人気ブログランキング |

秀岳荘スタッフみんなでブログしちゃいます。


by shugakuso4

先日6月16日(日)に無事開催された第2回テイネトレイルに出場された皆様、おつかれさまでした!

私は今回初参加!33kmにエントリーしました。
ゲレンデ直登、沢沿いのスリッピーな路面、足場の悪い岩場の後のゲレンデ急下り、気持ち良いシングルトレイル(もれなくズルズル転倒あり)!!
もうすぐゴール!と思いきや隠された最後の登りなどなど、バリエーション豊富なコース設定で、とても楽しめましたね~

開催前からの唯一の心配は、当日が「雨」145.png
しかも低気圧の通過がピークとなるため「大雨」かもしれないということ。
直前になっても予報は変わらず、レイヤリング・装備をどうしようか悩みました。

d0198793_12060080.jpg

雨仕様にソックスを変え、ショートゲイターを追加。
ソックスはC3fitの「ペーパーファイバーアーチサポートショートソックス」
ゲイターはinov8の「ALLTERRAIN GAITER」

レインウエアはティートンブロスのツルギライトジャケット。大雨の予想だったので、ネオシェルでは浸みてくるかもしれない不安があったものの、歩くのではなく走るので透湿&通気をメインに考えて、透湿性の高いネオシェル、さらに前面を開けて換気ができるのでこちらを選択。スタート前には雨がやんでくれたのでこれを着て走ることはなかったですが。。
シューズは防水がいいか悩みましたがやはり通気を考えてinov8のX-CLAW275で

d0198793_13344893.jpg

ザックは今回のテイネトレイルに協賛されていたメーカーさんの最新トレランザック「ザイゴス4.0」を試しに使用。


d0198793_12055476.jpg

アドベンチャーレーサー鬼軍曹!田中さんをやっと見ることができたし満足。。

d0198793_12042094.jpg
さあいよいよスタート位置へ!!

d0198793_12041050.jpg




疲れでブレブレですが確か送電線下の急登り↓
d0198793_12055762.jpg

平和の滝コースからガレ場を登りきったところに、ようやく20k地点の看板。
ここまで上がってくると周りはガスで真っ白、気温も低く半袖では腕が少し寒いかなという程度。
体幹は寒さを感じなかったのはおそらく、シャツの中に着ていたオンヨネのブレスティックPPのおかげだったと思います。
極薄手の化繊シャツをきていたのに汗冷えはありませんでした。

d0198793_12040661.jpg



今回は練習の成果もあり(?)調子がよく、足のトラブルは転んで膝を流血したくらい(笑)
目標の5時間代でゴールできました。
入賞は逃したものの賞状をいただく結果に満足です!

d0198793_12043389.jpg

今回の第2回大会は、昨年より倍以上の参加数で全種目合わせて約900名とのこと!
とても楽しく盛り上がった大会だったと感じました。
コース整備をはじめ、大会の開催に向けて準備を進めてこられた方々、ボランティアの皆様のご協力によりとても楽しく参加することが出来ました。ありがとうございました。来年もさらに盛り上がりそうですね!!


北大店 ほり

# by shugakuso4 | 2019-06-20 15:25 | 北大店 グッズ
北大店ウェアコーナー 橋本です!

「雨具の変」北大店でも起きています!
d0198793_12503927.jpg
レインウェアご購入でお得な特典が付きますので、
ご検討の方はこの機会にぜひ!

今回、取扱いの中から、ちょっとマニアックなレインウェアをピックアップ。

●ノースフェイス「HIPERAIR GTX HOODIE」
販売価格¥36,936(税込)
d0198793_11292507.jpg
ノースフェイスのトレイルランカテゴリー「FLIGHTシリーズ」。
「トレイルラン」にフォーカスした商品です。

特徴としては大きく2点。

その1つは、
素材が「GORE-TEX シェイクドライ」を使用しているという事。
簡単に言うと「水弾きが凄い!」。

実際に自分が山で使用しました、その動画をどうぞ!

通常のゴアテックスと違い、ゴアテックスのメンブレンが表面に出ているので、
保水しません。

具体的な構造は違いますが、
ハスの葉に水滴が転がる、ヨーグルトの裏ブタにヨーグルトが付かない。
撥水加工ではなく、素材そのものが水を弾く。
そんなイメージです。

こちら橋本私物の「シェイクドライ」水を垂らしてみます!
d0198793_12540043.jpg
この「水弾き力」は後付けする撥水加工とは違うので、
「水弾き力」は何回使っても弱まりません。
水玉のコロコロ感がずっと続きます。

もう一つ特徴は、
トレイルラン用のザック(とくにベスト型)の上に着用するデザインで、
d0198793_11295496.jpg
背中側にマチがあるので、上から着てもきつくなりません。
d0198793_11193820.jpg
給水ボトル用のジッパーも付いていて、
着用した状態でも給水ができます。
d0198793_11190079.jpg
弱点としては、メンブレンがむきだしのため、
岩や石のこすれ、藪漕ぎなどには生地が摩擦に負けてしまう可能性があります。
セロハンテープなどの接着面もくっつけると、剥離の恐れがあるので注意が必要です。

そういった状況で使う場面が想定されないのであれば、
この「GORE-TEXシェイクドライ」はとても威力を発揮します。
まさに雨具の革命!「雨具の変」にふさわしい商品!

このヌメッとした独特な質感、売り場でも存在感を出していますので、
売り場で実際にご確認いただけたらと思います!

雨具の変、7月15日までです!
よろしくお願いします!

北大店ウェアコーナー
橋本


# by shugakuso4 | 2019-06-20 13:02 | 北大店 ウェア
これからの暑い季節の登山におすすめです。

patagonia キャプリーンクール「ライトウェイト」!
d0198793_23045271.jpg
今シーズンから春夏のキャプリーンは「キャプリーンクール」となり、
「デイリー」「トレイル」「ライトウェイト」の3種類が登場しています。


自分が今回着用しているのは、
●メンズ キャプリーンクール・ライトウェイト・シャツ
¥5,940(税込)
3種類の中で一番機能性が高い半袖モデルです。
d0198793_23054017.jpg
生地はとても薄く、着ていても軽やか。
d0198793_23055886.jpg
裏地はグリット模様になっていて、汗の拡散がとても早く、さらっとした肌触り。

先日、羊蹄山でお会いした「トレイルランナー石川弘樹さん」
キャプリーンクール「ライトウェイト」を着てました。

トレイルランなどのアクティブなスポーツにも「ライトウェイト」最適です!
d0198793_23070108.jpg
また次回、ご紹介しますが、
キャプリーンクールの他の2種、
「デイリー」「トレイル」もそれぞれ特徴があって面白い!

キャプリーンクール。
夏のアウトドアスポーツに欠かせないベースレイヤーになりそうです!

北大店ウェアコーナー
橋本

# by shugakuso4 | 2019-06-19 18:06 | 北大店 ウェア
みなさんこんにちは!
白石店ウエアコーナーです!
ここ数日、不安定な天気が続いていますね176.png

さて、秀岳荘全店で6/15日より開催中の雨具の変、白石店では既に
多くのお客様の「雨具ノ変」が巻き起こっています!!


これからお買い替えを検討中のお客様や、「買ってみようかな」というお客様へ雨具のご紹介です!!



早速こちらから!
d0198793_13431990.jpg

MONTANEのMINIMUSシリーズのスタンダードモデルです。

平均重量200gを下回る超軽量レインウエアですが、表地は15デニール×40デニールを使って耐久性を高めており、

裏地にもべたつきを軽減する加工がなされています。



.

若干のストレッチ性と立体的なカッティングが関節周りの動きを妨げません。

その他の機能的な部分では、袖のベルクロやフードのフィット感調節、ツバにワイヤーが入っているなど、悪天候時でも快適性を感じられるデザインとなっています。加えてうれしいパッカブル仕様で本体胸ポケットに収納可能、

と機能満載なのですが平均重量が190gという軽さ。

やはりミニマスシリーズはトータルで考えると重量に対しての機能の充実感が極めて高いです。是非お試しを。

 .


さらに軽量性をお求めの方には平均重量174g、ストレッチ性も兼ね備えたランナー向けモデル

MINIMUS STRETCH PULL-ON

という商品もご用意してますので是非店頭でお確かめください。



続いては

d0198793_13432825.jpg

MOUTAIN HARD WEAR の Kauk Slab Jacket です!


同社オリジナル素材DRY Q ACTIVEを採用し高透湿モデルであり、

ニットの裏地をつけたことで激しいアクティビティ中でも肌離れが良く、快適な着心地を実現しています。

また、しなやかな生地のおかげで擦れる音が小さいのもポイント。



.



メインのフロントファスナーの上にフラップを設け、防水性を高める徹底ぶりで

自転車でのツーリング時の装備としても一考の余地ありです。




.



両サイドのハンドポケットは裏地がメッシュなのでファスナーを開けばベンチレーションになるのに加え、

コードを引くと裾やフードの調節も素早く行えるので、機能性も十分。





.

重量は320gと、ランナー向けのレインウエアとしては決して軽いと言える数字ではありませんが、圧倒的な軽量性よりも快適性を求めるあなたへご紹介したいレインウエアです。




Wemen’sモデルも同生地で展開していますが、ファスナーやポケット等の

仕様が異なりますので店頭でご確認下さい(割愛申し訳ありません)。




お次はコチラ!!

d0198793_13433275.jpg

MAMMUTの CLIMATE Rain-Suit です!

最近では珍しいでしょうか、GORE-TEXの上下セットのご紹介です。

形は非常にオーソドックスで値段も店頭販売価格¥41,796-とゴアの上下と考えると比較的お求めやすい価格。



軽量レインによく使われるパックライトを採用していますが、表地は意外にも50デニールとレインウエアとしては厚め。

ダブルスライダーを使用し、ビレイを必要とするクライミングにも対応する軽量レインウエアというのをコンセプトに作った結果、パックライトのチョイスがベストだったのでしょう。

さすがマッターホルンを擁する伝統のスイスブランド。



「上下セットはパンツのサイズ感が心配」という方もご安心。秀岳荘ではレインウエアの裾上げもお受けいたします。

まずはGORE-TEXでという方の選択肢には間違いなく入れておきたいウエアではないでしょうか




.

では、本日最後の!

d0198793_13432460.jpg

言わずと知れたmont-bell伝統の1着、ストームクルーザーです。


このストームクルーザーはモンベルのアイコン的存在で、1982年の発売開始以来、モデルチェンジを繰り返すこと8回。

そして2019年春、第9世代のストームクルーザーが発売されました。

前モデルとの大きな違いは独自のK-MONOカットにより縫製箇所を可能な限り減らすことで、

耐久性・防水性・軽量性を高めた点です。また、部分的に糸を使わず圧着している箇所もあり、ブランドコンセプトでもある

「lighit&fast」を体現した1着です。


ストームクルーザーはとにかくバランスが取れています

何か1つの特徴に秀でているのでも、かといって欠点を探してもなかなか見つからない。ということで圧倒的にバランスに優れたモデルといえます「自分に合ったウエアがわからない」そんなあなたにぴったりで、これを着て山を歩いてみれば「もっと軽くしたい」「もう少し蒸れにくいウエアがいいかも」と次のレインウエア選びのヒントをくれるかもしれません。






.

.

.

また、白石店では今ご紹介したストームクルーザーを基準に

「耐久性・軽さ・着心地・蒸れにくさ・動きやすさ」の5部門をレーダーグラフで評価し、

POPとしていくつかのモデルと一緒に設置しています。

特徴を視覚的に見分けられるのでご来店の際は是非読んでみてくださいね。

d0198793_16213955.jpg
d0198793_16213567.jpg

更に、各メーカーさんにもご協力いただき

ウエアに使われている防水素材などについてのバナーも多数ご用意していますので、

こちらも是非レインウエア選びの際に目を通してみてください!


それでも難しくてなかなかピンとこない方は勿論、

スタッフにお問い合わせください!!104.png104.png




それでは多くのお客様のご来店をお待ちしております!!


白石店 ウエアコーナー







# by shugakuso4 | 2019-06-18 17:59
北大店ウェアコーナーの橋本です。
6月14日、「羊蹄山避難小屋」の小屋開きのお手伝いに行ってきました!
d0198793_22060333.jpg
自分の中で毎年恒例行事なので、夏山が始まったなぁ、と思います。
d0198793_22064226.jpg
登山口にて避難小屋管理人さんと荷上げ有志の方々。
d0198793_22071187.jpg
避難小屋がある9合目を目指します!
d0198793_22073640.jpg
登山道には所々に倒木が道を塞いでいます。
整備しつつ上がっていきます。
d0198793_22080952.jpg
小屋の交換用煙突はかさばります。
d0198793_22084199.jpg
荷上げ途中にばったり!
「トレイルランナーの石川弘樹さん」に会いました!
札幌ファクトリーのイベントで北海道に来ていたそうです。
しきりに「自分も荷上げ手伝います!」と言ってくださり、気さくな方です。
お気持ちだけ頂き、颯爽と下っていかれる姿を見送りました。
d0198793_22102398.jpg
9合目分岐、あともう少し!
d0198793_22105408.jpg
今年は雪渓もあまり残っていません。
d0198793_22112005.jpg
今年は山頂のお鉢の雪渓も少なめです。
d0198793_22120165.jpg
↑2018年6月15日の写真です。
同じところから撮った写真ですが、
昨年はまだまだ雪渓が残ってましたね。池も見えます。
今年は5月の高い気温で溶けてしまった模様。
d0198793_22125499.jpg
小屋に到着!

d0198793_22135120.jpg
さっそく小屋の中を拭き掃除。
d0198793_22142493.jpg
煙突も交換します。
d0198793_22164742.jpg
管理人の近藤さんから皆様の今年の安全登山を祈願。
d0198793_22172125.jpg
10月中旬まで管理人の方が常任していますが、
水や食料などは一切販売していない避難小屋です。
d0198793_22505919.jpg
収容人数も少ないので、
宿泊の可能性のある方は、事前に倶知安町役場までご連絡が無難です。
倶知安町観光課観光係
0136−23−3399
倶知安町HP
d0198793_22182022.jpg
d0198793_22185554.jpg
今回、小屋開きにご一緒させて頂いた皆様、大変お世話になりました!

小屋の準備も整って、羊蹄山も山開きです!
今年の夏も安全に登山を楽しみたいです!

北大店ウェアコーナー
橋本









# by shugakuso4 | 2019-06-17 23:02 | 北大店 ウェア