態で戻ってくるサービスです!

これは、すごいうれしいサービスなんです!
6月末までのサービスですので、お早めに!

不明な点やわからないことがあれば秀岳荘白石店2階スキー売場までご連絡ください。

スキーコーナー







# by shugakuso4 | 2019-03-09 15:38 | 白石店 スキー売場